今までの使用目的(用途)によっても査定額が変わる

ワゴンRがマイナーチェンジしました。

メーカー的には大規模なマイナーチェンジだそうで。

ただ、一部で噂のあった軽自動車初のハイブリッド車ではなく業界内では拍子抜けの声も^^

 

それでも「S-エネチャージ」搭載で話題にはなっているようです。

(スズキの省エネ技術であるエネチャージの進化版がS-エネチャージ)

これがなんと!

燃費はJC08モードで32.4km/L!!

 

もちろんエコカー減税対象。

しかも販売価格は従来モデルと変わらない価格のようで。

これは買い物車として最強かも?

 

こんにちは~

軽のディーゼルはまだなのか?と気になっている査定バカです^^

 

スズキもダイハツのタントやホンダのN系に抜かれ続け、王座陥落したままなので焦っているのでしょうね。

まだ実燃費はわかりませんが、消費者がカタログ燃費で判断されて売れているのが現状なので

ワゴンR=最強燃費=S-エネチャージのイメージに。

 

そうなると様々な車種に搭載されてスズキの車=燃費抜群になると。

そして買ってから気づく・・・

そんなに良くないなと(笑)

 

使用目的によっては、かなり燃費が変わるので評価が分かれるのは仕方ない話なんですけどね。

詳しい話は別の機会で^^

 

使用目的で評価が変わる

さて、使用目的と言えば、最近は車の使用目的によって自動車保険の保険料が変わってくるのはご存知ですか?

(外資系やネット保険が流行り始めたことで各損保会社が独自色を出すようになったのが大きい)

ついでと言っては何ですが、自動車保険だけではなく、買取査定などの評価も変わってくることをご存知ですか?

 

車の使用目的なんて人それぞれですよね。

大きく分けると

  • 仕事などでの業務使用
  • 通勤や通学のみでの使用
  • 買い物などの日常的な使用
  • 趣味やレジャーで休日のみの使用

あたりではないでしょうか。

 

それが何故、買取査定に影響するのかというと

仕事などでの業務使用の場合

ディーラーの営業マンのようにマイカーを営業車両として使用している方も多いと思います。

この場合、他の使用目的よりも圧倒的に走行距離が多くなりますよね。

1年間で1万kmを超えるのはもちろんのことで3万kmや5万km超えなんてことも。

走行距離が査定額にどれほど影響を与えるのかでもお話しをしていますが、走行距離は修復歴とともに買取査定における重要なポイントなので影響は大。

 

また、都会、街中での使用だと必然的に発進と停止が多くなります。

そうなると各部の消耗、損傷が激しくなるのでメンテナンスを怠ると車そのものの質、程度が悪くなりがち。

当然、買取査定にも影響がありますね。

 

ちなみに使用目的による保険料は高くなります。

 

通勤や通学のみでの使用の場合

遠方の場合だと走行距離が多くなるので買取査定への影響は大ですが、年間1万km前後であれば影響はほとんどありません。

毎日、高速道路や有料道路などを利用して(渋滞は別)いるならばエンジンの調子はいいかも^^

 

保険会社の統計によると、通勤、通学途中での事故リスクが高いというデータがあります。

事故なんてことになると修復歴となるかもしれませんので、くれぐれも事故には気をつけるように。

 

使用目的による保険料は業務使用の次に高い。

 

買い物などの日常的な使用の場合

最近はどこの街にも大規模な郊外型スーパーができ、車を利用しての買い物が当たり前となってきました。

買い物使用でありながら、走行距離は延びている車両が多くなってきているとのデータもあります。

 

ただ、基本値である年間走行距離1万kmを大幅に超えることは少ないと思いますので、走行距離での影響は気にすることはないでしょう。

気にしていただきたいのは、車そのものの質、程度。

 

業務使用でも述べましたが、奥様の買い物使用だとどうしても発進と停止が多くなります。

それが軽自動車だと普通車と比べた場合、高回転でエンジンを回すことになるので消耗や損傷などが激しくなり、程度が悪くなる原因になることも。

日頃のメンテナンス、特にエンジンオイルの交換はマメにしておくように。

 

使用目的による保険料は安い(走行距離が多くなると別なので注意)

 

趣味やレジャーで休日のみの使用

休日のみの使用であれば、遠方へ出かけたとしても走行距離はそんなに伸びませんね。

気をつけたいのは使い方です。

 

最近は装着している車が減りましたが、ルーフキャリアです。

後付ルーフキャリアはマイナス査定でも言っている通り、意外とキズがつくなどのマイナス要素が多いので気をつけるように。

モノによってはプラスになることもありますが^^

 

キャンプやバーベキューへ出かける場合などは、たくさんの荷物を積みますよね。

ミニバンやステーションワゴン系だと、荷物の積み下ろしの際にリアバンパーにキズをつけることが多いので注意。

 

サーキット走行など競技などに使用する車両は改造していればマイナスの覚悟が必要。

ただし、専門店であればプラスな評価もあるので専門店へGO^^

詳しくはこちらの記事を参考に、スポーツカーなどでかなり改造をしている車でも高く買い取ってもらえる?

 

使用目的による保険料は週1の使用と言うことで安くなります^^

 

あんまり書くと「乗るな」と言っているようで気が引けてきたのでこの辺で。

必要となる目的があって車を買うわけなので、使用するのは大いに結構と思ってます^^

 

いずれは手放すことになる愛車なので、日頃の心掛けで数年後の愛車の評価が変わってくることは覚えておいてくださいね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ