【査定バカの実話 第3話】査定バカの知り合いである車屋の社員が横領

車屋の社員が横領

こんにちは~

いつも笑顔の査定バカです^^

 

 

先日、山Pさんからの相談で自動車税の話がありましたよね。

上のリンクをクリックすると、車を売却後に自動車税のトラブルに合っている山Pさんの相談の記事へ移動します^^

 

結果的には担当者が横領していて、社長が責任とる形で丸く収まったようで何よりでしたけど。

 

このような話は実は、めずらしくはないのです。

 

ということで、今回は好評の?

 

査定バカの実話シリーズの第二弾!

カッコよく言うとセカンドシーズンですね^^

(ファーストシーズンはこちらからどうぞ

 

 

車屋の社員が横領

査定バカの知り合いの中古車屋さんでの話です。

 

その中古車屋さんは歴史は浅いのですが、社長がやり手との評判で創業2年で4店舗に広げ、中古車販売だけでなく、買取査定の看板も掲げているお店でした。

当然、それぞれのお店には店長がいて、日々の買取業務や販売、顧客管理など業務全般の責任者です。

 

もちろん、社長からの信頼は厚く、買取査定価格や販売価格なども現場のことはすべて店長決済でOKだったほどです。

そう、今回の主人公はこの店長小沢君(仮名)です。

 

この小沢君は入社して1年程度ではあったのですが、前職も中古車販売店で数年勤務しており、ベテランと呼べるほどでした。

社長的には、営業マンとしては並レベルだったようですが、真面目さが気にいっているようで入社後数カ月で新店舗の店長に抜擢したほどです。

また、新婚でもあり、これからの飛躍に期待を込めての店長抜擢でもありました。

 

 

そんなある日のことです。

小沢君から経理担当者へ連絡があり、買取査定に行くので現金を用意してほしいと。

 

どうやら先方とは電話で話がまとまっていて後は現車確認(査定)して問題が無ければ電話で提示した金額での契約、現金支払いの上、車両引き渡しとのこと。

ちょうどその場に居合わせた社長は会社の方針としては買取した車両の代金は銀行振り込みなので、振り込みじゃダメなのかを小沢君へ確認したところ

相手は昔から懇意にしているディーラーの営業マンで現金希望なので現金でないと困るとのこと。

※ディーラーの営業マンからの買取車両は新車購入の代金なので現金が多い。

新車ディーラーで、たまにある横流しですね。

 

 

そうか、と現金を店舗の口座へ送金したことを小沢君へ電話。

各店舗閉店後にその日の業務報告書を見ると車両には問題が無かったようで無事に契約を完了し、車両は業者間のオートオークション会場への輸送手配も完了したようでした。

さすが小沢君だな、ちゃんとしていると無事に済んだ1日に満足気な社長でした。

 

それから3日ほど経ったころでしょうか、小沢君は新妻を連れて新婚旅行へと旅立っていきました。

もちろん、結婚式でスピーチをした社長からは祝儀とは別に新婚旅行のためのせん別もいただいての旅行です。

仕事は忘れて楽しんで来い!の意味ですね。

 

小沢君がご機嫌で旅立って数日後、オートオークションの開催日です。

いつもは前日にオートオークション出品車両や落札予定車両のデータの最終チェックをするのですが出張のためできず、当日の夜にいつものように社長が各店舗の業務報告書に目を通しているとアレ?

 

オークション出品した車両の落札結果で利益の無い車両が一台。

そう、小沢君がディーラーの営業マンから買取した車両です。

当然、社長はオートオークション会場のデータをチェック。

なんと、修復歴車扱いになっていてすでに落札された後。

 

小沢君らしくないな。

新婚旅行明けで悪い話はしたくないが仕方ないな・・・

 

と思いつつ帰ってきてから話すことに。

 

 

無事に帰ってきた小沢君。

 

さっそく小沢君の店舗へ出向いて修復歴車であることを営業マンに連絡を入れるように伝えると思いもよらぬ返事が!

店長「それは言えません」

「僕のミスなので営業マンには責任はありません」

と小沢君。

 

社長「そうか分かった」

と他には何も言わず本社へ戻る社長。

 

 

本社へと戻った社長は小沢君の店舗の事務員に契約書と現金支払い時の受け取り(領収書)を本社へFAXするよう指示。

契約書と受け取りには住所、氏名、電話番号、印鑑は必須のはずが電話番号はナシ、印鑑は手書きのサイン。

店舗の事務員に確認の電話をかける社長。

社長「この契約書と受け取りは小沢君が書いたのか?」

 

事務員「はい、戻ってきてから店長が書いてました」

と事務員。

 

社長「そうか、わかった」

「君は営業マンと面識あるか?」

 

事務員「はい、よく来られてるので」

と事務員。

 

 

社長「じゃあ、連絡とって契約書と受け取りに捺印するように君が言ってくれ」

 

事務員「わかりました、連絡がついたら報告します」

と事務員。

 

ーーーー時間経過ーーーーー

事務員「連絡取れました」

「あの~○○さんは契約書に捺印したし、代金は振り込みと言ってました」

「振り込み金額は△△万円とも言ってました」

申し訳なさそうに話す事務員。

 

社長「そうか、わかったありがとう」

「店長にどういうことなのか確認して」

「理由を聞かれたら社長に確認するように言われたと言えばいいから」

込み上げてくる怒りを隠しながら電話を切る社長。

 

小沢君がポッケにしまいこんだのは明白。

金額の差は20万。

 

小沢君からの連絡を深夜まで待ってみた社長でしたが・・・

連絡はなく、退職願いを店舗のデスクに置いたまま出社しなくなった小沢君でした。

 

 

事務員曰く

確認したところ

店長「チッ」

と舌打ちしていたとのこと。

 

 

期待して店長に抜擢し、結婚式にはニコニコと祝儀持参でスピーチまで行い、新婚旅行にはせん別まで渡して(すでに20万持っているのに)

社長「自分の見る目の無さが情けない・・・」

と査定バカの横で飲みながら、いつもより黄昏ている社長でした。

 

ーーーー時は流れ数カ月後ーーーー

査定バカびっくりしました。

オートオークション会場でバッタリ小沢君にあったんです。

 

「久しぶり!」

と声をかけたんですよ。

 

気がついたら太ももにフルパワーで蹴りをお見舞いしてました。

あの時は若かったので・・・

今は大人げないことをしたなと反省しております。

 

ページのトップへ