車買取のガリバーで瑕疵担保責任の保険に加入

Q

車買取のガリバーで査定後に売却を決めてから、瑕疵担保責任の保険に加入しておくというのは納得が行かないのですが・・・

こういったたぐいの保険は今では当たり前なのでしょうか?

車を売るのは初めてなので判断のしようがありませんので、教えていただけると助かります。

 

A

こんにちは~

ご質問ありがとうございます^^

 

ガリバーさんで売却が決まったようでおめでとうございます^^

瑕疵担保責任の保険ということはクレームガードといわれるもののことですね。

 

業界では画期的な非常識^^と言われています。

 

質問者さんはご存じのようですが、ご存じでない方のために瑕疵担保責任について説明しますね。

 

ここで言われる瑕疵担保責任とは民法第570条が定める「売主の瑕疵担保責任」のことですが、車の売買に言い換えるとこうなります。

車などの売買契約を行った際、売主から買主へその車が引き渡しを終了した後に、引き渡しをした際には気が付かなかった、知り得なかった損傷や欠陥などの瑕疵がある場合、買主に対して売主が責任を負う事を言います。

要は、買った時に分からなかった価値を落とすようなマイナス要因がある場合は、売った人が責任を取りましょうという事です。

 

例えば、中古車販売店で中古の車を購入したのだが、買った時には気が付くことが出来なかったトラブルがエンジン内に存在し、購入をした人が直さないと乗れない状態の場合は、修理にかかった費用等を販売店に対して過失があるかどうかに関わらず、損害賠償請求することが出来て、直したとしてもまともに車が動かない時や安全に乗る事が無理な場合は、契約自体を解除出来るという事です。

 

以下、民法を分かりやすく査定バカが書きなおしたものです^^

この様な契約自体の解除や、損害賠償請求などの瑕疵担保責任に関して、民法では、売り買いした物自体に隠れた瑕疵がある場合は、買った人が瑕疵がある事を知らずに契約をした目的自体が達成出来ない時には、契約自体を解除することが出来き、契約自体が解除出来ない場合は、損害賠償請求のみ出来ると規定しています。

(民法570条・566条1項)

超簡単に言うと、売ったものには責任持ってね。ということ。

 

瑕疵になるのかの判断は、その目的物に対して常識的に考えられる機能があるのかどうか、契約の目的が達する事が出来るかどうかです。

隠れた瑕疵と言うのは、買い受けた時に常識的に考えて見つける事が困難な損傷や欠陥ということです。

また、この瑕疵担保責任を履行するには、買主が瑕疵の事を知り得た時から1年以内でなければなりません。

(同法570条・566条3項)

 

売主は質問者さんやユーザーである私たちになり、買主はガリバーなどの買取専門店ですね。

上記から判断すると売り主である私たちは、責任を負う必要がありそうですね。

ただ、注意しておきたいことがります。

 

買主であるガリバーや買取専門店は事業者なんですよね。

そして売り主である私たちは事業者ではなく、消費者なんですよ。

ということは、消費者契約法が適用出来るはずなので、事業者である買主が売り主である消費者に瑕疵担保責任を求めることは難しいのではないか?

と査定バカは思うのです。

 

ガリバーというのは買取専門店では最大手です。

査定を担当するスタッフすべてが熟練した査定士ではなく、経験の浅いスタッフであり、そもそも査定のプロではなく、買取のプロです。

1日に数百台は査定して買取しているので、買取後の修復歴の発覚や走行メーターの改ざん、修理を要するような故障の見逃しなどが多かったのでしょう。

 

また、スタッフの入れ替わりも激しいようなので、査定のレベルアップも追いつかず、瑕疵担保責任を利用して、リスクを回避することを考えたのではないでしょうか?

自分たちで一度査定と称して現車確認しているにも関わらず、その責任を消費者に押し付けるのは、商売するものとして、プロとしていかがなものか?と思うわけですが・・・

 

消費者契約法に沿った民法の改正が議論されているようなので、近い将来、車売却など事業者が買主、売主が消費者の買取に関する何らかの法律ができるかもしれませんね。

いや、できて欲しいですね。

 

質問者さんへの回答としては、納得しなければ加入しなくて良いのではないでしょうか?

ただ、何か問題があった場合は必ず請求してきます。

面倒であれば加入しておくべきですね。

新車から乗っていて絶対に問題はないはずと確信を持てるのであれば、加入する必要性は全くないとは思います。

 

あと、他社で買取査定はされましたか?

ガリバーで保険加入後の買取金額の手取りと、他社の買取査定価格の手取りを比べてください。

ガリバーの方が高い場合はガリバーで契約するもよし、他社へ最後の交渉をして契約するもよし、ですね^^

 

選択肢はいくつかありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ