BMWの シリーズ別相場推移

BMW4シリーズのグランクーペが出ました。

元々は3シリーズなので特別新しいわけではありませんが。

最近のBMWはデザインがかっこいいですね。

 

BMWで思い出すのは元同僚のあいつ^^

彼はBMWが好きすぎて2台も保有していたんです。

 

マニア受けするMシリーズではなく、5シリーズの限定車と6シリーズのコンプリート車。

当然、どちらも新車ではなくて中古車ですけどね。

BMW

 

こんにちは~

クルマ好きの友人が多い査定バカです^^

 

そんなBMW好きな彼と連絡をとったところ、査定バカのサイトの車種別にベンツがあるのにBMWが無い!とクレームが^^

ということでBMWの話を。

 

言わずと知れたVW、Mベンツ、BMWと輸入車御三家の一つです。

(最近はアウディも迫ってきてますね)

 

日本での正式販売は1981年からで伝統あるセダンを中心にハッチバックモデルやクーペ、カブリオレ、SUVなど市場に合わせたモデルを展開。

ちなみにMINIとロールスロイスは子会社です。

ロールスロイスを子会社にしたのは、7シリーズを発売したものの、高級車としてはMベンツに勝てないためでは?と査定バカは思います。

 

3シリーズ

まずは3シリーズ、初代から話すととんでもなく長いので、数年前のモデルから。

バブルの頃は六本木のカローラとも言われた伝統ある売れ筋モデル。

査定バカが現役の頃は、100万円以下と売値がこなれてくるとベンツのCクラスよりも売れていた記憶があります。

 

市場の中心は2005年~2012年のE90になりつつありますね。

店頭価格も現行型とは競合していないので買取相場も安定はし、大きな下落はなさそうです。

それ以前のモデルである、1998年~2007年のE46型も現役のようです、高年式であれば高値を期待していいかも^^

また、E46型よりも前のモデルであるE36型は325で程度がよければマニア受けする可能性もアリ。

2012年からの現行型は4シリーズグランクーペ(4ドア)の影響があって下がり続けそうです。

売るならば2月、3月中の決着で。

 

5シリーズ

3代目となる1988年モデルからが5シリーズの人気が定着してきたようですね。

日本はバブル景気で絶好調だったので輸入車全部が売れていた時代ですけど。

市場の中心は5代目となる2003年~2010年発売のE60/E61型。

相場的には大きな下落は無く、安定してますが人気があるモデルではないので高年式は下がり幅が大きい可能性も。

 

それ以前のモデルとなる、4代目のE39型も中古車市場では現役ですが高値とはなっていないのが現状なので程度次第です。

3代目のE34型は人気のあったモデルですが、相場的には年式相応の評価。

現行モデルは順調に下がってます^^

 

サイズは違いますが、4シリーズのグランクーペが中古車市場で人気がでれば、影響は少なからずあるでしょう。

現行の5シリーズは、同クラスのベンツやアウディなどの輸入車、他社メーカーと同じBMWの6シリーズのグランクーペが中古車市場では競合するので要注意です。

売却時期は各ライバル車種との兼ね合いに注意したいところですね。

 

7シリーズ

市場の中心はお手頃な高級輸入車となっている2001年~2009年のモデル。

人気車種ではありませんが、価格的にお手頃なので大きな下がりはなく、安定した相場となってます。

2009年からの現行型はデザイン的には好評で(先代が悪すぎ?)もう少し下がってくると中古車市場で人気になりそうですね。

売却を数年先で考えているなら先延ばしにしても問題はないでしょう。

 

1シリーズ

各輸入車メーカーが日本でも力を入れている小型車、BMWも1シリーズで勝負^^

ただ、最近のことではなく、元々は3シリーズのコンパクトモデルの後継として2004年から存在しています。

1シリーズの初代である2004年からの発売で古いのですが、2011年まで発売されたこともあってか市場では人気を保っています。

同モデルでも年式によっては差はかなりありますが、昨年の小型輸入車ブームの影響もあり、相場的には下がりにくい傾向ですね。

2011年以降の現行型にも同じことが言えるので、時期的な下がりはあっても大きな下落は無さそうです。

 

Xシリーズ SUV系モデル

X5 5シリーズのセダンをベースに開発し2000年に発売。

初代は2000年~2007年で市場でもタマ数は多くはないが、お手頃価格になりつつあり、相場も安定している模様。

2代目となる2008年~2013年モデルは、2013年のフルモデルチェンジで大幅に下がりました。

今年は大きく下がらないと思いますが、高級SUVブームも落ち着いてきているので売却はできるだけ早い方が良さそうですね。

 

X3 輸入車SUVの中では人気のあるモデル。

2011年発売の現行型は中古車市場でも特に人気があり、ほとんど相場が下がらない状況。

初代でもある先代のモデルも現行型ほどではありませんが人気です。

今が一番高く売れる時期かもしれませんので強気で交渉したいところですね。

 

3シリーズのカブリオレやZ4などは大きく下がったりはしませんが、中古車市場では時期的に春、秋が売れる時期となります。

ですので、買取市場では春前の繁忙期である2月~3月、秋前の8月辺りから査定交渉をするのがプラスを引き出すコツですね。

 

左ハンドルであれば輸出業者がやっている買取専門店での査定は必ずするように。

日本初の日本車ではない輸入車は程度が良いと評判なので輸出業者にとっては宝物です^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ