トヨタのbBは特徴的な為に査定価格は安定せず

bBのイメージってどんなものですか?

査定バカは、「独特」が一番強いかも知れません。

 

そんな、トヨタbBの特徴や買取での査定価格水準を、査定バカが調べてみましたので、bBに乗られていて今後売却を視野に入れている方や、今後の購入車候補に入っているという方は読んでおいて下さいね。

bB

 

bB(ビービー)は、2000年2月の発売当初から、カスタマイズされる事を想定して作られた車なのだそうで、どちらかというと若い男性向きのコンパクトワゴンといった車なのだと思います。

 

そもそも、名前の由来は black Box の頭文字を取って付けられたそうで、大文字と小文字の組み合わせになっているのには諸説あるようですが、実際の車体が黒では無いという事とか、子供から大人まで楽しんで乗ってもらえる車という意味が込められているようですね。

 

ターゲットは、20代から30代くらいまでの若い世代を考えているので、若い世代でも手が出せるくらいの価格設定なのは嬉しいですよね。

確かにこの設定だと若い方でも手がでます。

また、この車の特徴としては、購入してからも多くのメーカーからエアロパーツなどのカスタマイズパーツが売られていますので、手軽に自分好みの車にカスタマイズ出来る事ですね。

 

エンジンは1300ccのタイプと1500ccの2種類が設定されているようで、箱型のボディ形状だからこそ出来る広い車内空間や、車体全体が直線で出来ている事による見切りの良さが人気の秘密なのでしょうか。

実際には、車内空間が広い事もあり、若い世代だけではなく子育て世代などのファミリーカーとして、幅広い世代から支持されているようです。

最近では初代モデルをベースに、全長をストレッチして、なんとリムジン仕様に改造されたモデルまで出現しているようですよ。

 

燃費の方は、1リットルで高速走行の時は15km/くらい、街乗りで11kmから13kmくらいですので比較的良い方なのでは無いでしょうか。

 

トヨタ自動車は、発売当初の人気だった箱型の車体を、2005年12月にはフルモデルチェンジをしました。

大まかな車形は残しつつも、全体的に先進的かつ迫力のあるデザインにして、若者の心を刺激する外装にしているようです。

 

また、その当時のCMでも印象的だった『トヨタ、ミュージックプレイヤー』という、音楽を思う存分楽しめる車(プレーヤー)というコンセプトが、さらに若者に評価されています。

新型車の最上級グレードであるZQ Versionでは、コンパクトカーとしては異例の9個スピーカーを駆使したオーディオシステムやAUX端子を備え、カップホルダーなど車内の各所に音と連動して明滅する11ヵ所のイルミネーションが施してあり、はじめからカスタマイズされた車が登場した時には、その斬新さに驚かされましたね^^

 

デジタルオーディオプレーヤーなどのポータブル機器を接続すことも可能で、車全体で音楽を楽しむ事が出来る様になっています。

このCMを見た時のインパクトは今でも覚えている方は多いのではないでしょうか。

 

さらに、シフトをパーキングに入れているときにのみ使用出来る、マッタリモード機能付フロントシートを全グレードに設定しているのも特徴です。

マッタリモードとは、フロントのシートを沈み込ませる事により、外からの視線をさえぎり、マッタリ出来る快適な姿勢でくつろぐ事が出来る機能になります。

 

販売は好調で、発売から1ヶ月で月販売目標が5000台だったところ、約2.5倍にあたる約12,500台を売り上げたのです。 初代のモデルと同じ様に、若い世代だけではなく幅広い世代に好評を得た結果なのでしょう。

そんなbBは、やはり中古車市場でも人気は高く、グレードによってではありますが高値で取引されているようです。

しかし、モデルチェンジの前と後では、やはり価格の差は出て来てしまっていますので、モデルチェンジがあるごとに価格は下落傾向になることは他の車種と同じでしょう。

 

初期型モデルの買取参考価格としては、6万円くらいから30万円代前半くらいが平均的な価格でしょうか。

モデルチェンジ後の車は、もちろん年式が新しいのもありますが、20万円くらいから50万円くらいで取引されているようです。

 

しかし、bBの特徴であるカスタマイズを大々的に施してある車種に関しては、そのグレード・カスタマイズの仕様などによっては更に高値で買取してくれる業者もあるようです。

これは、その業者さんによってターゲットにしているお客様の層が違うからでしょうね。

 

エアロパーツなどでカスタマイズした車は、一部の客層には大変人気なのですがファミリー層には乗るのが難しい車になりますから、買取業者によっては低く評価されてしまうこともあるようですので、査定は1社だけではなく複数社にすること。

 

ノーマルの状態で乗っている車はもちろん、カスタマイズしたような車も多く出回っているのは、この車種の特徴と言えるでしょう。

幅広い世代に人気がある車だからこそ、車買取業者によっては高価買取をしてくれる事があります。

 

特徴的であるがゆえにbBは、査定価格が業者によってマチマチであったり、安定しなかったりもしていますので、より多くの買取業者へ査定してもらうことが望ましいでしょう。

どの業者が最も自分の車を高く評価してくれるのかを把握するには、一括査定を使ってみるのが一番ですから、査定サイトの人気ランキングを見て選んでみて下さいね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ