車の売却で損をする時期、得をする時期

「車を手放すことを決めたらすぐに売ってしまうのが鉄則!」

 

車は時間経過と共に価値が落ちていく性質を持っているので、基本的な考え方は、上記で正解なのですが、実は車を売る(売却)するタイミングや時期によって買取価格の変動が大きくあるんです。

その理由が3つあります^^

 

理由に関して1つづつ詳しく説明していきますね!

 

決算による需要増

1つ目は決算時期です。

買取店や車関係の会社の決算の時期は3月と9月が多いと言われています。

そうすると3月と9月に売上げを上げたいと考えるのが普通です。

 

これは期末決算大処分をする家電量販店と同じですね。

決算前には少しでも売上を上げて株主に対して「これだけ黒字が出てますよ~」ということを提示したいんですね。

 

そうすることによって、株の値段も上がり会社にとって資金が増えることにつながるということです。

ですから、企業は必死になって3月と9月の売上を上げる為に頑張る訳です。

当然、買取店は車を買取らなければ、オークションへ出品する商品がありませんから車を少しでも多く仕入れたいわけですから、自然と薄利多売の考え方になっていくんですね♪

 

重要なのはここから!

 

仕入れ(買取)をした車は売れてこそ売上につながる訳ですから、売る為の時間が必要になります。

3月と9月に買った車は、その期のうちに売れるかどうか分かりません、特に後半だとその可能性が高くなります。

ですから、2月と8月の買取台数が売上げを上げる最後のチャンスということなんです。

 

なので、1月や7月に車を売ろうと考えている方は後1ヶ月待つだけで高く売れる可能性が出てきます。

すなわち、1月や7月に車を売却してしまうと、2月や8月に比べて需要が少ない訳ですから損をするということです。

 

最後に売上げを確保したいという2月や8月になれば、査定士も他に負ける訳にはいかないので、高めの買取額になってくるんですね。

 

でも、査定士さんは3月や9月ギリギリでも「決算月なので高く買い取れる時期です!」と当然のように言ってくるでしょう。

それは、実際には営業トークです。

既に決算に間に合う時期は過ぎているが、それを理由にして高い時期だと思わせて買取量を増やしたいのですね。

 

季節による価格変動

次に2つ目は季節にあった車を売るということです。

 

どう言うことなのかを説明しますと、車は乗る人に寄って使い道が当然変わってきます。

冬にスノーボードに行く人、夏に海水浴に行く人、レジャーには行かずに買い物で使う人。

 

例えば冬を例にとって説明しますと。

スノーボードに行く為に車を買い換える人は、シーズンである12月から4月に間に合わせるために、車を10月~12月頃に探す可能性が高いのです。

そうすると、スノーボードに行く時に便利な4WDなどの車は10月~12月頃に値段が上がる可能性が高くなります。

ですから、業者は9月~11月頃に4WDを買取りしたいので買取額が上がる可能性が出てくるということです。

 

オープンカーなどは、その逆が言えますね^^

夏に需要があるので、夏を越えて9月頃にオープンカーを売ろうとすると買取額がかなり低くなる可能性があります。

 

ちょっと時期が変わるだけで、買う側の意識も変わるので車の相場に変動が起きる。

当然のようですが、あまり意識されていない方が多いのではないでしょうか。

 

ここで、更に詳しく解説すると・・・

冒頭でもお話ししているように、車は時間と共に価格は落ち続けます。

時間と価格下落が比例しているんですね。

 

業者の立場となって考えてみて下さい。

夏を越えてから9月にオープンカーを買取してしまうとどうなるのか。

 

オークションへ出品して、その出品された車を買うのは小売店になります。

小売店は春頃~夏前まで需要が出るオープンカーをセリ落とすと9月~4月頃まで売れないので8ヶ月分の価格下落を覚悟しなければなりません。

ですので、その価格下落分を考えてセリ落とすことになります。

その価格下落分というのが査定の時に反映されてくるので通常よりも買取額が安くなるんですね!

何となく分かりましかね??

簡単に言うとこれから需要がなくなる車を高くは買い取ってくれないと言うことです。

 

締め日による買取意欲増

3つ目はショートスパンのお話です。

 

会社は月末締めがほとんどです。

みなさんが勤めている会社でも、締め日は月末が多いのではないでしょうか。

買取店でも1月1月売上を本部に報告することになります。

そして、当然どの会社にも毎月の買取額や買取台数の目標があります。

それは、営業マンにも目標がありますので、営業マン1人ひとりにとっても同じです。

 

少しでも多くの売上を報告したいので、店舗や会社によりますが月末には査定額が上がる可能性があります。

月初に売るより、月末に売るタイミングが来るようにすることが高い査定額を引き出す短期的なテクニックと言うことです。

 

数週間もしくは数日ならば我慢して、売却のタイミングをずらす方が高く売ることが可能になってきますね!

 

 

以上、3つの時期による変動のお話しをしてきましたが、いかがだったでしょうか。

  • 決算による需要増
  • 季節による価格変動
  • 締め日による買取意欲増

自分の持っている車の車種や特性を活かして、この3つの時期を意識するだけで、大きく買取額が変わる可能性がありますので、できる範囲で試してみましょう。

1円でも高く売れるように頑張ってみて下さい^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ