演技力が査定額を左右する

中国で走行中の車が爆発音を響き渡らせ炎上したそうです。

上海の友人に聞いたところ、車が燃えているのはタマにあるようで・・・

 

日本でも炎上している車はあるので、中国だから・・・というわけではないでしょうが、ガソリンがもれていて引火したのかな?

整備に対する意識の問題ですかね。

怖いし、危険極まりないことなので気をつけたいものです。

 

こんにちは~

整備はディーラー任せな査定バカです^^

 

演技力で査定額が変わる!?

今回は交渉時の演技力についてのお話です。

 

これまでに買取査定価格の査定交渉についていくつか書いてきましたよね。

分からないフリしろだとか・・・

騙されているフリしろだとか・・・

喜んでいるフリしろなどなど^^

人とのコミュニケーションが得意な方は問題ないと思いますが

 

そんなのできるかよ!

と思っている方もいますよね?

 

何も俳優や女優のような演技力を求めているわけではありませんよ^^

買取専門店側もほとんどがセールストーク、いわゆる演技なので気楽に構えてください。

 

分からないフリだったら、顔を少し斜めにして目線を斜め下や斜め上にするだけでも伝わります。

騙されているフリなら、なるほど!の一言やフムフムという感じでうなずくだけでもいいです。

喜んでいるフリなら、相手の目を見て、目を見開くようにして、大きくうなずくだけでOKです。

 

どうです?

これだけでも相手には伝わりますよ。

簡単でしょ^^

 

また、ヤル気のある買取専門店は必ず電話をしてきますので、面と向かっての交渉が苦手な方は電話で言いたいことを伝えましょう。

電話だと相手の顔が見えないので、あれやこれやと言いやすいですよね。

 

演技をするか、しないかで買取査定価格が数万円変わることは実際にあるんです。

 

ご存じのように査定バカは業界の経験者です。

買取してきた車の数だけ、様々なお客さんとも接してきたわけです。

なので、ついつい高く買取ってしまった車もたくさんあるわけで、その経験から色々と書いているんですね。

 

実例を上げると

ディーラーの新車下取が150万なので希望金額は150万からプラス。

最初は1万円プラスでOKということだったので151万円提示。

 

無事に契約と思っていたその日の夜。

他店へいったかどうかの探りと今から契約できるかの確認の電話をしたその時でした。

 

奥さんが1万円ぐらいだったら面倒なのでディーラーの下取にするといっているので、もう少し何とかならないか?と奥さんが言っていると。

自分の立場も分かってくれ!頼む!と言われ、なんやかんやで155万円での契約となったんです。

 

支払いは振り込みなのですが、そのお客様は2つに分けて振り込んでほしいとのこと。

奥さん名義に151万円、自分名義に4万円。

そうなんですね。

奥さん的には151万円でOKだったんです^^

最後のプラス分は自分のおこずかいだったんですね。

笑いながら契約して、快く送金しましたよ。

 

面白いのでまぁいいか!となったお話です^^

交渉の中にはユーモアも入れようでもお話しした通りですね。

 

あともう一つ

査定バカの買取提示価格190万、査定バカはオートオークションのスケジュール上その日の内に車が欲しかったので、今日中の返事を条件に概ね納得。

他社で180万提示後、追い電話で200万提示を受けるが20万も一気に上げてきたので、契約し、車両引き渡し後に減額されるのではないかと不安。

(ネットなどでも減額された!との書き込み多数のため)

交渉中の自分の中の心理的なバイアスをチェックするも参考になります。

 

結局、不安がぬぐえずに査定バカの元へ。

190万円で契約可能だったのですが、査定バカさんは信用できるし、安心で間違い無いと思ったのでと嬉しいお言葉^^

つい、200万円とはなりませんが、少しくらいはプラスしますと193万円で契約することに。

 

真実かどうかは分かりませんが、査定バカが190万円で買取できたはずなのにホメ言葉にのせられて3万円を余分に出してしまったお話です^^

このホメ言葉が無ければプラスしていないですし、お客様が嫌な方であったならば尚更ですね。

他社の評価を利用するや、営業マンには勝利感を与えるも参考になると思いますので、読んでみて下さいね。

 

必ずプラスになるということではありませんのでカン違いはしないように^^

やってみる、言ってみる価値はあると思いますよ^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ