車に積もった雪を落とす際に注意すべき3つのこと

なんと2週連続で関東で積雪がありましたね~

姪っ子たちがはしゃいでいる姿を横目に、車に積もった雪を下ろすのに必死になる査定バカです^^

車に積もった雪の落とし方

 

土曜日ですので、多くの方が仕事は休み。

しかし、雪かきにかり出されるという状況の方も多いのではないでしょうか。

査定バカは仕事ですから、朝から車に積もった雪を下ろす作業で肩が痛いです。

折角なので車に積もった雪を、どういう手順で落とせば良いのかをお話ししてみたいと思います^^

 

注意点は3つ

  1. 天井に雪を残さない
  2. 通り道をふさがない
  3. 傷の付かない道具を使う

注意点はあとで詳しく話しますね!

 

車に積もった雪の下ろし方

まず、車が出る際の通り道を確保します。

ある程度で良いので、車が駐車場から出るまでの道を雪かきしてあげて下さい。

 

次に車のドアが開くように、車周りの雪をどかして行きます。

ドアが開いたらエンジンをかけて下さい。

同時にエアコンもつけましょう!

フロントガラスに向かって

この際に注意することは、排気ガスが出るマフラーに雪がかかっていないこと、ふさいでしまっていると室内にガスが溜まる危険性もあります。

 

天井の雪を下ろして行きます。

この際に車の進行方向へ雪を落とさないことです。

注意点でいった2番ですね。

通り道をふさいでしまうと、最初に道路までの雪かきをした意味がなくなりますから。

 

合わせて注意点1の天井に雪を残さない。

これは、どんなことよりも重要です。

天井に雪が残ったまま車を走らせてしまうと、ブレーキを踏んだ勢いでフロントガラスに天井の雪が滑り落ちてきます。

こうなってしまうと、ワイパーでどかそうとしても無理で、視界がゼロとなってしまいパニックになってしまいます。

最悪ケースは、事故になってしまいますので・・・ご注意を!

 

実は、今日の朝に車の天井の雪を下ろしていると奥さんから「何でそんなとこまで雪下ろしするの?」という質問があったんです。

「ブレーキを踏んだ時に雪がフロントガラスに滑ってきて視界がなくなるからだよ」と優しく教えてあげました。

そこで、今日はこんなネタが出来たので記事でもアップしようかなと^^

 

雪下ろしの手順に戻りますね。

次は、フロントガラスに積もった雪を下ろして行きます。

この際も前面に落としたくなる気持ちを抑えてサイドに落とすようにしましょう。

 

こんな感じで終了なのですが、車の雪を下ろす際にボディを傷つけないようにすることも必須です。

雪を落とすことは出来たが、塗装が・・・

なんて事がないように、雪ブラシなどが良いですが、なるべく直接は塗装部分に当てないように雪を落とすようにするのがベストです。

 

この記事を書いている時に電話がかかり出てみると、(査定バカは現在不動産会社を経営しています)入居者からで家の天井から落ちた雪が車の天井を直撃して天井が凹んでしまったと。

すぐに加入している火災保険会社へ連絡しました^^

保険が下りると良いのですが。

雪の落下にも注意

高いところからの雪の落下にも注意が必要ですね。

 

車の駆動とチェーンの注意点

普段雪が降らない地域だと、一度雪が降ると色々なことが起きてしまいますね。

自宅から会社までの道のりで、切れたチェーンがあったり、パンクして立ち往生している車がいたり、ガードレールに突っ込んでいる2駆の車を2台見かけました。

 

雪が積もっている時は、4駆に限りますね~

査定バカが乗っているアルファードは4駆なので、多少滑っても全然平気です。

ただ、雪が深いところは4駆でも車種によっては厳しいこともあるので、過信は禁物かも知れません。

間違ってもチェーンなしの2駆で出かけないように!

それは、無謀な挑戦になってしまいますよ^^

 

また、雪が解けてベチャベチャになった道路で、チェーンを巻いたまま走っている車を多く見かけましたが、これはやってはいけません。

道路が傷んでしまいますし、チェーンが耐え切れずに切れてしまいタイヤ周りやタイヤ自体を痛める可能性も高いですからね。

雪のない道路では、面倒でもチェーンをはずすことです。

 

話しは大きく変わりますが、フィギュア男子の羽生選手が金メダルを取りましたね!

やっと金1個という感じはありますが、代表選手には今後も頑張って欲しいです。

現在、ロシアのソチでオリンピックが開かれていますが、あちらよりも日本の方が雪が多いという状況になっているのが、変な感じしますね。

この雪で怪我などしないように注意しましょう。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ