【査定バカの実話 第6話】メーター改ざんを暴け!

2013年の漢字が発表されましたね。

「輪」

です。

 

東京オリンピックが決まったので当然といえば当然のような気もしますけど。

こんにちは~

「偽」の方が今年っぽいと思う査定バカです^^

 

今年は偽装問題がすごかったですね。

あの一流ホテルや有名料亭までも偽装ですからね、何を信じていいのやら・・・

あくまで当の経営者、経営陣達は誤表示と言い張ってますが(笑)

安物を仕入れて、高い商品名で高く売って儲けていたわけで・・・

なぜか、その逆の高い商品を仕入れて安く売っていたという誤表示はないです。

 

ということで、偽装についてのお話です。

 

査定バカがいた中古車業界というのはご存じのとおり、決してモラルの高い業界ではありませんでした。

中古車=偽装だらけのようなイメージです。

しかし、近年は業界団体の意識向上や業者オークション会場の普及によって流通経路の透明化、活性化によって変わってきました。

かなり、良くなってきていて、購入する側も安心できるお店が増えてきたように思います。

 

ただ、安心できる店が増えてきたと言っても悪徳なお店が存在しているのも事実。

最近ではネットオークションなどで生きているようですが。

 

どんな偽装をしているのかというと

メーター改ざん

これは昔からある中古車偽装の代表的な偽装方法の一つですね。

今では走行管理システムなどで業界全体で撲滅に取り組んでいるので、中古車として一度でも流通にのれば判別することは可能です。

もちろん買取専門店でも査定をした時に照会しているので、査定をしただけで走行距離の改ざんはある程度ですが判別可能ということになります。

 

ただ、流通にのっていない車両はどうか?

実例を元に査定バカが暴いた、発見した走行距離の改ざん車両のお話です^^

査定バカの実話第6話メーター改ざんを暴け!

車はマジェスタ。

大切に乗っているのか程度は悪くはないが修復歴車。

走行距離もメーター読みで年式相応の6万キロ。

気になるのは取扱説明書も新車時の整備記録簿もなし、車検証入れも純正品ではなくて安価な車検証入れ。

 

そして、ハンドルと運転席のスレ具合とペダルの減り具合で判断すると10万キロは超えていても不思議ではない。

(何か臭うな・・・)

持ち主に聞いたところ、1年ほど前に中古車屋からワンオーナー車と聞いて購入。

よくよく聞いてみると、以前に修理に出した板金工場で走行距離の改ざんを指摘されたことがある。

 

購入したお店に聞くと、そんなことはない!いいかげんなことを言うな!指摘した奴を教えろ!と逆切れされる始末。

購入したお店の名前を聞くと、某県のOオート。

Oオートは若者向けにドレスアップした車両を中心に格安販売しているお店で繁盛店でもあるお店。

ただし、業界では走行距離改ざんの噂も聞くことあり。

 

持ち主からの要望もあり、査定バカがOオートに問い合わせることに。

○○の査定バカですと名乗り、先方の責任者へ板金工場の意見と査定バカの意見、電話するに至った事情を説明。

 

査定バカの意見としては

板金工場の見解と同様で走行距離の割には痛みが激しいこと。

ワンオーナー車なのに整備記録簿(保証書付き)が無いのが不可解。

この2点。

 

するとOオートの責任者は憮然とした口調で話しながら「お前の名刺を送って来い!それと改ざんの証拠を出せ!」とのこと。

ヤル気になった査定バカは「分かりました、名刺は送ります、また連絡しますので」とその場は返事して終了。

 

Oオートの回答は

  • 仕入れ先は言えないがワンオーナー車で間違いない。
  • 保証書、取扱説明書は前所有者が紛失した。
  • そこまで言うなら証拠を出せ!
  • 間違っていたら許さん!

査定バカとしては引くに引けないので持ち主から了解を取り、徹底抗戦へ。

 

重要なのは改ざんの証拠、どうするか?

Oオートの責任者の口調や態度から業者間のオートオークションなどでの仕入れではない様子。

実際に査定バカのお店でも走行距離の履歴は発見できず。

 

そこで気になるのは整備記録簿、Oオートが破棄したと考えると破棄しなければならない理由があったと考えるのが妥当。

その理由は何か?現持ち主が購入する時の走行距離と整備記録簿に記載されている走行距離に相違があるはず。

ということはディーラーで点検しているのは間違いない。

整備にだしたディーラーを1件づつ問い合わせするのは面倒なのでトヨタ本社へ電話^^

担当部署を教えてもらい事情を説明して、回答を待つことわずか数十分、なんと回答あり!

某ディーラーにて88000キロ時の点検整備履歴が!

 

早速、持ち主へ報告し、今後の対応と請求内容を話し合いOオートへ突撃交渉。

Oオートの責任者はあくまで知らなかった、仕入れた時から改ざんされていたので当社が改ざんしたわけではない。

ただ、販売した以上責任はあるので買取させていただきたいとの返事。

持ち主の意向としてはそれでいいとのことなので、現メーターの走行距離での買取査定価格に数万プラスで決着。

 

この件は改ざんの証拠はあったのですが、Oオートが改ざんした証拠は無いんですよね。

なのでOオートは突っ張ることができたはずなんです。

それをしなかったということは・・・そういうことですね。

 

この後にもOオートで販売した車両が買取査定に来ては改ざん発覚がチラホラとありました。

その度に電話をしては買取させていましたね。

現在はOオートは無くなってしまいましたが、名前と方法を変えて商売は続けているかもしれません。

 

ネットオークションなどです。

ネットオークションを見ていると走行距離不明がたくさん出品されていますよね。

タイミングベルト交換済みなので安心などと言って。

10万キロで交換されていても、改ざん前の走行距離が18万キロだったら意味がないですよね。

なので気をつけてくださいね。

では^^

 

2015年10月2日追記

査定バカへのお問合せフォームより、読者の方よりこの記事に対しての相談があったので、追記したいと思います。

問い合わせ内容はここから~~~

 

差出人: ビビ

題名: 第六話メーター改ざんについて

 

メッセージ内容:

はじめまして。

初めて投稿をさせて頂きます。

 

実は私も第6話と似た状況にあり、トヨタ車なのでトヨタ自動車本社に問い合わせをして整備記録の有無を伺ったのですが、トヨタ自動車では整備記録の管理も行っておらず、情報の開示も担当部署も存在しないとのことでした。

管理人様はどのようにされたのかアドバイスを頂ければと思います。

宜しく御願い致します。

 

~~~ここまで

 

自分の持っている車がメーター改ざん車かも知れないが、真実をどうすれば知ることができるのかという相談です。

査定バカからの返信はここから~~~

 

ビビさん、こんにちは~

査定バカです^^

 

お持ちの車がメーター改ざんの可能性があるということですね。

残念ながら、当時十数年前とは今では状況が違いますので、記録を開示されることはないでしょう。

個人情報保護法やらプライバシー保護やらで企業に対する情報の守秘義務は年々厳しくなっており、記録があったとしても開示しない記録すらないと言う時代です。

マイナンバー制が導入されましたので、さらに厳しくなって来るかと。

 

ですが、現在は悪徳業者を排除しようという動きは活発であり、自動車公正取引協議会という団体で独自に走行メーター管理システムが存在します。

一度でも中古車オークションに出品されたことがある車両であれば、このシステムに登録され走行距離が記録されます。

もし、現在の走行距離がシステム上の走行距離よりも短い場合は、メーター改ざんがあったと断言することができるということですね。

 

有料ではありますが、調査することは可能ですので、心配なのであれば試す価値はあります。

ただし、前述したように(業者間の)中古車オークションに出品されていないと記録されていないというネックもありますので、その辺を加味して調査してみて下さいね。

 

システム化が進むに連れて悪徳業者は減少傾向にありますが、未だに根深く存在している業者もあります。

そういった業者は知識の少ない人をターゲットとしているので、知識を付けることが最大の自己防衛となります。

知識がない場合はプロや知識のある人への相談が予防や防止になりますから、一人で悩まず相談することが大切になるでしょう。

 

走行距離チェックは、走行メーター管理システムから可能ですのでお問合せをしてみて下さいね。

ちなみに、知っているかも知れませんが、オイル交換や定期的に交換するようなものを作業する場合は、エンジンルームなどにシールを貼ってそこに交換時の走行距離を記載している場合もあるので、問い合わせの前にそういったこともチェックしてみても良いかも知れません。

 

~~~ここまで

 

走行距離を調べることが出来るかも知れない方法をお伝えさせていただきました。

これで解決することができれば良いのですが、記録されていない車両の場合は現時点ではどうすることもできないというのが現状です。

また、返信がきた場合は追記したいと思います。

 

すぐにビビさんから返信が来ました。

 

ここから~~~

 

査定士さんこんにちは。

 

第6話の内容は随分昔の内容なんですね。

最近の事かと早とちりしてしまいました。

 

買ったお店が登録識別通知を下さって過去オーナーの氏名、住所が記載されており104番で自宅電話番号まで確認出来ましたが電話で確認をしようとして気味悪くされたら嫌だなぁと躊躇してます。

やはり走行管理システムですかね。

オイル交換のシールはありませんでした。

 

ご多忙の中でアドバイスを頂きましてありがとうございました。

 

~~~ここまで

 

査定バカの返信です。

 

ここから~~~

 

ビビさん

早速のご返信ありがとうございます。

査定バカです。

 

購入したお店から登録識別通知をもらうことができたんですね^^

このようにお店が協力的な場合は、メーター改ざんなんてことは可能性は低いと思いますが、心配なのであれば調べてみても良いですね。

 

また、何かご相談がありましたらお気軽にどうぞ^^

 

査定バカ

ページのトップへ