レヴォーグは人気車種となることは間違いなく買取では超高値に期待

すでに4月も半ばですね。

1年の3分の1が終わりかけているとは・・・歳を取るのは早い。

地域によっては桜も散ってGWを待つのみといったところでしょうか^^

ただ、冬か?と思うほど寒い日もあって体調管理が難しいですね。

 

5月と言えば車関係で楽しみなことが一つ。

 

こんにちは~

どんな車でも気になっている査定バカです^^

 

さて、楽しみなことというのは・・・

レヴォーグの発売です^^

レヴォーグ

予約が殺到しているのは3月の初めにちらっとスバルのレガシィはレヴォーグの影響もあり相場がガタ落ちで書きましたよね。

その時点で5000台オーバーだったんですが

 

なんと!

 

今では10000台オーバーらしいです。

凄すぎ^^

 

実は査定バカ家でも選択肢の一つなのですが・・・

いつものように。

奥様がね・・・

 

それはさておき、とにかく業界でも大注目されているようで、査定バカの業界人の知り合いの方々も試乗にいったらしいです^^

 

レヴォーグとはどんな車なのか?

簡単にはレガシィツーリングワゴンの後継車であるのは周知の事実。

ただ、レガシィというブランドは残ります。

 

あくまでレガシィの中のツーリングワゴンの後継車ということ。

レガシィのツーリングワゴンでないモデルは海外では大人気なのでそのまま継続しての販売。

なので、海外へ輸出されないツーリングワゴンの後継車であるレヴォーグは国内専用モデルでもあるわけです。

 

先代のレガシィツーリングワゴンは大きくなりすぎたのが大不評で買取査定でも不人気車とされる始末です。

その反省もあってかレヴォーグは現行のレガシィ(ほぼ旧型ですが)よりもすこし小さくなりました。

 

見た目では高さの違いにびっくりするのではないでしょうか。

最近の車種では室内を広く感じさせるのが主流なので、全高は高くなりがちだったので全高が低いのはある意味新鮮ですね。

小さくなったといっても狭く感じることは無く、ラゲッジスペースなどはレガシィよりも広いくらいなので不便さは全くなし!

 

エンジンは2,0L直噴ターボで300PSと1,6L直噴ターボで170PSを用意。

1,6Lだとこの大きさの車種には非力なイメージですが、ターボ付きということもあり、全然問題ありません。

 

グレードはそれぞれ2,0と1,6にそれぞれGTとレガシィの特徴でもあるビルシュタイン製ダンパーなどの専用パーツを装備したGT-S。

専用パーツのS26万の価格差がありますが、その価値は充分にあり、買取査定でもプラス評価が見込めるのでオススメしたい装備ですね。

 

まだ、試乗車いがいでは世の中を走っていないレヴォーグの今後の買取査定状況はどうでしょうか?

これは現在の予約状況や業界の評判を調べていると、人気車種となることは間違いなさそうです。

 

先行予約をして、発売日から納車までの期間を短縮することをメーカーは考えていたようですが、納車待ち状態が続くと予想されます。

ということは中古車市場に出回るには相当な時間を要するので、買取査定になった場合は超高値になるのではないでしょうか。

 

特にSグレードの予約状況はは1,6だと7割、2,0だと9割の方が選んでいるようなので買取査定でもSグレードであることが更なる高値の条件となりますね。

これから購入をお考えの方はSグレードで購入しておきましょう^^

絶対に元はとれる!と断言しておきます。

 

さて、購入となると現在の愛車は処分しないとダメですよね。

現行型のレガシィやフォレスターなどはレヴォーグの影響を受けているので買取査定での高値は期待薄です。

参考記事

そうなると下取の方が高い可能性もありますよね。

 

査定バカからのアドバイスを一つ

レヴォーグは予約状況から人気ということと予約時だけの特典もあり、本体の値引きは原則0円ということらしいです。

ただ、何かしらの値引きになるようなことはディーラー的には覚悟しているはずです。

ここは一つ、下取価格で頑張っていだだきましょう^^

 

これは交渉になるので、下取以外の価格も調べてからディーラーと交渉してくださいね。

買取査定での価格と下取での価格を比べて交渉しましょう。

 

まずは買取査定の価格を出す。

交渉で最高値を引き出すことですね。

 

次にディーラーで下取有で新車商談する。

この時に最初の下取価格が分かりますよね。

 

本当に購入意思があり決断できるのであれば、下取価格を○○万円にしてくれたら契約すると交渉してプラスを引き出してください。

納得できるのであれば下取価格でのプラスではなく、オプション値引きやオプションサービスでもいいですね。

 

レヴォーグは人気なのでディーラーも強気でしょうが交渉はしてみましょう^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ