SUVのリーダー格であるMクラスの人気は安定

現在、メルセデスベンツのSUVモデルは、GLA、M、GL、GLK、Gクラスと充実したラインアップが展開されています。

90年代末頃に車種拡大のためにGLAとMクラスが新規SUVとして開発・販売されました。

世界的にSUVブームが起こるのを見越していたことは、さすが世界のメルセデスベンツの市場調査力の高さが伺えます。

 

こんにちは~

メルセデス・ベンツは大好きな査定バカです^^

 

メルセデスベンツのMクラス。

ライバルは、ポルシェ・カイエン、BMW・X5、フォルクスワーゲン・トアレグなど、名だたる高級SUVがひしめき合っています。

次期モデルは、「GLEクラス」と呼び名が変更される予定なので3代目Mクラス(現行モデル)が最後のMクラスになります。

 

ということで、本日はメルセデス・ベンツMクラスに付いて。

 

初代Mクラス(1997~2005年)

アメリカでの輸出販売を優先した結果、メルセデスベンツでは初めてアメリカ現地工場での生産に踏み切りました。

しかし、残念ながらアメリカ現地で生産したため、製品のクオリティーが高いとは言えなかったようです。

「アラバマベンツ」などと揶揄されていますが、反して販売面では大ヒットする結果に。

 

ちなみに、現在ではそのアラバマ州のタスカルーサ工場では、GLクラスやRクラス、そして近年Cクラスの生産も開始されています。

元々この工場では、Mクラスのみの生産だったのが、年を重ねる毎に生産クラスを増やすことになってきているようですね。

97年の生産開始から既に200万台の生産を超えているようですので、クオリティーも安定してきていることでしょう。

 

ボディースタイルは、5ドアハッチバックのSUV。

駆動方式は、もちろん4WDでミッションは、5速ATか5速MTが選択可能。

ML320(3200ccV6)、ML430(4300ccV8)、ML270CDI(直5DOHCディーゼル)、ML55AMG(5400ccV8)、ML350(3700ccV6)のラインアップでした。

 

2代目Mクラス(2005~2011年)

初代デザインのキープコンセプトを守ったボディーデザインですが、室内はもちろんのこと走行性能までワンランク上の高級感を獲得したモデルです。

また、高さ以外は初代よりも一回り大きくなったこともあり、室内はゆったりとした空間になりました。

サイズアップに伴い、燃費は初代よりも少し劣る形となりましたが、パワフルさは断然力強くなりSUVのリーダーといった風格です。

 

駆動方式は、4WDでミッションは7速ATに進化。

MTは撤廃されました。

 

搭載エンジンは、整理されてV8DOHC(6300cc、5500cc、3500cc)とV6DOHC(3000ccディーゼル)です。

ML63AMG、ML550 4MATIC、ML350 4MATIC、ML350BlueTEC 4MATIC、のラインアップで展開しました。

 

3代目Mクラス(2011年~現行車)

メルセデスベンツのSUVシリーズの名称を統一するため新型が、発売されるとMクラスの名前は消滅してGLEクラスに変更されます。

フロントデザインは、現行メルセデスベンツに共通するグリル内に大きくスリーポインテッドがデザインされたものです。

 

2代目モデルよりもさらにメルセデスベンツらしい高級感をさらに追求したモデルとなりました。

Mクラスらしさを残しながらもアグレッシヴさが強調されたデザインでシャープなイメージが全面にだされています。

 

2代目よりも更にサイズアップしたにも関わらず、アイドリングストップ機能などの装備により、燃費性能は格段に上がりカタログ燃費で10キロを超えています。

それに合わせてクリーンディーゼル車もラインナップしているので、更に経済的になりました。

 

搭載エンジンは、全グレードV6DOHCで、M63AMG(5500cc)・ML350 4MATIC(3500cc)・ML350BlueTEC 4MATIC(4MATIC(3000cc直噴ディーゼル)。

3000cc直噴ディーゼル搭載のML350BlueTEC 4MATICは、車外でのエンジン音は、ディーゼルであることを意識させるものだが室内の静閑性は高くディーゼルエンジンを運転していることを意識させられない高いレベルになっています。

ML350BlueTEC 4MATICは、燃料代の安価な軽油で済むのと最強モデルのM63AMGの約半分の値段で購入出来るので、とてもコストパフォーマンスにすぐれたモデルになっています。

 

Mクラスの人気と査定

SUVのリーダー格でもあり都会派SUVのメルセデスベンツMクラスの人気は、2011年にモデルチェンジされたばかりですので安定しています。

マイナーチェンジやニューモデル情報に注意して売却時期を考えましょう。

GLEクラスの正式発表があったことを踏まえると、まだ日本の発売は決まっていませんが、近いうちに動きがある可能性もありますので注意が必要です。

 

Mクラスの直近5年モノの査定は約230~600万円となっています。

AMG仕様車は、ベースモデルとは全く違ったハイパフォーマンスモデルなので査定額も別格になっていますので、更に高額査定が当然期待できるでしょう。

また、メルセデス・ベンツは古くなっても値段が付くことがほとんどですので諦めることはありませんよ^^

 

正式発表があったGLEクラス

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ