日産を代表するファミリーカーのティーダ

「となりの車が小さく見えま~す。」のCMは、日産を代表するファミリーカーのサニーでした。

昭和生まれの方には、マイカーであったかも知れませんね。

日産とトヨタのファミリーカ―合戦は、100cc刻みで争っていました。

 

冒頭のフレーズは、新型にモデルチェンジした1200ccのサニーが、まだ1100ccのカローラに対して行ったCMでした。

しかし、時代は移り行くものです。

 

こんにちは~

うちの親はカローラ派だった査定バカです^^

 

日産のファミリーカーと言えば、ちょっと前ならサニーやパルサーでしょう。

2004年頃の日産の車種統合によって、サニーやパルサーのファミリーカーの座を新たに引き継いで誕生したのがティーダです。

 

4ドアセダンは、ティーダ・ラティオで3ドア・5ドアハッチバックはティーダになります。

サニーもティーダも太陽にちなんだ車名となっています。

今回は、日産のファミリーカーを代表する2ボックスハッチバックのティーダを紹介しましょう。

 

初代(2004~2012年)

「シフト・ザ・フューチャー」をテーマに開発されたティーダ。

コンパクト・ミーツ・ラグジュアリーの基本理念のもとに仕上げられたティーダは、まさに小さな高級車を目指したものです。

 

フロントグリルは、ウインググリルと呼ばれるもので当時の日産車に多く採用されたデザインでした。

質実剛健な日産らしい実にあっさりとしたデザインは、長きにわたる使用でも飽きがこないでしょう。

 

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4205×1695×1535。

ライバルたちは、全幅を余裕のある3ナンバーに拡大する中、頑なに5ナンバーサイズを死守しています。

 

室内インテリアは、小さな高級車を目指したので上質そのものでワンランク上の落ち着いた仕様です。

シートは、1クラス上のセダンであるティアナと同サイズのものが使用されていまます。

後席シートはリクライングや240mmものスライドが出来てゆったりとくつろげる空間は、ワンランクもツーランクも上のゆとりの空間を獲得しました。

 

搭載エンジンは、1500ccと1800ccの直4・DOHCの2種類で、ミッションは4速AT・CVT・6速MT。

駆動方式は、FFと4WDです。

4WDは、後輪を1モーターでアシストするe-4WD。

時速30km以上の速度になるとFF駆動のみになり発進時のみ4WDとなるのです。

グリップ力が少ない圧雪・凍結路では特に発進時が重要なので、e-4WDでも2WDのFFやFR4より遥かに楽ちんな冬道発進が可能となります。

 

ミッションは、4速AT、CVT、5速AT。

グレードは、15M・15S・15G(FF)と15S FOUR・15M FOURそして1800ccの18G。

18Gは、室内のみならず搭載エンジンまでもがワンランク上なので余裕の走りが堪能できます。

オーテックジャパンの特別仕様車アクシスやプラスナビHDD、ニスモSチューンパッケージなどの特別仕様車が多数あります。

 

2代目(2012年)

残念ながら、日本では販売されていません。

現代風にデザインがリファインされて、中国や東南アジアなどに輸出される輸出専用車になりました。

セダンのティーダ・ラティオは、モデルとして残りましたがハッチバックのティーダは後継モデルを2代目ノートに譲ってモデル消滅となったのです。

 

ティーダの売却は競合必須

2008年にマイナーチェンジされていますが、査定が高いのはやはりマイナーチェンジ後のティーダとなるでしょう。

 

直近5年ものの査定は、約10~125万円で人気が高いのは特別仕様車のアクシスです。

駆動方式ではやはり4WDのほうが高額査定を狙えます。

 

マイナーチェンジ以前のモデルで年式の古いものや走行距離が多い車両は、かなり安い査定となってしまうのは致し方ないかもしれませんね。

なるべく多くの買取業者へ査定を依頼して競合させて少しでも高く売る戦法が有効となるでしょう。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は1000社。



line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ