茨城県の中古車状況

茨城県の中古車状況

茨城県は千葉県の北側にあるので、温暖な気候の千葉よりもだいぶ寒くなる地域ですね。

査定バカもサーフィンで何度か、鹿嶋周辺~大洗周辺には足を運んだことはありますが、人が少なく空いていて良いけど、水がとにかく冷たいという印象でした。

千葉から少し北に行っただけで、ここまで海も表情を変えるものかと衝撃を受けた記憶があります^^

 

と、サーフィンの話しばかりしていては意味がないので、車のお話しを。

茨城県では、一定のエリアでしか電車などの交通機関が整備されていないために、基本的には車での生活が一般的となっています。

人口が2,933,381人と少なく、(ちなみに千葉が600万人で、埼玉が700万人)千葉や埼玉と較べても半分以下となっているようですね。

 

ただ、車を利用しての生活ですので、車の数は人口に対して多く250万台となっています。

茨城県の車保有台数

乗用車 貨物車 乗合車 特種車 二輪車 合計
1,909,458 496,527 6,928 47,090 85,628 2,545,631

バスなどが通っている地域もありますが、便数が少なかったりと多くのエリアで車を使っての移動しかできないので必然的に車の保有台数は多くなるのでしょう。

東京や神奈川では、1家に1台が基本ですが、茨城県では1人1台さらには1人で家庭用と仕事用と車を使い分けている家庭もあるようです。

 

また、茨城県では海に面している地域も多くありますので、塩害による車の傷みに関しても注意が必要になるでしょう。

内陸部で生活をしている方には関係はありませんが、沿岸部で生活をしている方は、そういった潮による被害の減額なども視野に入れておくべきですね。

 

茨城県の交通事情はというと、多くの方が車の運転経験が豊富です。

また、長距離を運転する人が多いために、スピードを出しすぎてしまう方が多いように見受けられます。

出発地から目的地までの距離が長いために、10キロ程度のスピードの違いでも時間にすると大きな差が出てくるので致し方のないところでもありますが、茨城県での運転には注意する必要があるでしょう。

 

茨城県の中古車販売に関してですが、まずは地域別の販売台数。

茨城県のエリア別販売台数

つくば市 2182台
水戸市 1568台
土浦市 1012台
ひたちなか市 773台
龍ヶ崎市 581台
古河市 434台
守谷市 356台
那珂市 338台
筑西市 297台
取手市 259台
神栖市 251台
笠間市 224台
日立市 223台
坂東市 198台
小美玉市 190台
鹿嶋市 162台
牛久市 159台
稲敷郡 157台
下妻市 154台
かすみがうら市 138台
石岡市 129台
潮来市 112台
結城市 109台
つくばみらい市 76台
常陸大宮市 75台
稲敷市 66台
鉾田市 59台
東茨城郡 50台
常総市 49台
高萩市 44台
桜川市 37台
久慈郡 30台
那珂郡 25台
北茨城市 22台
北相馬郡 13台
結城郡 10台
行方市 8台
常陸太田市 3台

※カーセンサーの2014年8月現在の掲載数を抜粋したものになります。 

つくば市と水戸市と土浦市が全体の4割を締める形となっているようですが、常磐自動車道に面したエリアというところで、そのような形になっているのでしょう。

全体の販売台数では、10,614台となっています。

 

メーカー別での販売台数は、他県と少し違った結果となっています。

国産メーカーでは、1位がトヨタ(不動の1位と言ったところですね)2位がスズキ3位が日産となっています。

茨城県の特徴として、軽自動車が多く走っているというのもある意味特徴かも知れませんね。

ですので、多くの県で1位トヨタ、2位日産となっているところ、茨城県では2位に軽自動車を売っているスズキがランクインしているのでしょう。

 

輸入車でも、他県とは少し違い。

1位がBMW、2位がフォルクスワーゲン、3位がメルセデス・ベンツとなっています。

1位と2位がメルセデス・ベンツとBMWが多いのですが、フォルクスワーゲンが割って入っているようですね。

 

茨城県では、人口に対する車の数の割合が高いので、全体的に車の需要は高いと判断できます。

また、車の約4割が軽自動車ですので、軽自動車の需要が東京や神奈川よりも高い傾向にあるでしょう。

ですので、軽自動車を所有している方は、査定をする際にはある程度強気に出ても問題ないですね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ