中古車買取専門のガリバーを徹底解説!査定の実態とは!?

車を売ろうと思った時に、必ず出てくる名前がガリバーですね。

 

中古車を査定してもらったり、買取をしてもらう時にガリバーのことを知っているか、まったく知らないかでは、大きくことなってきますので今回はガリバーについて深く解説して行きたいと思います^^

 

まず、ガリバーと聞いてあまり良い印象を持っている方は少ないかと・・・

それは、ガリバーは営業がしつこいとか、単純に悪徳なのでは?と思い込んでいるからではないでしょうか。

 

ガリバーを使う時には、確かに良い面と悪い面があるのは事実です。

しかし、それは直接お客さんと接している大手企業では、当然に良くある話だということも忘れてはいけません。

 

例えば、不動産業界で言えばエイブル・ミニミニなど。

この2社も悪い印象を持っている方は多いのではないでしょうか?

 

勘が鋭い方はもう理解出来ているかも知れませんが【大手企業=従業員数が多い】ですから、色々な人がいて当たり前なんですよね。

また、急成長した業界に多いのですが、急激に伸びた企業は社員教育なども行き届かず不良社員も出ているのも確かです。

ガリバーも昔はそのような企業でしたので、悪いうわさが多く広まりましたが、現在ではある程度のレベルまでは社員教育も行き届くようになっています。

 

中には、無理くり契約を取ろうとやっきになってしまい、しつこく電話をしたりメールをしたりしてしまう人もいるかも知れません。

 

ただ、大手は大手なりに秩序を持つようにと社員や従業員には指導すべきで、人が多いから仕方がないとは言い切れない部分もありますよね。

 

そう言った従業員が悪さをすればネット上では瞬く間に悪いうわさが広まります。

人は良いことに関してはあまり広めない性質があるのですが、悪いことに関しては広めるプロのようなものですから・・・

 

学生時代でもそうではなかったですか?

人も悪いうわさは学校中に広まるのに対して、良いうわさはそこまで広がらない。

人間ってそう言う生き物なのかも知れませんね^^

 

 

話を戻しまして、ガリバーの良い面に関して少しお話してみますね。

ガリバーは、中古車の買取業界ではダントツの買取台数ですので、売却後にある手続きに対する不安やミスが圧倒的に少ないですね。

台数をこなしている分スタッフの方たちも慣れていますので、手続きに関しては安心して良いと思います。

多くの経験を積んでいるので、ミスが少ないということです。

 

次にフランチャイズ制を取っているので、本部があるということです。
フランチャイズ店でのトラブルや、直営店でのトラブルに関してもすべて本部に連絡をしてしまえば最悪トラブルの解消はすることは可能です。

 

ガリバーも今では社会の目が気になりますので(成長初期の以前は業績を伸ばすことでいっぱいいっぱいでしたので世間の目はあまり気にしていなかったかも、というよりは気にする余裕がなかったとでも言うべきでしょうか)今では大きなイメージダウンに繋がるトラブルは避けようとします。

そう言った面でもガリバー本部の対応は信頼がおくことができ、安心出来ますね。

 

実態も分からない小さな買取店に車を売るのが不安(後々のトラブルが怖い)だと思う方は、ガリバーは良いと思います^^

 

 

では、ガリバーの悪い面はというと・・・

 

査定申込みをした後、実際に査定へ来る査定士は新人や十分に教育を受けれていないスタッフが多い ですが、その辺りも昔に比べると改善はされてきているようです。

本部にいるスタッフや、店舗内部にいるスタッフは長く勤めていることが多いのですが、どうしても外回りの使いっ走りは素人に近いスタッフが多いのは事実。

 

過去に私の車を見てもらった時には、他のすべての買取店では事故車(修復歴車)にはならないと言われた修復跡を見て、事故車(修復歴車)ですね~と軽く言われていましたから・・・

 

どういう意図で言ったのかは分かりませんが、今でも未熟なスタッフが多いのは確かです。

ただ、すべてのスタッフがそうではないですし、実車査定に来られる方でベテランの方もいらっしゃいますから^^誤解のないように。

 

 

まとめると、査定にくるスタッフに当たりハズレが存在すると言うことです。

これは、他の会社でもまれにあてはまることもありますけどね。

業界的に転職率が高いので、致し方ないことかも知れませんが・・・

したがって、ガリバーの場合当たるスタッフによって査定価格に差が出ることがありますね。

これは来てくれる査定士さんの見方次第という形になりますので、何とも言えません。

 

買取店によって査定価格が違うように、ガリバーの場合はスタッフによっても査定価格が多少違ってくるということです。

 

 

次に、査定をお願いしたその場で契約を迫られることが多々あります。

 

査定士さんも営業マンですから、当たり前なのかも知れませんが、執拗に売却契約を迫ってくることがありますので注意が必要です。

そう言う時は「1社に見てもらっただけでは売れない、他にも査定を出してもらって一番高額だったところに売ります」と伝えて下さい。

 

そういう言い方をすると、「じゃあ、一番高かった査定価格を教えて下さいね~」とコロッと方向転換すると思いますので^^

 

あっ後、良く査定士さんが言われるのが「他で査定してもらっても同じデータを見ているので同じ査定額しか出ないですよ~」と言う言葉には騙されないで下さい。

これは、他社に行かせない為の言葉(営業トーク)ですから・・・

 

査定バカはハッキリ言えます。

査定価格は買取業者によってまったく違います!

と。

これは、査定バカの経験から言えることですので、間違いありません。

 

次に、ガリバーは他社で査定の予定が入っている場合などはハッキリとした査定価格を伝えてくれない場合があります。

これは、他社の査定額が出てからガリバーの査定額提示をしたいという現れなのでしょう。

 

また、メールで査定価格を送ると言われていても電話でないと伝えてくれない場合もありますので注意。

とにかく電話で話さないと査定価格を教えないというスタンスの店舗もあるようです。

 

悪いうわさが流れる理由は、上記にあげたこの辺があるのかも知れませんが、ネット上で文句を言っている方の中には、「修復歴車なのに告知しなかったことにより後で返金を求められた」とか、「後で価格に影響する程の傷が見つかったので査定価格を減額された」などの内容もあるようです。

後者の文句では、査定士はプロなのだから、現地で見た時に気づくべきとの声もあるかも知れませんが、査定士も人間ですから見落としということも100%ないとは言い切れませんよね。

 

確かに査定士はプロというもの一理ありますが、契約をしっかり読まずに契約してしまっている方もどうかと思いますけどね。

売却の契約書には、大抵2次検査などで見つかった瑕疵による減額もありえるとか、「修復歴車はありません」と契約書にサインする場所があったはずでは?と査定バカは個人的には思ってしまうのです。

売却する本人も修復歴車だとは知らなかった場合はまた話は別でしょうけどね。

 

車を売るような方は、ある程度の常識を持っていると思いますので契約書に目を通すのは当たり前ではないでしょうか?

これもまた、賛否両論ありそうですが、お互いに大人としての対応を望みたいですね^^

 

 

話を少し変えまして、実はガリバーって買取だけではなく販売も行なっているって知っていましたか?

 

今では高級車を専門に取り扱うLIBERALA(リベラーラ)という店舗がオープンし認識はされてきたかも知れませんが、高級車以外にも一般の車を販売をしたりもしているんです。

 

現在、ガリバーに査定の依頼をすると電話がかかってくると思いますが、売る車のことを聞かれるのはもちろん、次に買う車は既に決まっているのかなども質問されるはずです。

ガリバー独自の中古車検索システムを導入していて、ガリバーで買取った車を掲載しているんです。

 

ガリバーの中古販売車の中には事故車(修復歴車)は一切含まれておらず、徹底した品質維持が行われているようですね。

このガリバー独自の中古車販売は、買取った車を業者限定のオークションに出品するまでの間の12日間を掲載期限として、見れるようになっているようです。

 

査定バカもガリバーに査定をお願いした時に、持っていたタブレットでこの中古車検索サイトを紹介されました。

 

ガリバーの中古車販売で購入するメリットとしては、新鮮な中古車情報の中から選ぶことができるということではないでしょうか。

新鮮と言うのは、買取ってからすぐという意味です。

 

  1. 買取ってからすぐと言うことは、つい先日まで路上を走っていた車ですから不具合が少ないというメリットがあります。
  2. 業者限定オークションで良くあるのが、店頭に並べていた販売車が売れなかったので出品するということです。

 

良くわからないかも知れませんが、これは1.と2.と全く同じ車だとしても価値は全然違います。

 

車も機械ですから、動かしていなければ不具合が起こりやすくなるというデメリットが生まれます。

ですから、車を買う時は新鮮であればある程良いということですね。

 

次に、保証が手厚く付いているというのと、返品が可能ということです。

ひとつづつ上げてみましょう。

 

まず、エンジンやブレーキ、ミッションなどの走行することに重要に携わっている部分の保証。
これは走行距離が無制限で、最長で10年間保証されます。

 

ナビゲーションやオーディオ機器などの消耗品が修理保証されます。

走行距離が無制限で、最長1年間保証されます。

 

たぶん、普通では考えられない保証です。

しかも中古車ですからね。

相当、整備に自信がないと出来ない保証ではないでしょうか。

 

さらに驚くのが返品サービスが付いているということです。

 

色がやっぱり嫌だったとか、気が付かなかった傷があったとか、エンジンが調子悪く走行に問題があるなど、不満がある場合は、車両価格の5%分の手数料を支払えばお金が返ってくるサービスです。

かなり画期的というかすごいの一言ですよね。

 

返品条件なども細かくありますので、ご自身で確認してみて下さいね!

 

ガリバーで中古車を購入すれば、この2つの保証がすべて無料で受けられるんです。

でも、査定バカが思うに、この保証に関する費用はすべて車体価格に含まれているとは思いますけどね。

 

では次に、肝心なデメリットも見て行きましょう!

 

デメリットの1つ目は実際に車を見ることが出来ないということです。

 

ホームページに掲載されている写真と情報、後は問い合わせてからもらうことが出来る査定情報で購入するかどうかを決めなければならないということです。

 

ここには少しガリバーなりの理由があって(多分ですが・・)

ここから先のお話は私の推測に過ぎませんので悪しからず。

 

ガリバーの中古車を実際に見れないのは、ガリバーがフランチャイズ制で色々な会社が入っているので、たまたま欲しい車が自宅の近くの店舗の場合、見に行ってしまわれてしまうと、売上自体がその会社のものになってしまいガリバーは利益を得ることが出来なくなるからではないか。と思っています。

2つ目のデメリットは、車両価格が高いということです。

 

査定バカから見ても中古車相場よりは少し高いですね・・・

たぶん、先程も少し触れたように、保証や返品サービスなどの分を事前に乗っけているんでしょうね。

また、そうしなと損ばかりしますからね。

上手いことできています・・・

 

実際にガリバーの査定を行なってもらっている時に、中古車販売の話が出て、その査定士さんも他よりも高いことは認めていましたから・・・

でも、保証がすごいので!とは言っていましたが。

事前に保証分のリスクを車体に上乗せしており、そこからまかなっているということですね。

 

ガリバーの中古車販売では、メリットとデメリットが大きくあるので、自分のスタンスに合うのであれば使っても良いかも知れませんね。

 

どちらかと言うと、長い目でみて安心を求める方はガリバー

とにかく買う時は安く車を手に入れたい、という方は他をあたった方が良いですね。

 

と、査定買取の話からはそれてしまいましたが、査定をするという時は新しい車を購入するというのも付き物なので知っておいても損はしない情報ですよね^^

 

査定をしてもらって買取をしてもらう時には、しっかりと他の買取店などにも査定を出してもらい、比較検討してから売却契約をするようにしましょう。

決して、営業マンに乗せられて、1社や2社で焦って決めてしまわないように注意して下さい。

 

ガリバーのことになると、色々とお話することが出てきてしまいかなりの文章の長さになってしまいましたが、今後の参考になっていれば幸いです^^

 

追記です^^

 

ネット上でガリバーの事を調べていたら、中古車ウォーカーがガリバーを取材している動画がありましたので、載っけておきますね!

参考程度に見てみて下さい^^

 

4分48秒とちょっと長いですが、参考にはなると思いますよ♪

時間がある時にでも是非。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

“中古車買取専門のガリバーを徹底解説!査定の実態とは!?” への4件のフィードバック

  1. くろ より:

    ちょっと質問させて下さい。

    個人的に中古車を購入する際に、その中古車屋に同行いただけるようなシステムはありませんか?例えばほとんど購入したい車は決まっていて現車を見に行く時一緒に来てもらうようなことです。どうでしょう?そんなのありますか?

    • 査定バカ より:

      こんにちは!

      査定バカです^^

      中古車購入時に車の知識がある人に同行してもらい、本当に購入しても大丈夫なのかを判断してもらうということですね。

      残念ながら査定バカの仕事は現在、不動産屋なので行っていませんが、一応、首都圏ではそういったサービスがあるのですが、本当に信用出来るのかどうかは、くろさんが判断して下さいね。

      車の購入時に同行してくれるプロ、車検のタウニー(2014年5月にHPがなくなりました)
      HPがなくなるということは、会社の存続も怪しいので、あまり需要がないのかも知れませんね。

      この様な、業者がありますが、実際に使ったことはないですし、稼働しているのかも分かりませんので、不安は残るところですね。

      使ってみるのなら、くろさんのご判断で!

      お友達や知り合いに、車に詳しい方がいる場合は、同行してもらうと良いかも知れませんが・・・

      謝礼はご飯をおごるなどで良いと思いますし、信用が出来ますね^^

      でも、そういう人が周りにいないから、質問されているんですよね。

      お力になれずすいません。

  2. より:

    査定バカ様
    初めまして。
    早速の質問ですが、先日ガリバーで車を購入しました。
    もちろん自分が納得出来たので契約し、来週納車予定なのですが、本日販売担当者から電話がかかってきて、私は修復歴無しの車を契約したのですが、板金修理の跡が今見つかったと言われました。
    買取した店舗ではそれに気付かなかったそうで、販売店に持ってきてチェックしたら見つかったとの事です。
    リアのクォーター部分になんとかかんとかみたいな事を言われたような、、、
    場合によっては修復歴有りになるかならないかの微妙なところと言われました。
    ガリバーは5~10万値引きをするから、契約そのままで納車させてほしいと言ってきました。
    これってどうなのでしょうか??

    • 査定バカ より:

      絆 様

      お返事が遅くなり大変申し訳ございません。
      季節外れのB型インフルエンザにかかっており、数日間ほど寝込んでおりました・・・
      3日も過ぎてしまっているので、答えは出てしまっているかも知れませんが、査定バカの感じるがままにお答えさせていただきます。
      ただ、あくまでも査定バカの個人的な見解ですので参考程度に^^

      修復歴なしの車を買ったにも関わらず、後からやっぱり修復歴車になるかもと言われたということですね。
      リアクォーターの修復だけであれば修復歴車にはなりませんが、その奥の骨格部分に少しでも歪み(修復交換)などがあれば修復歴車扱いになります。
      ガリバーの方では修復歴車かどうかは微妙なところとのことですので、絆さんが売却する際には修復歴車に該当と言われる可能性が高いと思った方が良いですね。

      修復歴ありとなると当然に売却時の査定額も下がることになりますから、購入時にはお金の相談が重要だと思います。
      5万から10万が妥当かどうかは、その車種や年式などにもよりますし、絆さんが納得するかどうかというところが大きいのではないでしょうか。

      例えば、300万円の車で修復歴ありと分かり10万円の値引きと、50万円の車で修復歴ありと分かり10万円の値引きでは意味が違ってきますよね。
      ですから、修復歴車になった時にどれほど買取額が減額されるのかが重要になってきます。
      値段が高ければ高いほど修復歴車になった時の減額幅は増えるので、絆さんが購入しようとしている車がいくらなのか、これがポイントではないでしょうか^^

      一般的には修復歴車は消費者に敬遠される傾向にあります。
      ですから、販売会社は値段を下げてこの値段なら買おうかなと思うお客さんを探す訳です。
      いくらなら買うかのラインは割安感がある相場の1割から2割引きくらいが目安かも知れません。

      ですから、絆さんが購入しようとしている車の販売価格から1割から2割引き程度してもらうのが妥当だとは思いますが、ガリバーも商売で売っていますのでどこまで応じてくれるかは定かではありません。
      後は絆さんがどこまで妥協できるかになって来ると思いますので、1割引きで納得行くのか、1.5割引きで納得行くのか、この辺りはその車をどの程度気に入っているのかによって左右するはずです。
      最終的には絆さんが納得行く価格かどうかですね^^

      査定バカ

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ