シーズンによって査定価格の差は出てくるものなのでしょうか?

シーズンによる査定価格の差

Q

春に車を売る時は夏に活躍するオープンカーやワゴンが高くなったり、秋に車を売る時には冬に活躍する4WD車が高くなったりなど、シーズンによって価格の差は出てくるものなのでしょうか?

 

シーズンや時期によって、査定価格に大きな差って本当に出てくるものなの?

 

A

こんにちは~

査定バカです^^

 

今日も質問に答えていきますね!!

 

さっそく ↓↓↓

はい、本当です。

 

シーズンや時期によっては、車種にもよりますがかなりの差が出てきます。

人気車種高年式高価格な車種ほど、その影響は大きい傾向にありますね。

 

昨今のキャンプ、バーベキューブームによってミニバンなどのワゴン車は行楽シーズンはすごいことになってます。

また、4WD車はスキーブームの頃はとんでもない相場でしたが、冬のシーズン前は安定して高値の傾向がありますね。

 

クロカン系であれば、海外で人気があり輸出向きの車種は1年通して安定しているという特徴も。

 

買取り店からすればそういったシーズンは、人気と需要があり、売れることは分かっているわけなので当然、無理をしてでも買取りしようとします。

 

また、買取り店は買取りした車両の多くを業者間のオークションへ出品するわけですが、そこには大多数のバイヤーがおり、各バイヤーは店頭在庫向きの車両、自身の顧客からの注文車両などを吟味して仕入れるわけです。

オークションとはどんなものなのかは、極秘潜入レポ★秘★オートオークション会場の真実で色々と暴露していますので、参考にしてみて下さい。

 

バイヤーも売れることが分かっているのでバイヤー間で激しい競り合いが行われ、少々の無理をしてでも仕入れるため、競り落とされる価格相場も上がるわけですね。

 

人気車種で人気カラーであればあるほど、走行距離などの程度が良ければ良いほど高額査定になるのは当たり前なのですが、こういったシーズン(季節)的な時期は全体的に期待できる買取り査定に適した時期、シーズンとも言えます。

 

例えば、人気車種は更なる高額査定により高値で取引きされるわけですが、高値で取引されるということはエンドユーザーへ渡る店頭価格も高くなるということです。

そうなると、予算的に購入を見送る方々がいるわけですね。

 

そういった方々は同車種で不人気カラーや装備の有無、ワンランク下のグレード、同ランクの不人気車種へと流れるわけです。

 

つまり、通常の時期よりも不人気車種などの需要も増すと言うこと。

なので全体的に相場が良く(高く)なるわけですね。

 

シーズン(季節)的な時期以外にも高額査定、買取り店の査定額や下取り価格が上がる時期があります。

 

それが決算月です。

 

当然、相手は会社なので数値目標があり、大手になればなるほど必ず達成しなければならない目標となります。

査定価格アップにつながる売却タイミングでも月別にお話しをしていますが、概ね2・3月、8・9月あたりが狙い目になるでしょう。

 

決算期末ギリギリではお店にとっては月内の売却が難しく、売り上げや利益にはならないので中頃までには契約を結ぶ段取りだとプラス査定が見込めます。

 

ただ、営業マンはこの決算時期も営業の武器として使って来ますので、決算期末であっても「今なら決算月なので高く買い取りますよ~」とは言って売却を迫りますが、これは大体査定金額は通常と同じであってもこの言葉を出して来ますので注意して下さいね。

営業マンに騙されないように!!

 

さて、売って良い時期を説明しましたが、困ったことに売ってはいけない時期、少し様子を見た方がいい時期もあるんです。

 

発売後、数年経過するとどの車種もモデルチェンジの時期がきます。

少しだけ変更のマイナーチェンジ、完全に変わるフルモデルチェンジです。

 

モデルチェンジがメーカーから公表されているような時期であれば、相場が下がることはあっても上がることは期待できません。

ましてや、モデルチェンジ後(発売)になると大幅に値は下がります。

新型の人気に関係なく下がります。

いや、人気があればあるだけ値下がりは激しくなるでしょう。

 

また、マイナーチェンジでもセルシオなどのようにフロントマスクなどデザイン的にも大幅な変更があった場合も同じく大幅に下がりますね。

発売後は6か月から1年程度で新型の人気が落ち着くので、発売後はマイナーチェンジ、フルモデルチェンジ時期は半年程度は時期を外してからの売却がオススメですね。

 

では、最後に特殊な例ですが異様な相場をする車種が存在します。

 

ドラマや漫画などでブームとなる車両です。

 

有名なところでは昭和の車ですがトヨタのAE86と呼ばれるレビン/トレノ(現行の86ではありません)ですね。

 

元々は走り屋と呼ばれている方には人気があり、相場も良かった車種でしたが、漫画が火付け役となり一気に相場が上がりました。

物によっては新車時よりも高いほどです。

 

自分の乗っている車の相場などは売る売らないは別にして、暇な時にはチェックして見てください。

ある日、突然に爆上げしているましれませんよ^^

 

まとめると、売りたいと思ってから、その車が一番高く売れるであろう時期を見計らって売るのがベストで、次に値段の吊り上げとして決算時期などを狙う手がありますので、その辺りを上手く使って高く売ってみて下さいね^^

 

ちなみに、もっと詳しく1円でも高く車を売りたいと思っているのでしたら、以前に書いているこちらの車の売却で損をする時期、得をする時期も読んでみて下さいねっ!

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ