普段のままの状態で査定してもらおう

久しぶりに我が家の愛車を乗ったのですが

汚い!

汚れすぎです。

 

車内は子供がいるので仕方ないのですが・・・

 

こんにちは~

 

洗車は夫との仕事と言われている査定バカです^^

 

洗車ついでに洗車と買取査定についてのお話をしようと思います。

 

他の買取査定サイトなどを見ていると洗車はしてもしなくても買取査定価格は変わらない。

室内もきれいに清掃しても買取査定価格は変わらない。

よって、洗車や室内清掃は労力の無駄だ。

と書いているサイトがほとんどですね。

はたして本当にそうなのか?

 

本当にそうです^^

 

これには理由があります。

買取専門店では買取査定をする車に対して点数で評価しています。

評価点というのですが、この評価点の基準は業者間のオートオークションでも採用されている基準なんですね。

外装ならば3点~5点などの点数で内装はAやBなどのアルファベットでの表記となります。

詳しくは、査定の価格決定基準とはという記事がありますので、そちらを見て下さいね。

 

この評価点によって、ある程度の買取査定価格の基準は決まってくるので評価点が変わらなければ買取査定価格の変わらない、プラスにならないということ。

(交渉によるプラスは別ですよ)

外装などはキズの有無や塗装の状態が重要で、キズを消すことができれば評価点は上がりますが、多くは板金塗装での修理となるので費用がかかりますよね。

その費用をかけた分だけ、またはそれ以上の買取査定価格のアップ分があることは通常はありません。

 

内装についても同じことが言えますね。

汚れはもちろん、穴や破れ、スレなども修理となればプロにお願いしないとダメですよね。

そうなると費用がかかるので、そのままの状態の方がいいということになりますね。

 

ただし、洗車や車内の清掃が無駄かといえばそうでもないことがあります。

汚れすぎている場合は全体的な印象が変わるので洗車や車内清掃はしておいた方がいいですね。

ペットの毛などは絶対に残さない方がいいです。

心当たりのある方はガムテープなどで徹底的にきれいにしましょう。

 

新車ではないので汚れている、傷んでいるのは当たり前のことですが何も手入れをしていないような状態は避けたいところです。

買取査定スタッフも人間ですから心証が良い方がいいですよね。

査定バカが買取をしていた頃は、汚いままよりも少しでもきれいにして査定に来られたら方が嬉しかったですしね^^

 

基本はありのままの状態でOK、でも汚すぎるのはNGですね。

普段から洗車や清掃はこま目にしておくことが重要^^

 

そうそう、最近多いのがナビについて。

1か月前に取り付けたばかりでもったいないので外したい、だけど買取査定価格がかなり下がると言われたのでどうしよう。

結論から言うとそのまま売却の方がいいです。

 

最近ではカーナビは装備されていて当たり前、むしろ装備されていない車の方が珍しいような状況ですよね。

このように付いていて当たり前の装備が純正はもちろん、社外品でも装備されていなければマイナス要素の方が強くなります。

10万円程度の買ったばかりのカーナビでも買取査定で評価される金額は1万から2万程度でしょう。

パーツの買取専門店や個人売買などで売却した方が3万4万と高いかもしれません。

 

ただ、外すとなるとプロに頼めば費用もかかりますし、カーナビがない場合の買取査定価格の差も大きいはずです。

車の買取専門店ではパーツの買取専門店のようにパーツごとに確かな査定価格を算出できるノウハウはありません、あくまでイメージと査定価格を決定する店長やスタッフが評価します。

 

つまり、装備されていて当たり前のカーナビがある場合とない場合を印象で買取査定価格に差をつけているといこと。

買取専門店、スタッフによって差はありますが「カーナビが無い場合は5万円変わります」なんて言われることも。

査定バカの知り合いの店長は実際に言ってました^^

 

とにかく、まずはそのままの状態で査定へGO!です^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ