メルセデスベンツCクラスはアウディA4やBMW3シリーズよりも高査定

メルセデスベンツと言えば高級輸入車。

そんなメルセデスベンツのCクラスって、松竹梅で言えば、梅でしょうか?

安いから選ぶのでなく、ちょうど使い安い大きさだから選ぶCクラスだと査定バカは思います。

メルセデスベンツのセダンでは一番小さいので、セダンのエントリーカーに位置づけられていますが国産セダンに比べれば十分な大きさ。

 

こんにちは~

メルセデスにも乗っていた査定バカです^^

 

メルセデス・ベンツの中でも小型クラスのCですが、車という目線で見た時には十二分に魅力は発揮しています。

 

メルセデスベンツ・Cクラス

今日は、メルセデスベンツ・Cクラスを紹介します。

メルセデスベンツと言えば高級輸入車。

高級車は、大きなビックセダンばかりではありません。

Cクラスは、ヨーロッパで言うところのDセグメントと呼ばれている大きさで、ライバルはBMW3シリーズ、アウディA4などです。

 

ボディースタイルは、セダンとステーションワゴンにクーペの3タイプ。

初代モデルは、1980年代末のバブル期に小ベンツと呼ばれ大ヒットした、5ナンバーサイズの190Eの後継モデルとして1993年発売されました。

大きさ的には、190Eよりも全長で70mm長くなり、ほんのちょっと大きくなっただけなので、メルセデスベンツ特有のハンドルの切れ角の大きさから5.1mの最少半径の小回りが効き、街乗りや狭いスーパーなどの駐車場でも問題なく乗って行けます。

 

メルセデスベンツのCクラスと言ってもピンとこない人でも「最近のベンツってどんな格好してた?」と聞けば、このフロントマスクとリヤビューはすぐに思い浮かべることが出来るほど馴染んでいます。

初代(W202・S202)は、1993~2000年の間に販売されていました。

さすがに、もう15年近くもなるモデルなので、高額で売却するのはかなり難しいと言えます。

よほど程度の良いものであればいくらか値が付くかもしれない程度です。

ベンツ専門店などで、査定をしてもらうのも良いでしょう。

 

2代目(W203・S203・CL203)2000~2007年

フロントデザインが一新され、ひょうたん型の異形ヘッドライトが印象的なフロントマスクとなりました。

モデルバリエーションはC180・C200コンプレッサー・C240・C320・C180コンプレッサー・C230コンプレッサー・C230・C280とあります。

 

搭載エンジンは、3200cc・3000cc・2600ccのV6と2000ccと1800ccの直4DOHCに過給器付き(スーパーチャージャー)に最廉価版の2000cc直4DOHCのNAと実に多彩です。

ミッションは7速か5速ATで、駆動方式はFRと一部には4WD(4マチック)の設定もありました。

走りの、AMG仕様車も設定され、C32AMG(3200ccV6スーパーチャージャー搭載 353PS)・C55AMG(5400ccV8スーパーチャージャー搭載 367PS)とハイパフォーマンスモデルです。

 

3代目(W204・S204・C204)2007~2013年

昨年末にモデルチェンジされましたので、ついこの前までは現行車だったのです。

中古車市場でも、現時点(2014年)ではCクラスの中心は3代目・2代目です。

 

クーペとアヴァンギャルドには、グリル中央にどでかいスリーポインテッドのメルセデスベンツマークが誇らしげに付いています。

メルセデスベンツでは、スポーツモデルのフロントマスクはこのデザインで行くようですね。

 

モデルバリエーションは、C200コンプレッサー・C250・C300・C200CGI・C180ブルーエフィシェンシー・C200 ブルーエフィシェンシー・C250ブルーエフィシェンシー・C350ブルーエフィシェンシー・C63AMGとなります。

2011年には、マイナーチェンジしたので、それを境に前期型・後期型と分かれています。

前・後期型でも査定額は変わりますので注意が必要でしょう。

 

4代目(W205)2013年~

2013年末に、モデルチェンジされたばかりの現行モデルですね。

前モデルよりもさらにボディーが大きくなったにもかかわらず、前モデルよりも10kgもの軽量化が図られています。

日本では、7月に発表・発売されたばかりなので、現在ではやっと納車されたくらいなのでまだ街中でも見られないかもしれませんね。

そのような、状態なのでまだ中古車市場には現れておらず、相場もありません。

 

Cクラスの人気と相場は?

人気が、あるのは3代目です。

特についこの前まで現行モデルであった3代目の人気はとても高いものがあり、まさに売却するなら今が一番高値で売れるでしょう。

2代目モデルも、中古車での値段が安くなってきているので人気は高いです。

 

メルセデスベンツなら、たとえ古くてもアウディやBMWよりは査定額も高くなっています。

やはり、メルセデスベンツは高品質の信頼があるからなのかも知れません。

主に、3代目モデルの査定は約90~470万円と年式と程度によってマチマチです。

2代目モデルなどはさらに安い値段で取引されています。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ