軽自動車の査定買取は軽専門店へ!が鉄則!?

こんにちは~査定バカです^^

 

 

ここ数年、エコカーブームや燃費ブームのおかげで軽自動車が売れてますね。

 

 

維持費が圧倒的に安い軽自動車が売れているとうのは世相も反映してて分かりやすいです。

 

 

このサイトを見てくれている方でも所有されている方は多いのではないでしょうか?

 

 

さて、今日のお話は

 

軽自動車の査定買取りは軽専門店へ査定依頼するのがいいのか?

 

というお話です。

 

 

結論からいいますと

 

是非、軽専門店へ査定に行ってください!

 

なぜか?

 

 

通常、買取専門店など買取り査定をするところは、業者間のオークションで実際に取り引きされている金額をベースに査定額を出しています。

 

 

自社の在庫車両として店頭で一般客向けに販売するわけではないので業者間のオークションなどで販売しすぐに現金化する必要があり、当然、業者間のオークションでの販売がメインとなるので売り先である業者間のオークションの落札相場が元になるわけなんですね。

 

車種にもよりますが、ディーラーなどの下取り金額と大幅な差があったりするのはこのためです。

 

 

この業者間のオークションで出品(売り)されるのはどのような方々でどのような車両か?

 

買取専門店で買取りされた車両
先ほど書きましたが現金化するため。(差額が利益となります)

 

ディーラーの下取り車両
自社メーカーで良質な車両は系列の中古車販売店で販売、それ以外は現金化。

 

中古車店の下取り車両
下取り車両をユーザー販売すれば利幅は大きくなりますが、お店のカラーと合わない場合や程度が良くない場合。

 

売れなかった在庫車両
別の項の車の売却で損をする時期、得をする時期でも説明しておりますが、時期によっては売れる車が変わり地域差もあるので在庫処分で別の車両を仕入れます。

 

他にも個人からの依頼で出品を代行している業者の方々などもおられますが大きく分けるとこんな感じです。

 

 

では、出品されている車両を落札(買う)される方々はどのような方でしょうか?

 

これはご想像の通り、ディーラー系大手・個人の中古車販売店輸出業者など。

 

この方々が落札された、つまり仕入れた車両は店頭に並べられ一般ユーザーへ販売されます。

 

 

買取専門店が60万円で仕入れた車両中古車販売店などは80万円前後で落札していたりするわけなんです。

 

この差額20万円は買取専門店の利益。

 

 

落札した80万円には消費税や手数料、店舗までの陸送費などもかかり90万円程度。

 

中古車販売店などは、一般ユーザーが買取り専門店などに60万円で売った車両を、80万前後で落札して、経費合わせて90万円程度で、仕入れをしているわけなんです!!

 

 

もうお分かりですよね?

 

オークション会場の利用目的が大きく違いますよね。

 

オークション会場は買取専門店にとっては車を売るところ。

 

買取専門店は業者間のオークション会場が主な販売先で、査定金額はオークション相場から自社の見込み利益を差し引いた金額が基準。

 

 

中古車販売店にとっては販売車両を仕入れるところ。

 

中古車販売店では自社の基準に合い、ユーザーに販売できる車両であればオークション会場で落札する金額が基準。

 

 

買取専門店にとっても中古車販売店にとっても、買取り査定に来た車両は仕入れとなりますが、販売先が大きく異なるんですね。

 

 

簡単に説明すると、軽自動車専門店の中古車流通は・・・2通り

 

 お客様が軽自動車を買取店で査定

売却

買取店はオークションへ出品

軽自動車専門店が落札

店頭で販売

 

これが一般的な流れで

 

 

お客様が軽自動車を軽自動車専門店で査定

売却

店頭で販売

 

 

これが軽自動車専門店に軽自動車を直接売った時の流れです。

 

 

 

買取店はオークションへ出品

軽自動車専門店が落札

 

が抜けているのが分かりますよね?

 

 

ここの流れが10万円~20万円の差を生み出してしまうんですよね。。。

 

ですから、軽自動車は軽自動車専門店へ売るべし!

 

それが最高額が最も付きやすいから^^

 

 

 

この差はでかい!

 

 

 

ですね^^

 

 

 

ちなみに実例をあげますと、

 

 

ある日のことです。

 

査定バカの懇意にしている、とある軽自動車専門店の店長のもとへ白い軽自動車が査定にきました。

 

その車を見た店長は一目見て思ったそうです「絶対に買う」と。

 

聞けばそのお客様は他店で査定して最高60万だったと。

 

 

希望売却額は74万!

 

 

次の車購入は決めているがオプション装着代を捻出のための希望金額らしい。

 

手放すのは納車日なので約1カ月後。

 

 

絶対に買う!と決めている店長は、即決での契約と、即車両の引き渡し条件に74万円を提示!

 

 

もちろんお客様はびっくりしながらも大喜びで即決したことは言うまでもありません。

 

 

店長曰く、

 

色が白だったのと程度が抜群なのがよかった。

 

人気車種なのだが新車時から緑メタばかりが売れたので市場も緑メタであふれていたため白が希少。

 

 

買取り店の査定額は参考にしている莫大なオークションの取引データでも白はヒットしにくく、緑メタを基準に5万程度のプラスでの提示だった。

 

 

経験上、白であればユーザーに売れること、程度が抜群なので最悪オークションでも80万以上で売れると判断。

 

査定に来た車両は走行距離から毎日は乗っていない、使っても買い物程度でキーにTOYOTAの鍵があったのでもう1台所有しているのは分かっていた。

 

なので即決契約と車両引き渡しは可能と判断した上での提示。

 

 

だそうです、さすがはプロですね。

 

 

軽自動車専門店で買取りをされている販売店を見つけたら一度、査定してもらってください。

 

まさか!の査定額の提示があるかもしれませんよ^^

 

 

ちなみに買取った白の軽自動車はどうなったのかというと・・・

 

買取ったその日の内に見込み客に連絡して一目惚れで契約成立、店頭に並ぶことなく数日後には納車したそうです^^

 

 

査定に来た瞬間から販売先を決めていたのですね。

 

 

さすが!のプロの仕事でした^^

 

軽自動車は軽専門店へ

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ