出張査定での良くある売却契約トラブルについて

Q

出張査定についての売却契約トラブルについて教えて下さい。

車を売ろうと思いインターネットで一括査定をお願いしました。

その中で一番高く買い取ってくれる業者さんと売却契約を結びました。

 

売却契約をする時に「出張査定なので細かいところまで正確に見れていませんので、再査定した時に不備が見つかった場合は減額になります」と言われました。

そのまま契約はしたのですが、不安が残ります。

大丈夫なのでしょうか?

 

本当に再査定で減額とかあり得るのでしょうか?

 

A

こんにちは~

査定バカです^^

 

はじめての売却だったようですね。

「不備があれば減額となります」と言われれば不安になってしまうのも分かります。

 

簡単に申し上げますと、あなたの愛車に何も問題がなければ心配することはありません。

安心してくださいね^^

 逆に言うと自分でもここ不安だなという部分(表向きには気づかないような傷や修復跡)があれば、安心はできないですね。

 

再査定時の不備とはなに?

営業マンの言う再査定した時の不備とは何か?

主に契約書に記載されている車両の状態(傷や壊れ、走行距離など)と相違があった場合のことですね。

 

ベテランの方から、入社して数カ月の新人さんも当然ながら査定をしに来ますが、一般財団法人日本自動車査定協会の記事でもお話しした通り、残念ながら出張査定に来る買取専門店の営業マンは査定資格を持っている査定のプロではありません。(買取のプロ?)

 少しだけ査定の指導を受けている人材なので、完璧に査定ができているわけではないのです。

 

そこで契約書です。

契約書に記載されている車両状態には下記のようなことが記載、記入されているはずです。

 

年式と車種、色

査定士が相当バカか新人でだったとしても、ほぼ間違うことはほとんどないですね。

敢えて言うなら、気を付けたいのは色です。

夜に査定をした場合、濃紺が黒に見えてしまったりするので、営業マンが間違っていないかチェックしましょう。

 

グレード

稀に間違っていることもあります。(査定士が相当のバカであったり、新人の場合ですが・・・)

買取査定額が変わるので購入時の契約書などで再確認しておくこと。

正しいグレードが下のグレードだと減額です。

何だかこんな場合は、買取業者のミスなので向こうで負担して欲しいのもだが・・

 

走行距離

メーター交換歴やエンジン載せ換えなどがあれば事前に申告しておくこと。

後から発覚すれば大幅な減額ですし、ヘタすればキャンセルです。

 

現在では、一般社団法人日本オートオークション協議会で走行メーター管理システムがあるので、メーター改ざんはすぐに分かるようになっています。

 

修復歴の有無

事故車や修復歴有り無しの判断基準でお話ししている通り、事故歴や修理歴があるから修復歴ありとは限りませんが思いあたることがあるならば申告しておくこと。

後から発覚すれば減額してくる可能性大。

例え修復歴車でなくとも事故車には、それなりの減額がありますからね。

 

自動車売買契約書

※画像は自動車売買契約書の一部サンプルです。

 

多くの買取専門店ではこの状態、内容を記載している契約書となっていて、1次査定と2次査定で相違があれば減額や返金、契約のキャンセルとなることでしょう。

 

この状態と相違が無いかを買取後にも独自に調べるわけなのですが、買取車両の多くは業者間のオートオークションへ出品するのでオートオークション会場での検査結果によって発覚することもよくあります。

 

発覚すると場合によっては大変なことになることも。

グレード違いだと車種や年式にもよりますが、高級車だと数十万減額なんてことになることもあり得ます。

 

走行距離は過去の交換歴が記録簿などに記載があれば実走行の把握も可能ですが、走行不明車両となると・・・最悪の場合は買取キャンセルと掛かった費用の請求なんてことになるケースもあります。

 

前述したように、最近は業界を上げて(主に一般社団法人日本オートオークション協議会などが中心となり)走行距離の改ざん撲滅に取り組んでおり、発覚した場合はどこで走行距離が改ざんされたか追求、追跡されるので買取拒否が増えてきているようです。

信頼のおける中古車販売店で購入したのなら大丈夫でしょうが、ネットなどの個人売買で中古車購入した場合などは前オーナーのことなど分からないのが現実なので大変なことになるかも!ですね。

 

ネット上などでもトラブル事例として聞くことの多い、修復歴の発覚。

これが本当に多いんで困ったものです。

買取る側のプロ意識はいずこへ?とツッコミたいところですけど・・・。

発覚した場合は15万から30万程度の減額を覚悟した方がいいですね。

思いあたることがあるのならば正直に申告しておくことですね。

ネットオークションで車の個人売買をする時の注意点も参考にしてみて下さい。

 

ちなみに悪質な買取専門店や営業マンなどは修復歴でない買取査定価格を提示して買取、契約締結後に修復歴の発覚のため減額などと不届きな輩もいますので注意。

 業者選びには慎重さも必要になります。

 

買取を依頼している側からすれば、あなたたちはプロなんだから間違ってたので減額するはないでしょう というのが本音ですが。。。

ただ、契約書には「上記の内容で相違ありません」と署名、捺印をしているわけで・・・

 

後々のトラブル防止のためにも複数の買取専門店などでの査定をしておくことですね。

複数の買取店で査定をしてもらっていると、買取店の修復歴があるという嘘も見ぬくことが出来ますし、事前に修復歴があるということも自分で把握することが出来ますからね^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ