「どこで利益を取るか」の買取店の考え方次第で査定額が変わる!?

こんにちは~

ユニクロがシルクとカシミヤを使った衣料品を世界14カ国で販売するそうです。

それも1000円台の価格からですよ。

 

デフレが長く続いたとはいえ、すごいですね。

利益は数でカバーするつもりなんですかね?

 

価格破壊の元祖ですからね。

ただ、100%シルクとは言ってないようなので・・・・ですけど^^

 

 

モノが気になる査定バカです^^

 

買取専門店では価格破壊という言葉は聞かないですね。

売り、ではなく買取なので当たり前ですけど。。。

高く買取りしまくるということが価格破壊かな?

 

買取専門店が世の中に誕生し、全国CMなどで認知度を広めはじめてから10数年、今ではすっかりと車売却時の定番になりましたね。

 

当時から比べると買取専門店業界の1台あたりの利益は下がってきています。

競合他社が増えたことやユーザーが賢くなったこともあり、当初のように安く買取ることができなくなったのが要因ですね。

 

安くは買えないので高く買う、高く買っても買取した車両はオートオークションでの売却なので意図的に高くは売れないため、売却時の金額は変わらないまま。

1台あたりの利益が減っていくのだから、何かでカバーする必要がありますよね。

 

そう、台数ですね。

結果、薄利多売となるわけなんですね。

薄利という意味では価格破壊かも知れませんね。

 

 

大手になればなるほどこの傾向は顕著です。

大手の中には株式の上場もしている会社もあり、株主向けに発表している利益目標をクリアさせなければなりません。

大切なのは利益です。

 

スーパーや家電量販店などの小売業では、客寄せや在庫処分のために赤字でも販売することはありますが、大手の買取専門店では赤字覚悟での買取をすることはありません。

確実に1台ごとの利益を計算した上での買取、薄利多売ですね。

 

最近ではネットでの一括査定の利用が増えています。

利用された方もいるのでは?

一括というだけあって複数業者への依頼が可能で、勝手に買取専門店同士で競合もしてくれます^^

 

多くは出向いての出張査定となり、他社との査定価格との勝負になってしまいますので、実際の買取価格も高めです。

一括査定などを利用した愛車を高く売る方法もありますので、読んでみて下さいね。

 

私たちユーザーにとってはいいことですね^^

 

 

多くの他の商売でもそうですが薄利多売で成長を続ける、利益を出し続けることには限界が見えてきますよね。

 

オートオークションで買取した車両を販売する車買取専門店だと尚更ですよね。

どれだけ買取台数を増やしても売却できる金額はオートオークションの相場で決まるので。

 

どうすれば買取した車両を高く売ることができるか?

そこで大手では更なる利益確保の為、買取した車両をユーザーへ直接販売することに。

 

それは単に中古車販売店では?

確かにそうなんですけど^^

 

大きく異なるのは、販売する車両の多くは買取した車両であること。

他の中古車販売店のように販売用車両を、オートオークション等で仕入れをするのではなく、ユーザーからの直接仕入れであることですね。

買取店の仕組みはこちらをどうぞ

ユーザーからの直接仕入れなので買取をした車両の1台あたりの利益額も大幅に増えますね。

 

また、買取したお客様は固定客とはなりにくいですが、車を購入したお客様は固定客となり、販売以外の利益(保険や整備など)も見込めるわけです。

客単価も上がるということ。

 

今では大手の買取専門店で、ユーザー販売に力を入れていないところは無いのではないでしょうか。

 

ただし、買取ではなく、下取りだから査定価格が高くなるかといえば、そうとも言いきれないので見極めが必要です。

 

大手ではなく、比較的中小な買取専門店や中古車販売店は「損して得を取れ」のところが存在するので選択肢から外すのは早計です。

参考記事内の実例でもありますが、そのお店が、どこで利益をとるか によりますね。

 

中古車販売店なら下取りでの利益は考えず、販売した車両と保険や今後の整備などで利益を確保する。

買取専門店では、買取車両は下取り車ではなく、買取はあくまで買取であって販売は別とそれぞれに利益を確保。(大手はこれが多い)

 

買取店の考え方

中小規模の買取店の場合は、別の車両や別のお客様で利益があるので、今回の買取車両は利益は少ないけど買取しておこうという傾向が強いです。

↑大手の場合は時期によりますね。

大手は決算時期などは査定価格が高く なったりします。

 

 

色々と書いてますが、私たちユーザーからは買取専門店の事情は関係ないわけで、高く買取してくれればOKですよね。

ただ、知らないままだと買取専門店側の思う壺にもなりかねません。

 

知らないから損をするとまでは言えませんが、知っていないと得をすることはありません。

 

当サイトで情報を得て武器にして査定アップを勝ち取ってくださいね^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ