ハイブリッド4WDSUVのヴェゼル

暖かい日が続くと、海や山に出掛けたくなってきますね。

そんなアウトドアに、まさにピッタリなのがSUVではないでしょうか。

 

こんにちは~

SUVも好きな査定バカです^^

 

ミニバンやハイブリッドブームが続く日本ですが、世界的にはミドルクラスSUVやコンパクトSUVがブームになりそうです。

ルノー・キャプチャー、メルセデスベンツ・GLA、フォード・エコスポーツなど、続々あらゆるメーカーからニューモデルが登場しています。

国産車では、マツダ・CX-5、日産・ジュークなどで、国産車ではまだまだ車種が少ない注目クラス。

 

そんな、とてもホットなブームになるかもしれないコンパクトSUVに、ホンダが満を持して投入するニューモデルが「ヴェゼル」なのです。

ということで、今回はヴェゼルに付いてお話ししていきましょう。

ヴェゼル

 

ホンダ初のハイブリッド4WD・ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼルは、ホンダ初となるハイブリッド4WDになります。

 

ヴェゼルとは、ホンダの造語で、カットした宝石の面と車(ビークル)を合わせたものとなり、多面的な価値を併せ持つ車として命名されたのです。

しかも、この4WDシステムは今までの生活四駆のデュアルポンプではなく、時代の最先端を行くCR-Xにも採用されている電子制御式AWDの本格4WDが搭載されています。

走行性能に、もはや不満はありませんね。

 

ボディーサイズは、全長4295mm・前幅1770mm・全高1605mmと3ナンバーとなり決して小さくはありません。

最低地上高は、SUVらしく170mm。

 

ヴェゼルのベースとなったのは、現行フィットなのですが、かなり大きくなっています。

しかし、搭載エンジンは、1500cc直4DOHCとこれにモーターがプラスされたハイブリッドの2種類になります。

 

動力性能は、ガソリン1500ccが131PSとハイブリッド車が152PSとガソリンエンジンの1800~2000ccと同じくらいの最高出力となっていますね。

駆動方式は、FFと4WD。(ホンダではAWDと言っています)

ミッションは、ガソリン車がCVTで、ハイブリッド車は7速DCTです。

 

気になる燃費は、1500ccガソリンエンジン搭載車はアイドリングストップ機能が備わり20.6km/Lとなっています。

ハイブリット搭載車は、27.0Km/LとSUVとしてはまさに驚異的な燃費をマーク!

ちなみにガソリン、ハイブリッド両車とも燃費はJC08モードです。

 

ボディースタイルは、5ドアSUV。

クーペのような流麗なフォルムでありながらウェストラインから下の足回りは、強靱なSUVのダイナミックなデザインとなり、見事に調和の取れたデザインは素晴らしい限りです。

 

室内も、フィットベースなのにそれを微塵も感じさせない豪華なインテリアは賞賛に値します。

後席の広さはミニバン並で、かなりゆったりとくつろぐことができます。

800×1180の荷室もタイヤハウスの出っ張りが小さく荷物も楽々でしょう。

後席も分割可倒式で、さらに荷室とフラットとなる構造となっているので、積載能力が高くてとても便利な仕上がりです。

 

ヴェゼルの人気は?

販売価格は、約187~268万円です。

今年2014年の1月から販売されたばかりなので、中古車での流通量も極端に少なく、店頭に並べればすぐ売れてしまう状態です。

メーカー予想の販売台数をかなり上回る注文を受けたことから人気の高さが伺えます。

 

発売されて間もないので、人気の急激な変動による査定の落ち込みはないと考えて良いでしょう。

マイナーチェンジもあと2年くらい先になる為、しばらくは安定が予想されます。

 

ただ、1点注意としては、ライバルメーカーから競合車が販売されるのには注意した方がいいですね。

もしも、ヴェゼルよりも人気が高くなるようなら、売る予定があるのであれば即売却した方が懸命な選択と言えるでしょう。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ