高級感のある内装はプラス査定!

輸入車の勢いが止まりません^^

2013年絶好調の勢いのままで1月も絶好調のようです。

TVでは小型輸入車のCMを見る機会も多いですよね。

 

欧州のメーカーはEUの燃費規制があって、これが世界一厳しい。

この規制をクリアできないと販売1台あたりに高額課税のペナルティという過酷なことが。

なので燃費のいい小型車を販売して、燃費規制をクリアしなければならないという事情があるんですね。

なので各社とも「プレミアムコンパクトカー」として力を入れているわけです。

 

  • ブランド力
  • デザインが個性的
  • 燃費がいい
  • 高級感がある
  • 価格も高くない
  • 故障が少ない(以前より)

国産の小型車との価格差を埋める魅力があるということでしょうね^^

 

こんにちは~

小型輸入車ならMINIが気になる査定バカです^^

 

今回は高級感についてのお話。

高級感と言ってもブランド力や外観のデザインではなく、主に内装について。

今さら言うまでもありませんが高級感のある内装はプラス評価です。

同一車種での話ですよ。

 

内装で変わる査定価格

簡単に説明すると革シートと布シートであれば革シートの方がプラス評価されるので、高い買取査定価格になるということ。

プラス評価される内装は革シートだけでなく色々ありますし、その他の装備とセットになった場合の評価で買取査定価格が大幅に変わってきたりします。

BMWの○○パッケージやレクサスの○○パッケージなどですね。

 

では、それぞれの装備について査定バカの見解を。

 

革シート

高級感の王道ですね^^

色は何でもいいわけではなく、グレーよりはベージュ、ベージュよりは黒ですかね。

特別色でホワイトレザーの車種は希少性もあって評価は◎。

スポーツカーでは赤レザーも。

純正ではなく、外注のレザー張りも奇抜な色でない限りはプラス評価です。

 

シートだけでなくドアの内張りなど、トータル的に張り替えていればさらにプラス評価。

本物の革ではなく、ビニールレザーでも最近は評価される傾向にあるようです。

シートカバーでもオーダーの見た目では、カバーと分からないカバーとドアの内張りなどトータル的であることが好まれるようですが。

物が良いシートカバーでキレイであれば少しはプラスしてくれるかも^^

一般的な革ではなく、アルカンターラなども純正、外注関係なくプラス評価はされていますね。

 

ステアリング、シフトノブ

単体よりは革シートとトータルである方がいいですね。

ステアリングは革巻きウッドが根強い人気なのでプラス評価を期待してもいいでしょう。

※革関係は擦れていないことが重要。

 

マルチなどのAVシステム

ナビなどは、カーナビは付いているだけではプラス査定にはならずで言っているように標準で装備されていて当たり前なのでプラス評価ではありません。

今ではマルチシステム+バックモニター後部座席モニターの装備もプラス評価の要素ですね。

また、オーディオ関係の高額なオプションなどもプラス評価です。

高級感というよりは贅沢感でしょうか^^

ただ、装備されていない車と装備されている車を見比べた場合、見た目の高級感は全然違うので。

※古い話ですが、査定バカが現役の頃のセルシオやシーマ、ベンツ、BMWなどの高級車は重要な要素でした。

セルシオは革シート、マルチ、サンルーフが絶対条件と言ってもいいくらいの評価で、布シートで何もナシだと、ただのでっかいセダンでした。

また、シーマ(Y33系)は革シート、マルチ、サンルーフが3つとも装備されている車両が少なく、装備されていればかなりの高評価となってましたね。

 

ウッドパネルやカーボンパネル

残念ながら大幅なプラス評価とはなりませんが、装備されていない車両よりはプラス評価程度。

カーボンは本物であれば良し。

 

キャプテンシート

乗車定員人数が査定額に与える影響でも書いてますが重要なんです。

セレナが人気の理由の要素であもありますし、アルファードなどが法人車として売れているのもゆったりできるキャプテンシートが理由です。

 

その他にもインテリジェントキーなど装備は色々とありますが、高級感でプラス評価となるのに大切なことはトータル的なことですね。

それぞれの装備は、装備されていない車両と比べるとプラス評価であることは間違いありません。

ただ、まとめて装備されているほうが単体ごとの評価よりも上ということ。

 

Y33シーマで説明しましょう(古くてすみません)

何にも装備されていないシーマが100万と仮定(今はそんなにしませんね、0円かも)

マルチだけ装備されているシーマが110万。

サンルーフだけ装備されているシーマが110万。

革シートだけ装備されているシーマが110万。

それぞれの差を足すと30万ですよね。

3つとも装備されているシーマが130万になるのかといえばそうではなく、140万、150万となってしまうんですね。

 

買取専門店の査定価格では、個別に評価しているわけではなく、あくまで全体的な評価なんです。

フルオプションで装備した内装だけでなく、外装にも同じことが言えるのでドレスアップしている方は言いくるめられないように^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ