感情的な対立は避ける

 

みなさんは日頃、人と接することが多々ありますよね?

 

 

どのような態度で接してますか?

 

 

また、相手には何を求めていますか?

 

 

 

こんにちは~

 

 

査定バカです^^

 

 

今回は査定をしてもらう上での感情的なお話をしたいと思います。

 

仕事のことであれ、プライベートのことであれ意見の食い違いで感情的になることってありますよね?

 

 

ほとんどが後で冷静に考え直せば言い過ぎたかな?

 

と思いなおせることが多いですよね。

 

 

意見の食い違いだけならばいいのですが・・・

 

ただ、これがお金が絡むと難しいことになってきます。

 

 

最近では貴金属の買取りでのトラブルが多発しまくりで、ついには出張査定業者は規制されることになってしまいましたね。

 

 

規制は免れましたが、車買取専門店でもトラブルはあってネットで調べるだけでもたくさん出てきます。

 

 

無理やり契約させられた。

 

キャンセル料をとられた、請求された。

 

契約完了後、数日たってからお金を減額、請求された。

 

 

怖い。

 

困っています。

 

助けてください。

 

 

なども。

 

 

査定バカの分かる範囲で調べただけなので、詳しい経緯や原因はわかりません。

 

不思議と感情的になればなるほど自分の非は認めたくないのが人間というもの。

 

相手が悪く思われるように言う(書く)のは仕方がない。

 

 

そこで本当にこんな話があるのか先日査定した買取店の店長に聞いてみましたが

 

 

実際にあるそうです・・・。

 

 

多いのが契約成立後のキャンセル。

 

 

そのキャンセルの理由が問題で、契約後に他社で査定や他社からのフォロー電話で契約した金額に上乗せされた。

 

この理由を告げることなく、キャンセルの申し出をされる方が多いのだそうです。

 

さらに、このようなお客様で多いのが最初から感情的で口調がきつく、悪く言えば喧嘩腰。

 

 

契約した金額に他社だと数万円上乗せされているので

 

損をするところだった。

 

騙されるところだった。

 

 

と思っているので契約は無効だとも。

 

 

また、他社に煽られているので何が何でも無効!の勢い。

 

 

 

こうなると経験の浅い若い営業マンなら売り言葉に買い言葉で感情的な対立になりますよね。

 

正直に伝えて、お互い論理的に話をしていれば、キャンセル料なしでキャンセルできたかもしれないですし、買取り額を変更してくれたかもしれません。

 

 

お客様にとっても営業マンにとっても、お金がお絡む話ですし感情的になるのも無理もないことですがお互い相手の立場を理解できればと思います。

 

 

このような契約後のトラブルだけでなく、それ以外でもありますよね。

 

初めての来店や来訪などは第一印象が大事ですが???な方もたまにおられます。

 

 

営業マンの態度が悪いとこちらもどこか態度が悪くなりますし、逆もそうですね、お客様の態度が悪いと合わせてしまいがちです。

 

 

中古車販売店のように車購入後にもお世話になるのではなく、買取専門店だと固定客になりにくいのでお互いに何かが疎かになるのかも?

 

 

どちらにとっても相手は人なので感情は消せないのは無理もありませんが、理性をもって接していきたいものです。

 

「一期一会」

 

ずいぶんと昔に学校で習った四字熟語です。

 

意味はご存じだと思いますが、茶道からの由来です。

感情的な対立は避ける

 

この出会いを一生に一度と心得て相手には誠意を尽くせ

 

 

です。

 

 

少し大げさかもしれませんが思い出しておくだけでも何か違うかもしれませんね。

 

 

ちなみに先述の買取り専門店店長の話だと、正直に話してくれれば他社提示の金額に合わす、近い金額で再契約することが多いそうです。

 

アップ金額の差は車種によることもあるが、相手次第だそうです^^

 

 

やむを得ずキャンセルの場合は実際に掛かった費用は請求するそうです。

 

搬送後の点検洗車清掃代など。

 

 

 

契約締結後であれば、一般社会では当然のことですね。

 

 

ただ、線引きは難しいですが、強引な契約や騙しに近い業者がいるのも事実だったりします。

(詳しい話は別の機会で ⇒ 悪徳な車屋がなくならない訳

 

 

他にも、契約前の査定時にもお互いが感情的になってしまって対立してしまうと良い結果には繋がらないですよね。

 

 

例えば、お客様が嫌な態度をずっと取っていれば、査定士の営業マンも、そういう人に対してフレンドリーに接しようとは思わないでしょうし、良い査定額も出したいとも思わないでしょう。

 

やはり人間同士ですから、気分よくお話したりすることによって「この人には良い金額を出そう」とか「この人に売りたいな」と思うはずですから。

 

 

 

当然ですが、営業マンが悪い態度を取っていれば、お客様は売りたいと思いませんよね。

 

それと同じことです。

 

 

 

この様な感情的なことで損をすることや、先ほどお話した悪徳的な車屋などに騙されない為にも、当サイトの情報を役立ててくださいね^^

 

 

 

営業マンの方も、お客さまも

 

まずは笑顔で!!

 

 

が、一番ですね^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ