軽セダンの人気を取り戻すきっかけとなった新型アルト

「アルト47万円」って知っていますか?

1980年代に衝撃的なプライスを実に大胆に、ズバリ車価格をCMにしてしまいました。

さすが、軽ナンバーワンを目指すスズキ。

 

こんにちは~

軽自動車はさらに伸びていくと思っている査定バカです^^

 

小さいながら見たCMですが、実に衝撃的なCMで数十年たった今でも忘れることは出来ません。

47万円は、当時の400cc中型バイクの新車価格です。

 

バイクは2人しか乗れなくて、しかも雨が降ったら濡れるしかありません。

しかし、アルトは大人4人乗車可能で、しかも雨が降っても屋根があるので快適そのものです。

もちろん、アルトはライバルメーカーよりもずば抜けて安い価格だったので、市場ではまったく敵なしの独壇場でしたね。

2014年末に、あの「アルト47万円」の衝撃と同じくらいのニューアルトが登場しました。

 

8代目(2014年~)現行モデル

それまでの女性受けしようと丸っこいボディーラインのデザインから一転して、骨太の男性受けするボディーデザインに変更されたのがよく分かります。

フロントのデザインは、丸形ヘッドライトと角形ウインカーを組み合わせたもので正面から見た印象はとても個性的です。

 

CMでベッキーが掛けている眼鏡のような、どことなく1970年代を思わせるノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

古風なスタイリングを印象づけているのに、過去のスズキの軽自動車とはどれとも同じ顔ではありません!

はるか遠くからでも、アルトとはっきり分かる個性的なデザインはまさに秀逸です。

 

省エネブームのなか、スズキグリーンテクノロジーが搭載され、37Km/L(JC08モード)の高燃費をマーク!

さらに豪華装備満載の軽自動車の中にあってダイエットに励み車重は610~710kgを達成!

なんと先代モデルから100kgものダイエットに成功しました。

 

100kgは、成人男子70kg1人と小学生30kg1人にも匹敵する重量です。

ですから、新型アルトはかなり身が軽くなってカルガル感120%。

 

また、「まさかの一瞬に備える先進の安全技術」の、レーダーブレーキサポート・エマージェンシーストップシグナル・ESP(横滑り防止装置)・ヒルホールドコントロールなどが搭載され、安全に貢献しています。

 

駆動方式は、FFと4WD。

ミッションは、CVTとセミATの5速ASGです。

 

グレードは、F(ベース)・L・S・X(上級)と商用バンタイプのVP。

そして、2015年4月に追加されたターボエンジン搭載のアルト・ターボRSです。

 

7代目(2009~2014年)

特徴的な縦に長い楕円形コンビネーションライトで、全体的に丸いデザインでした。

女性を意識して有名女流棋士や女流書道家をCMに起用しましたね。

歴代アルトの中でも特に女性ユーザーにターゲットを絞ったモデルと言えます。

購入者の比率も、女性:男性=6:4と女性の購入者が多かったのです。

 

グレードは、E・F・G・XとバンタイプのVP。

搭載エンジンは、660cc直3DOHCのNAのみです。

ちなみに、ワークスモデルの消滅した6代目と7代目アルトにはターボエンジン搭載車は残念ながらありません。

 

2011年にマイナーチェンジされ、省燃費に優れたアイドリングストップ機能が搭載されました。

マイナーチェンジモデルの人気は先代モデルとは言え、まだかなり高いので、高額査定が望めるでしょう。

 

派生車種には、省燃費を徹底的に追求したアルトエコとマツダへのOEM供給車であるキャロルがあります。

駆動方式は、FFと4WD。

ミッションは、CVTと4速AT、5速MTです。

 

アルトの人気は上昇

先代モデルでは、明らかにワゴンRなどのセミトールワゴン軽に圧倒されていましたが、新型アルトでは一気に軽セダンの人気を取り戻すかのごとく人気が高まって来ています。

2014年末にニューモデルへと変わったばかりなので、現行モデルの査定はとても高いです。

 

先代モデルの査定は、約80~100万円程度。

FFよりも4WDの人気が高いようですね。

 

しかし、2代前の6代目アルトの人気は残念ながらそれほどありません。

年式も走行距離も多い車両の査定はやはり安くなってしまいますね。

6代目アルトの査定は、残念ながら約1~10万円と言ったところです。

 

ただ、軽自動車全般の評価は高いので、軽自動車専門店などで思わぬ金額が出ることも否定はできません。

なぜ軽自動車専門店に査定を依頼すべきなのかは、軽自動車の査定買取は軽専門店へ!が鉄則!?で詳しく説明していますので、参考にしてみて下さい。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は1000社。



line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ