絶大な人気を誇るメルセデスベンツCLSクラス

セダンで使い勝手の良いのは、2ドアよりも4ドアでしょう。

しかし、流麗で流れるようなフォルムを身にまとった2ドアクーペには実用的な面ばかりではなく、まさに華麗でゴージャスな趣があるものです。

出来る事なら、4ドアセダンでクーペ的なフォルムを実現出来ないか?

そんな私の思いを叶えてくれたのが高級輸入車の大名詞でもあるメルセデスベンツ。

それを実現してくれたのがCLS。

 

こんにちは~

メルセデスベンツには多くの魅力があると思っている査定バカです^^

 

メルセデスベンツCLSクラスは、4ドアハードトップの端正なセダン。

メルセデスベンツでは、4ドアセダンで有りながらその流麗なスタイリングから4ドアクーペと呼んでいます。

 

初代(2005~2010年)

Eクラスベースに開発されたCLSクラス。

高級サルーンを目指した大人のラグジュアリーカーに仕上がっています。

 

特徴的な、サッシュレスの4ドアと尻下がりのボディーライン。

とても、日本人には真似できないドイツ人らしいダイナミックなデザインです。

精悍なフロントマスクと流麗なルーフからトランクリッドまで繋がる絶妙なラインは、高い人気を獲得して高価な車両価格にもかかわらず初年度販売台数5000台にも達しました。

 

搭載エンジンは、5500ccV8・SOHC+スーパーチャージャー搭載車(476PS)、5000ccV8・SOHC(306PS)、6200ccV8・DOHC(514PS)、5500ccV8・DOHC(387PS)、3500ccV6・DOHC(272PS)とバラエティに富んでいますがどれを選んでもパワフル&スムーズな加速性能を得られることは間違いありません。

駆動方式はFR駆動で、ミッションは5速ATと7速トロニックになります。

グレードは、CLS350・CLS550・CLS63AMG・CLS500・CLS55AMGです。

 

ドイツの有名チューニングショップであるブラバスが、販売したブラバスSLSーV12S・ROCKETは最高出力730PS/110kg・mを誇ります。

ギネス認定の世界最速4ドアセダンの最高速は365km。

なんとF-1に使用されるフォーミュラーカー以上の最高速度をマークしています。

流石に日本では最高速度は出せないでしょうけど・・・

 

2代目(2010年~)

ボディーバリエイションが、増えて2タイプになりました。

従来通りの4ドアクーペに、新たに追加されたワゴンモデルのシューティングブレークです。

 

ボディーデザインは現代風に改められ、フロントとリヤにはLEDランプが採用されています。

ヘッドライトは、自動的にハイとロービームが切り替わるアダプティブハイビームアシストが採用されて夜間走行が快適そのもの。

ボディーラインの変更もあってCD値はなんと0.26もの数値を達成!

 

車重の軽量化のためにボンネット・フロントフェンダー・ドア・トランクなどがアルミ製にされました。

安全装備の充実が図られ、ナイトビューアシストプラス(夜間歩行者検知機能)・レーンキーピングアシスト(車線逸脱警告)・アテンションアシスト(居眠り運転防止機能ほか)万全の安全対策が施されています。

 

販売当初のグレードは、CLS350(3500ccV6DOHC)・CLS550(4700ccV8DOHC)・CLS63AMG(5500ccV8・DOHCツインターボ)。

CLS63には、FRと4WDの設定があります。

他のグレードの駆動方式はFRのみです。

 

2014年には、マイナーチェンジされて、現在のグレード展開はCLS63AMG-S(5500ccV8DOHCツインターボ)・CLS550(4700ccV8・DOHCツインターボ)・CLS400(3500ccV6DOHCツインターボ)・CLS220BlueTEC(2200cc直4DOHC2ステージターボ)。

一時国産車で人気のあったツインターボ搭載車がいっぱいあり、査定バカ的にはとてもうれしいラインアップになっています。

誰もが憧れるクラスになりましたね。

 

絶大な人気を誇るCLS

AMGモデルやブラバスモデルの人気は高く高額査定を当然のごとく狙えます。

直近5年ものの査定は、約130~650万円です。

 

高級ラグジュアリーカーを標榜するCLSクラスなら、10年前の2005年式で走行距離が10万キロに近いような車でも260万円程度の査定になっているのはさすがでしょう。

ただ、メルセデスベンツの10年落ちや10万キロ越えは、車両自体に不具合が起きやすいので購入する際には注意が必要です。

思わぬ出費も覚悟できる方のみ買える代物ですので^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は1000社。



line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ