エクシーガの人気は穏やかに下降

ミニバンブームの現在、スポーツセダンで走りを楽しんでいたお父さんたちが、家族のためにやむなく車を買い換える際は、ミニバンにチェンジしなくてはいけない危機に瀕しているかも知れません。

そんな、パパさん達に走りを我慢しなくても良い走りのミニバンを紹介しましょう。

 

こんにちは~

私もその中の1人!

査定バカです^^

 

走りのミニバン「エクシーガ」

スバルが、発売する唯一のミニバン「エクシーガ」は、他社とはひと味違う俊足のミニバンです。

2007年の東京モーターショーに出品されたエクシーガコンセプトは好評を博して翌年2008年に発売されました。

「7人乗りのパノラマツーリング」のコンセプトのもと年次改良が施され年々熟成度が上がって来ています。

 

シャーシは、インプレッサ・フォレスタと共通のSIシャーシを使用。

スバルのアイデンティティである水平対向エンジンとAWD、そしてレガシィなどで長年培ってきたスポーツワゴンのノウハウを思う存分発揮して開発されました。

 

背の高いミニバンが流行り、背の低い後席ヒンジ式のミニバンは人気が凋落している昨今。

しかし、エクシーガはかつてスポーツ走行を楽しんだ家族のお父さんでも満足のいく走りのミニバンに仕上がっていると査定バカが断定できます。

 

背の低いミニバンで売ったホンダ・オデッセイも後席がスライドドアとなり車高も残念ながら高くなりました。

残るライバルは、トヨタ・ウイッシュやマークXジオそしてホンダ・ストリームですがどれもモデル末期で青色吐息の状態。

対する、エクシーガは年次改良されるごとに足回りなどが見直されているため、最新のエクシーガが最良となるのです。

 

搭載エンジンは、水平対向DOHC・4気筒の名機EJ20(2000cc)のNAとターボ、そして2500cc水平対向S4気筒のEJ25のDOHCとSOHCの4タイプ。

ミッショッは、ターボ車のみE-5ATで、ほかはE-4ATとCVTになっています。

 

走りの方は、2000ccターボ搭載車が抜きん出ていますが、2000ccNAエンジンでも熟成された足回りで長距離ドライブもなんら問題がありません。

 

ボディースタイルは、ターボ搭載車のスバル車に共通する大きなターボインテークがボンネット上に鎮座しますがそれはスバルの走りの証であるとも言えるものです。

それ以外は、極々大人しめのデザインとなっていますので末永く飽きがこないでしょう。

 

後席ドアはヒンジ式ですが、開口面積はスライド式と遜色ないものとなっていますので乗降性はなんの問題もありません。

3列目シートは、緊急用でひどいミニバンが多い中、トラビックの3列目シートはちゃんと使用に耐えられる造りとなっているのはスバルの堅実な車造りの一例でしょう。

2列目は、320mmものスライド量があり3列目の乗車人数に合わせて最適な位置に調整出来ます。

 

室内は、かなり大きいので7人乗車でもゆったりとしたドライブが可能です。

さらに、オプションのパノラマミックルーフなら開放感は倍増!

オプションでの人気も高いので装着車は高評価。

 

エクシーガの人気と査定

車高が高いミニバンに人気が集中しているので、背の低いミニバンは基本的に人気は低いと言えます。

しかし、その中でも、走りに特化したスバルのトラビックの人気は安定したものがあるでしょう。

急激な上昇や下降もない代わりに、人気は穏やかに低くなっている状況です。

 

売却を希望しているのであれば、マイナーチェンジやニューモデルなどの情報には注意して早めに査定して売却されるのがお得になります。

査定額は、約50~220万円です。

人気は、ターボや特別仕様車、アイサイトなどの安全装備搭載車は特に人気が高くなっています。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ