ネットオークションで車の個人売買をする時の注意点

こんにちは~

 

弊社のスタッフが

ついに

と言いますか

 

はじめての車を買うそうです。

 

 

新車ではなく、中古なんですけど。

それが個人売買なんですよね。。。

 

しかも、ヤフオクで買うそうなんですけど。

外車らしいので少し心配な査定バカです^^

 

個人売買のリスク

せっかくなので今回はネットオークションでの個人売買についてのお話です。

 

このサイトを見てくれている方の中には過去にヤフオクで車を購入や売却された経験のある方がいらっしゃると思います。

買うにしろ、売るにしろ、嫌な思いや後味の悪い取引になったことがありませんか?

 

 

ヤフオクだけに限らず、ネットなどでの個人間取引では昔も今もトラブルはつきものですよね。

件数は今の方が圧倒的に多いですけど。

出品しているのは個人のフリした業者ばかりですけどね。

 

 

 

売却の場合はこちらが売る側なので、ヤフオクなどネットで売却となると出品者側となり、落札されてお金をもらったら終わりのように簡単に考えがちです。

 

買取の場合で考えると落札する側は買取専門店ということになりますよね。(なりませんか・・・一応、そういう設定で読んでください^^)

 

 

過去記事の出張査定についての売却契約トラブルについてでも述べていますが買取る側、ヤフオクだと落札する側にはリスクがありますよね。

買取専門店は、このリスクを回避するために売買契約書で様々な特記事項を設けているんです、もし、該当するようなことがあれば何か言ってきますよね。

 

 

ヤフオクなどのネットオークションや個人売買で落札する側、買取る側も同じだと思いませんか?

さらにネットオークションで落札される方は「お客様扱い」を求めている方が多く、ノークレームノーリターンだと説明しても聞き入れてくれない。

 

実際にあるお店で購入して、納車後のトラブルが発生した感覚ですね。

 

 

他にも名義変更などのトラブルが多いですし。

初めて車を売るのですが個人売買か買取専門店か迷っていますと言う記事でもお話ししている通りですね。

 

 

査定バカとしてはネットオークションでの売却はおススメしていません。

 

ただ、どうしてもネットオークションで売却するんだ!という方は下記のことに注意してくださいね。

出品するのであれば高い金額で売りたいですよね。

ポイントも上げていますので頭に入れておいてください。

出品する前に確認すること

車両の点検整備

修理ではなく、最低限でOKです。

動く、止まるに問題がないこと。

サンルーフ不動や電装系のトラブルなどを点検することによって把握しておくこと。

 

洗車

コンパウンドなどで消せる傷は消すこと。

タイヤハウス内やホイール、タイヤの艶出しも忘れないように。

 

室内清掃

清掃はもちろん、シートなどの染みや汚れなど落とせるならば落とすこと。

インテリアシャンプーなどを使うと綺麗になることが多いです。

各窓はきれいに拭く(写真撮影時の見栄えが変わります)

 

撮影

ナンバーは隠す(画像加工で隠せるならOK)

前後、左右横、各室内をできるだけたくさん撮影する(その中のベストショットを使用)

傷があれば傷を大きく写す。

背景も考慮する。

 

必要書類

印鑑証明、委任状、譲渡証など。

車検証に記載されている所有者の書類です、車検証で確認しておきましょう。

詳しくは過去の記事の査定売却する際に必要な書類と注意事項内の必要書類部分を読んで下さいね。

また、車の買取で必要な手続きや書類を教えてと言う記事の書類部分も確認しておくと良いでしょう^^

 

 

ネットオークション出品

車両情報

年式や車種、グレードなど絶対に間違えないこと。

純正オプションや社外品などもあれば説明文に加える。

故障や不具合などがあれば正直に記載する。

タイミングベルト交換などの大きな整備状況の記載や記載済みの整備記録簿があれば記載すること。

ノークレーム、ノーリターンは必ず記載すること。

 

取引方法

決済方法や決済期限、名義変更についても条件として記載する。

決済方法は落札後24時間以内の連絡、3日以内の決済など。

 

名義変更については、名義変更完了まで落札代金等とは別途で3万円を保証金として預かり、名義変更完了後に返金するなど。

車両落札代金とは別にリサイクル料、自動車税をいただくのであれば記載すること。

落札キャンセルの条件も記載すること(キャンセル料の金額など)

質問があれば速やかに回答。

※出品する時期に車検が近いのであれば登録抹消後の引き渡しが安心です。

 

出品終了後

引き渡し

決済前の車両の引き渡しや書類の引き渡しは絶対にしないこと。(当たり前ですね)

できれば契約書の締結。

領収書の発行。

契約書がなければ領収書にノークレームノーリターンであることを一筆入れておく。

 

名義変更終了後にFAX、郵送などでコピーを提出してもらうこと。

名義変更完了が確認できれば預かり金を返金すること。

※落札されてから実際の車両引き渡しまでは数日かかるので、先に車庫証明のための車両情報を教えておくこともいいですね。

軽自動車の場合は車庫証明は必要ないので関係ないですね。

 

 

ネットオークションについてはこんな感じですね。

せっかく利用するのであれば、買取専門店の買取査定価格と比べて10万円は高く売りたいところですね。

 

 

ネットオークションへ出品するにしても、その前に数社での買取査定は必須ですよ。

落札する方は中古車販売店で売られている価格と買取査定の相場との中間を狙っていますので^^

その狙ってる価格である中間での売切り価格で出品がいいかもです^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ