トヨタのランドクルーザープラドの査定価格推移

ランドクルーザープラド

トヨタの人気車種の1つであるランドクルーザープラド。

今回は、このトヨタのランドクルーザープラドが中古車市場での価格推移などを調べてみました!

色々な観点から調べて査定バカが実際に感じた事を書いていきたいと思いますので、あなたが売るときの参考にしてみてくださいね。

 

1990年以降に発売されたランドクルーザープラドは、元々パジェロの対抗策として企画されたそうです。

昔のパジェロの人気と知名度は圧倒的でしたので、他のメーカーが対抗策を講じるのは当たり前の様な気がしますね。

 

元々、人気のあるランドクルーザーの派生車種として登場していますので、人気も高い様です。

ガソリンエンジンやターボ無しのディーゼルエンジン等、様々なモデル、グレードがありますので、ユーザーからすると選びやすいというのも支持される理由かもしれませんね。

 

SUV車は未だに人気が高く、トヨタのランドクルーザーはその筆頭だと思います。

2002年からは、かなりのデザインチェンジを行いフォルムが随分違った物になりました。

この時期からはMT車が排除され、ランドクルーザープラドはAT車のみとなっています。

 

ヨーロッパをメインマーケットとするので、かなり高級感を持たせたデザインへと変更されている様ですね。

燃費はやはり普通のセダンと比べてしまうと、あまり良くはないですが、広い室内と高い視点はSUVならではです。

 

同じクラスの外車SUVと比べても、燃費性能に格段の差はありません。

であれば、本体価格とオプションの量の差で、お得感があると思いますし、トヨタというブランドも良いですね。

 

最新のモデルにはワイドビューフロントとサイドモニターが付きましたので、運転中の安全性もかなり高められていると思います。

 

人気の世代としては、30代の若い層が多い様で、旅行に行ったり、キャンプに行ってみたり、他の家族と遊んでみたり、広くて乗り心地の良い車ですので、遠出するにはとても良い車だと思います。

SUVは助手席に乗る女性からの評価も高い様で、単身の方からも人気が高いようです。

あまり、ご高齢の人が乗っているイメージがないので、ある程度の年齢を過ぎると大き過ぎる、燃費が悪いなどの理由から、人気が下がる車種でもあります。

 

最近は核家族も増えているのと、少子化で乗車人数も少なくなっているのかもしれませんが、軽自動車ヤコンパクトカーとは違い、乗っている時の疲労感はかなり軽減されるため、乗る人の疲労感を考えると、遠出が多い人にはやはりオススメできる車ですね。

視線が高いので、普通のセダンにはない開放感が得られ、室内空間にはかなりのゆとりがあるので、荷物が多い方には重宝すると思います。

先ほど言ったように、キャンプをされる方などは最適でしょう。

 

社用車には向かないので、法人で購入を考える人は、ほぼいないとは思いますが、日本製のSUVという事で、海外からの人気は高く、輸出をメインで考えている会社さんだと高く買取りをしてくれるのではないでしょうか。

多走行車や低年式車でも高く売れる理由で話しているように、輸出向き車種であることは間違いないようですね。

 

3代目からは、かなり大胆にフルモデルチェンジがなされています。

希少価値から、2代目より前が好きな人もいそうですね!

 

乗り心地や走りとしては、グレードによっては、走り出しのパワー不足を感じる人が多いみたいですが、一度走り出してしまえば、ほとんど気になる事もないので、そこまで気になる事ではなさそうです。

そして、何より視点の高さは安全面でも優位ですね。

 

少しばかりの悪路であれば、ショック吸収にも優れていますので、そこまで感じる事もないでしょう。

ご高齢の方ですとステップが高くて、乗り降りに不便なんていう意見もあるようですが、SUVに乗っている以上は仕方がないのかなと思います。

モデルチェンジの周期が他のセダンタイプの車等と比べて、少し長い為、手放す時に値段が下がりにくいという特徴もありますし、海外での人気もあるので安定した価値が望めます。

 

レクサスシリーズのおかげで、トヨタの高級車は世界に十分知られていると思いますので、トヨタの低価格なSUVという事で、人気が衰えないという所もあるのではないかなと思われます。

 

街中でもあまり見かけることが少ない車ですので、人と同じが嫌だ、個性を出したいという人にはオススメですね。

燃費以外は性能、乗り心地も良さそうですので、SUVを検討中であれば購入の際の候補に加わっても良いのではないかと思います。

 

2002年より前の型ですと、少しお安くなってしまう様ですが、モノによっては60万円を超えてくるモノもある様で、 10年も経過しているのに、かなり高額な買い取り価格がついていますね。

2002年より後の3代目のモデルからはかなり人気が高い事が伺え、 100万円を超える事も多数ある様なので、やはり流石の一言です。

 

買取価格も80万~180万とかなり査定に差が出ている様ですので、色々な会社さんに見てもらうのが一番だと思います。

 

トヨタの人気車種ランドクルーザーの派生版という事で、これからも海外からの人気が高い車種になりそうなので、期待ができるでしょう。

国内では、海外のSUVも多く走っていますが、やはり故障の少ない日本の高級SUVはまだまだ人気が高い印象ですね。

 

省エネや温暖化のあおりを受けて、少しハイブリットカーにおされ気味かもしれませんが、コンセプトじたいが違うので、まだまだ人気の高い車種となっています。

 

まだしばらくはモデルチェンジ等が無さそうですので、その辺りは気にせず購入ができそうです。

売る時にも値段が下がりにくく、海外からも人気が高いのであれば、とりあえずで購入を検討する事もできそうですね。

 

燃費のあまり良くないこのシリーズは、中古車市場でも供給量がそこまで多くなく、人気はあるのに品薄という状態になりますので、必然と売りに出した時の人気も高くなるという利点があります。

また、日本で人気があるSUV車は、海外からの人気も高いので、それを見据えて購入ができる業者さんが強いのではないでしょうか。

 

もし、査定に出す予定があるのであれば確実に複数の買取業者へ依頼するのが望ましいでしょう。

業者によりまったく違った査定価格が出てくることは明白ですからね^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ