査定バカ後輩のアウディ現役営業マンに聞く人気の真相

先日、後輩君に会ってきました。

彼は車関係の会社で働いているわけですが、少し会わない間に男らしくなったといいますか、自信の表れなのか、風格がでてきてビックリしたんです。

話を聞くと、どうやら仕事が絶好調のようで^^

 

こんにちは~

若手の成長スピードに驚いている査定バカです^^

 

そんな彼の仕事は輸入車ディーラーの営業マンです。

しかも、新車ではなく、中古車の担当。

輸入車はブランドで大きく左右される査定価格の後半で出てくる部長ですね^^

そのメーカーはどこかというと・・・

 

アウディ

 

そうです。

ここ数年、日本で売れまくっているアウディです^^

アウディSライン

 

ということで今回はアウディの話です。

 

アウディというのはドイツのメーカーでVWグループの会社でもあります。

なのでアウディの車はVWと共通する部分が多いです。

A3はポロ、A4はゴルフという具合ですね。

ただ、VWを象徴する車種であるゴルフは元々はアウディの開発だったんです、知ってました?

アウディがなければ今のVWはなかったかもしれませんね。

 

さて、アウディの人気について後輩君に聞いてみました。

後輩君は中古車担当なのですが、まずは新車について。

 

査定バカ

査定バカ 売れているのか?

営業マン

後輩君 新車も売れています。

査定バカ

査定バカ 理由は?

営業マン
後輩君 VWがアウディをプレミアムブランドとして位置付けしており、ヨーロッパだけではなく、日本でも同様。
なので、そのための広告宣伝に力を入れている。
雑誌だけでなく、TVなどのメディアで目にすることが多いでしょ?

査定バカ

査定バカ 値引きはしていると思うけど?

営業マン
後輩君  正直、値引きはしているようです。

同クラスのライバル車と比べるとお買い得なハズです。

査定バカ
査定バカ 安いから売れてるだけでは?

営業マン
後輩君  いえ、理由の一つではありますがそれだけではありません。

査定バカ

査定バカ じゃあ何?

営業マン
後輩君  実はアウディの新車を販売しているのは旧ヤナセの営業が多いんです。
彼たちはヤナセ時代からの顧客が多いことと、高級車を高級車として売ることのできるスキルがあるんです。

査定バカ

査定バカ ほう、なるほど。
大幅な値引きをしてもプレミアムブランドとしての価値を落とさないで売ることができると。

営業マン

後輩君  そうです。

アウディ側もそこは理解しているので私は中古車担当なんです(笑)

査定バカ
査定バカ あははは^^ それは仕方ないな、諦めろ(笑)

営業マン

後輩君  ・・・

査定バカ
査定バカ で、中古車はどうよ?

営業マン
後輩君  話した通り、絶好調ですよ^^

査定バカ
査定バカ 台数はどれくらい?

営業マン
後輩君  私の場合ですが、黙ってても売れるのが月に最低10台、こちらからセールしてプラス5台くらいですかね。

査定バカ

査定バカ それはすごいな、客層は?女性が多い?

営業マン
後輩君  A3などは女性が多いですね。

査定バカ

査定バカ 新車も女性が多い?

営業マン
後輩君  それがそんなことないんです。

査定バカ

査定バカ というと?

営業マン
後輩君  査定バカさんが現役の頃は、アウディってお金持ちのお嬢さんやブルジョアチックな女性が入門用で購入する外車のイメージだったでしょ?
最近は、全然違って、男性や一家の主あるご主人がメインで乗られる方が多いんです。
新車でもそうですし、中古車でもそうです。

査定バカ
査定バカ 随分と変わったなぁ。

営業マン
後輩君  時代は変わってますね、当時のアウディとはデザインも全然違いますからね。

査定バカ

査定バカ それはデザイナーが元日産の和田さんの影響かな?

営業マン

後輩君  誰ですか?それ?

査定バカ

査定バカ ・・・・

営業マン
後輩君  ???

査定バカ

査定バカ お疲れ。

営業マン
後輩君  聞きたいことがあれば、また誘ってください。

 

(生意気なことを)
新車、中古車ともに人気であることは間違いないようですね。

彼の売っている中古車はディーラー系の販売店なので安くは売ってないはずで、輸入車専門の中古車販売店と比べて金額的には高い方。

それで売れているのだからアウディの中古車人気は本物かも。

 

ちょっと買取市場を調べてみました。

確かにここ数年の現行モデルは、年数経過による下降は見受けられますが安定した相場を保っています。

ボルボワゴンのような一時的人気になるようでならない気がします^^

 

ベンツやBMWのように定着しそうですね。

輸入車御三家が輸入車四天王となる日が来そうです。
買取は買取専門店だけなく、輸入車ディーラーと輸出業者は忘れずに^^

海外ではベンツ、BMWの次に人気のプレミアムブランドになっているそうなので。

車本来の性能と価格をベンツ、BMWと比較した場合、アウディに分があるそうですよ^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ