大手買取チェーンと小規模買取店では査定価格にどのような差が出るか、またその差はなぜ生まれるか

こんには~

 

査定バカです^^

 

 

愛車を手放す時には当たり前となってきた買取専門店ですが大小様々なお店がありますね。

 

G社のような全国展開している大手買取チェーンや地域密着型のような小規模なお店まで。

 

では規模の大小で査定価格に影響はあるのか? ないのか?

査定価格の差

 

どちらが高いとは一概には言えませんが大規模で全国展開している買取専門店の方が高い時がありますね。

 

 

査定価格アップにつながる売却タイミングの項でも説明していますが、時期的な影響や流行りの流れは大手の方が敏感ですね。

 

時期的な影響のお話しはこちらで確認して下さいね^^

 

 

地方の地元に密着しているようなお店だと近場のオートオークションで販売することが多いので大規模なオートオークションの相場での査定ではなく、近場のオートオークションの相場での査定価格となります。

 

全国展開しているような大手のチェーン店は、下記のようにスケールメリットを最大限に生かして経費を削減しているんです。

 

オートオークション会場へ車を運ぶのに陸送会社を利用するわけですが、これが半端なく多い台数なのでかなり安く契約していますし、オートオークション会場へ車を出品すると出品料や落札手数料などの手数料がかかりますが、これも台数が多いことによってかなり安くなっているんですね。

 

この経費を安く抑えている分を、査定価格に反映しているかどうかは会社の方針にもよりますけどね~

 

また、大手の買取チェーン店で株式上場しているような会社であれば決算月などは本当に無理をして高く買取ることもあるようですしね。

 

株式上場しているような会社はその期の目標数値を正式に発表していて、その目標を達成しなければなりません。

 

目標を達成しなければ株価に影響するので大変なことになりかねないです。

 

 

利益が達成できそうになくても台数、売上げだけは達成しようなどと会社の指示があれば無理をしてでも買う!となるでしょう。

 

 

この無理をしてでも高くても買取るということが小規模のお店には無理なのではないでしょうか。

 

 

資金力もさることながら、小規模な買取店は無理をして買取る必要がないので確実に利益が見込める金額での査定価格になることが多い傾向のように感じます。

 

 

大手チェーンの買取専門店には、大手ならではの蓄積されたノウハウがあります。

 

主要販売先であるオートオークションで、たとえ1万円でも数千円でも高く売るためのノウハウです。

 

出品店が記入する出品票の書き方や出品車両の仕上げ方などです。

 

 

出品した車両は主に中古車販売店の方々が落札されていきますが、落札された車両はユーザーへ販売されます。

 

ユーザーへ販売されるのであれば、きれいな車両の方が手間がかからなくていいですよね。

 

手間がかからないので競り合うことが多くなる=高く売れるということにもなるんです。

 

 

清掃はもちろんですが車内の臭いがあれば消す、傷も可能な限り消す、とにかく少しでも高く売れるように付加価値をつけるといこと。

 

出品する際には買取専門店の手間がかかりますが、短時間できれいに仕上げるノウハウがあり、他社との差別化にもなっています。

 

 

ちなみに懇意にしている買取専門店の店長に聞いたところ、上記のように仕上げる必要のない車両は高く買う、査定価格がいいと言っておりました^^

 

 

タイミング良く、あなたの愛車と同車種を探している方や買取専門店がユーザーに売りたい車種であった時は大きく変わってきますね。

 

この場合は、大手チェーンや小規模、個人店などは関係ないですね。

 

通常の買取査定価格よりはプラスになることが多いです。

 

 

最近では大手のチェーン店などはユーザー販売にも力を入れてきているので期待できるかもしれませんね。

 

タイミング次第ですけど^^

 

ただ、注意していただきたいのは「欲しい方がいる」「探していた」は営業トークとして告げることがありますので見極めが必要になってきますね。

 

 

その為にも。愛車の相場は把握しておくと言うことが必要になってきますね!

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ