一般社団法人日本オートオークション協議会

一般社団法人日本オートオークション協議会は、1971年に中古車オークション事業者の有志たちによって発足した、常設型オートオークションです。

日本オートオークション協議会による国内初の常設オークション会場は、東京都墨田区押上にて誕生しました。

 

これが発足する前には、オートオークションといえば空き地やデパートの駐車場などを借りて開催する不定期なものだったんですね。

 


常設オークションを開設しよう、という声が高まった経緯としては、以前より開催されていたメーカー系のオークションなどでは、加盟会員は落札はできるものの出品することはできなかったので、中古車販売専門店などから不満の声が上がっていたことが上げられます。

 

中古車販売会社にとって、オークションに出品ができなければ店頭に展示して販売することぐらいしか中古車の処理方法がないため、特に下取り車両や不良在庫に関して扱い方に困り果てていました。

 

1971年より日本オートオークション協議会が開設されたことで、こうした問題が解消し中古車の流通がより滑らかになり、中古車販売店としても買い手側としても、お得で安心な売買ができるようになったというわけですね。

 

現在では日本オートオークション協議会は、走行メーター管理システムを開発して中古車業者間の情報網を作り出すことにより、不正な行為(走行距離の改ざん等)をする業者を排除することに成功しています。

 

不正な行為自体をさせる前に排除することで、オークションへ出品される車の品質向上にも役立っているようです。

 

健全なオークション運営をすることによって出品される車も増加したことにより中古車のデータが集まるようになったので、そのデータを管理することで個別検索システムも運用できるようにもなっています。

この個別検索システムは、販売店の店頭からインターネットを通じて走行距離の改ざんをチェックすることが出来るようになっています。

 

中古車に関する徹底したデータ管理を行なっており、走行距離に関する不正取引の防止などにも努めているようです。

こういった働きにより、不正は大きく減少することとなりました。

 

オークションの仕組みと問題点

オークションと言う言葉は、現在ではインターネットの普及により一般的になってきていますが、ここで言うオークションもそれと同じような仕組みになっています。

しかし、一般的なオークションとは違いオークションへ出品や落札に参加する為には会員になる必要があり、その会員になるには厳しい審査があります。

 

会員資格の審査は昔は厳しくはなかったのですが、現在では審査自体が厳しくなっているのに合わせ保証人や保証金が必要になっています。

逆に言うと、健全な運営をしている事業者のみ会員になることが出来るので、不正な行為をするような事業者は会員になることが出来ないので出品される車自体の品質が良くなり、私たち一般の人たちもオークションを通して流れてきた中古車を購入する時には品質の良い車を購入することが出来るようになるんですね。

 

すなわち、中古車屋さんの店頭にならぶ中古車自体が品質の良い物が揃うと言うことです。

例外として、店頭に並んでいる中古車がその中古車屋さんで仕入れられた(買取された)場合はオークション会場を通っていないので、品質の保証はありません。

 

ただし、オークション会場を通していると修復歴車ではないと言うことではないので誤解のないようにして下さいね。

あくまでも不正な行為をしている車をなくすと言うことですから、修復歴車がなくなるではなく、修復歴車はきちんとどの部分が修復されていて、どの程度の事故だったのかが明確に分かるようになったと言うことです。

 

オークションの問題点としては、オークションの会場によって修復歴車の判断が曖昧ということです。

例えば2つのオークション会場に別々に車を出した場合、片方では修復歴車と判断され、もう片方では修復歴なしと判断されるなどの差異が生じることがあるということです。

 

現在では、日本オートオークション協議会が出している修復歴判定マニュアルがありますが、まだまだ完璧とまではいかないのかも知れませんね。

このような判断の違いやエリアによる相場の違いを利用し、仕事にしていまっている人もいます。

詳しくはこちらのオートオークション会場ごとの相場の差を利用して稼ぐ業者のお話しの記事の中でお話ししています。

 

オークションの流れとしては、

各々の事業者が車輌を出品

出品車輌と出品リストを確認

各会場でホストコンピュータに入力

車輌検査員が車輌の内装や外装のチェック・修復歴の有無などを検査

競り

簡単には、このような流れになります。

 

こう言った健全なオークションがあることにより、私たちが購入する中古車が不正行為を受けることなく、適正な価格で市場に出回ることで安心して購入することが出来るようになっていますので、何ともありがたいことですね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ