マセラティの査定額に急激な変化はない

査定バカが生まれて幼少期の頃、当時の青少年を虜にし一大ブームとなったのが、1970年代末期に訪れたスーパーカーブームです。

フェラーリやカウンタック、ランボルギーニなどそれほど車好きでなくとも40~50年代のオジサンならば、スーパーカーと言えばスラスラと出てくることでしょう。

イタリアの名門自動車メーカーのマセラティも、スーパーカーを世に送り出しています。

 

マセラティ・ボーラは、フェラーリなどの性能至上主義のスーパーカーとは違う、総合的な走行性能いわゆるグランツーリスモ=GT思想のスーパーカーを世に送り出していたのです。

かなりのスーパーカーマニアでないと出てこない車名のマセラティ・ボーラはいぶし銀のような玄人好みのスーパーカーでした。

 

マセラティとは?

実は、マセラティの創業は100周年を迎えるほどの歴史があり、ランボルギーニなどよりも50年以上もの深い歴史を誇る名門老舗自動車メーカーなのです。

マセラティ・クアトロポルテなどは、イタリア大統領の公用車にも選ばれるほどのステイタスを持っています。

日本ならば、トヨタ・センチュリーや日産・プレジデントに当たりますが、内装の豪華さやフェラーリ譲りのエンジンからくる走行性能の高さは、とてもセンチュリーやプレジデントでもかないません。

 

マセラティのエンブレム

ヨーロッパの車には、誇らしげにエンブレムが付いています。

フェラーリならば跳ね馬、メルセデスベンツならばスリーポインテッド、など特徴がありますよね。

 

マセラティのエンブレムは三つ叉の銛。

(ローマ神話の神・ネプチューンの持つ三つ叉の銛。)

さらに創業者のマセラティ3兄弟の結束の強さを表していると言われています。

 

創業以来100年続くマセラティですが経営状態は、創業当初からかなり厳しい状態が続き、1960~90年代はシトロエン・プジョーなどの傘下となり1997年には、フィアット傘下さらにフェラーリ傘下になります。

このことから、フェラーリのエンジンなどが流用されることとなり、マセラティはセダン版フェラーリとも言える高性能スポーツセダンを開発・販売出来るようになりました。

マセラティにとっては、フェラーリエンジンを流用出来ようになったのはまさにケガの巧妙といえますね。

 

マセラティ・ジャパンの現行モデルは?

2011年には、マセラティ・ジャパンが設立され日本でのより積極的な販売を展開しています。

 

マセラティの、販売車種は4種類のみ。

高級4ドアセダンのクワトロポルテとギブリ。

2ドアスポーツのグランツーリスモとそのオープンモデルのグランカブリオ。

 

ギブリのみが3000ccエンジン搭載で330馬力。

ほかのモデルは3000~4700ccエンジン搭載で410~460馬力を誇る強心臓モデルです。

さすがに、ヨーロッパのイタリア貴族御用達の超高級車は、豪華さのみならず走行性能も超一流の走りがないといけないのでしょうね。

 

新車価格は一番安い廉価モデルのギブリで約800~1000万円以上です。

クアトロポルテならば約1200~1800万円と、地方都市ならば家が買える値段です。

さらにその上をいくのがグランカブリオで約1900万円と2000万円をちょっと切るくらいのお値段には仰天ものです。

 

マセラティのフラッグシップカー「クアトロポルテ」

日本で、現在販売されているクアトロポルテは6代目。(2013年発売・現行モデル)

先代モデルは、2004~2012年発売されていました。

 

フェラーリの傘下となり巨大なボディーサイズをものともしない、スポーツ走行を楽しめる珠玉の一台となっています。

今なら、中古車価格も安いものなら約400万円とかなりこなれてきていますね。

フェラーリなら中古車となってもすごく高いのですが、マセラティなら中身はフェラーリと同じで高性能な走りが出来る上に4ドアセダンなのでどんなときでもフォーマルに使用可能です。

(フェラーリでお葬式には、、たぶん行けません。)

 

ある意味、400万円でフェラーリのエンジンが味わえるのならとても安いと言えるのではないでしょうか。

査定バカも、かなり無理して頑張れば・・・乗れるかも!?しれないと一瞬でも思わせてくれるマセラティはまさに魅力的です。

奥さんの1言で玉砕するでしょうけど。

 

マセラティの人気は?

昨年(2013年)にモデルチェンジしたばかりなので、中古車の中心モデルは先代モデルですね。

 

査定が安いのは、ベースグレードになり高額なのはGT・Sなどの上級グレードでしょう。

ギブリは、台数を増やすための廉価版(といってもかなりの高級モデル)なので、クアトロポルテよりは安くはなってきますね。

 

メルセデスベンツやBMWなどのメジャーな輸入車に比べると知名度ではまったくかないませんが、通には分かる超高級車のマセラティ。

ただし人気は、高くありません。

しかし、有名どころのような急激な人気の上がり下がりは反対にありません。

どの車にも共通して言える、売 りたくなった時に即売却するのが一番お得と言うことが超高級車であるマセラティにも言えますね。

それにしても、人生に1度は乗ってみたいものです。

 

実は、先日仕事の絡みでマセラティの某店にお邪魔してきました^^

基本的には、ショールーム内の撮影は禁止なのですが、車輌だけですが少しだけ撮ってきました。

マセラティ

maserati-002

ちょうど、前述したようにマセラティは100周年 を迎え、100周年記念としてワインオープナーもいただけました。

本当は、制約特典のノベルティのようですが。

嬉しい^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ