ハイブリッド車やエコカーは通常の車より高く売れる!?

こんにちは~

うちの経理担当がボヤいております。

 

また、ガソリンが高くなりやがった。

 

ガソリン値下げ隊は何処にいったんだ!

(懐かしいですね^^)

 

と。

 

怒れる経理がいる会社の査定バカです^^

 

 

本当にガソリンが高騰していますね。

冗談抜きでリッター200円超える日が来るかもです。

そろそろ燃費の良い車に乗らないとダメかもしれませんね。

 

燃費が良いと言えばハイブリッド車、エコカー。

その代名詞と言えばプリウス。

 

プリウスが買取査定において好調なことはお話させていただきましたね。

プリウスについての参考記事

 

エコカーVS一般車

ということで今回は燃費のいいハイブリッド車、エコカーについてのお話です^^

 

結論から言えば「高く売れる」ことは間違いありません。

ただ、今のところは。

です。

 

ここ数年は燃費の良い車であるハイブリッド車や電気自動車、一応エコカーの軽自動車などは新車市場でも人気で、中古車市場でももちろん人気です。

中古車市場でも人気であれば買取査定でも人気、つまり評価は良いということになりますよね。

 

このハイブリッド車などのエコカーの市場はいつ頃はじまったのでしょうか。

プリウスやインサイトが発売されたのは90年代なので、すでに10年以上は経っていますよね。

 

ちょうど地球温暖化が騒がれ、やれCo2削減!減らせ!減らせ!の大合唱がはじまったころです。

当時は原油価格も今の8分の1程度だったのでガソリンの店頭価格も今よりはずっと安かったので燃費の良い車には世間も注目はしていませんでしたね。

 

海外では日本と違い、環境意識が高かったこともあってそこそこ売れたようですが。

 

 

それが2000年代に入り、中国の経済成長などで一気に原油価格が高騰し、日本でもガソリン価格がどんどん上がって庶民の財布を直撃しました。

さすがに財布を直撃されるとできるだけ燃費の良い車や安さを求めるようになり、軽自動車や中古自動車が注目されて売れ始めたんですね。

 

そこで、メーカーは以前から開発していた次世代のハイブリッド車や電気自動車を市場に投入することとなるのは記憶に新しいところですね。

当然、次世代だけに世間を驚かせるほどの燃費の良さはもちろんのこと、実用性やデザインもよく前評判は上々でした。

一般車とハイブリッド車(エコカー)の価格差と燃費の関係も参考になりますので、読んでみて下さいね。

 

さらに、世間に買わせるための秘策が国の後押しによって実行されたんです。

そうです、補助金です^^

この補助金の効果は絶大で、数万円とかではなく、数十万円なので「買わなければを損する」とういう状況でしたね^^

 

 

新車だけでなく、中古車購入にも適用されたので、世間が車購入、乗り換えに走ったのはご承知のとおりです。

しかし、補助金が終了するとパタッと売れなくなりました。

 

ですが業界からの熱い声により、補助金が復活するとまたまた売れ始めたと。

 

 

何が言いたいかと言いますと

 

ハイブリッド車などのエコカー人気は補助金によって作られている側面があるということ。

本当の市場人気は補助金が終了してからですね^^

 

もちろんそれだけではなくてイメージもよくなってますし、外車に多いクリーンディーゼル車などは静かでパワー、燃費も申し分ありません。

レクサスやクラウンなどの高級車と言われる車種にもハイブリッドは設定されていますしね。

燃費もカタログ通りにはなりませんが良いのは事実。

十万キロ以上走行しないと価格差の元は取れませんが・・・。

 

 

電気自動車については何とも判断しにくいですね。

日産リーフなど補助金の額はすごいですが、買取査定においては??ですね。

 

ハイブリッドの良いところは充電しなくてもいいというのも利点なので。

電気自動車だと充電しないとダメですし、航続距離も短いので使用される方が限定的になりますよね。

まだまだ一般的なレベルで実用向きでないということですね。

 

これは査定バカの意見ですが、電気自動車はバッテリーをスタンド式の充電ではなく、あらかじめ充電されたバッテリーをいつでも交換できるカートリッジ式にできないとダメだと思いますね。

みなさんはどう思います?

 

 

おまけ

補助金は登録後1年以内に売却などすると、補助金は返さないとダメですので気をつけるようにね^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ