軽自動車はボディーカラーによる価格差が小さい

こんにちは~

昨日の夜に友人から電話があり相談を受けました。

嫁さん用の車を買うのだが何がいいかな?

 

買い物とちびっこ達の送り迎えだけなので軽自動車でいいと。

 

私はプロらしく一言でアドバイスをしましたよ。

適当に好きなの買え!

と^^

 

友人から頼られたりもする査定バカです^^

 

 

最近の流行りなのか、軽自動車を選択肢に入れる方は確実に増えてますよね。

査定バカが免許を取ったころとは大違いです^^

 

そんな流行りの軽自動車ですが、買取査定においても軽自動車は評価が良く、実際の査定価格や下取り価格も高いようです。

 

新車市場でも中古車市場でも人気なので当然と言えば当然ですけどね^^

 

 

ちなみに軽自動車は普通車と違って色での査定価格差は少ないです。

 

元々の新車価格が比較的安いことも理由の一つなんですけど、面白いことに普通車ならば不人気色といえる色でも軽自動車の場合は売れるんですよね。

 

 

軽自動車で長らく人気を誇ってきたのが、みなさんもご存じのスズキのワゴンRとダイハツのムーブです。

ムーブは置いといて、このワゴンRが発売された時は衝撃的だったことを覚えてます。

 

平成5年くらいだったと記憶してますが、それまでの軽自動車といえばミラやアルトなどのいかにもな軽自動車、他には軽バン(1BOXタイプ)軽トラなどしかなく

ホンダのビートやスズキのカプチーノなど個性的な軽自動車はあったものの一部のマニア向けともいえる車でした。

 

そんな中、広く一般層にもうける車が誕生!

 

その車のデザインはこれまでになかったヘンテコなデザインだったんですが、これがうけました^^

 

大人気の大ヒットです。

 

ポイントとしては

  • デザインの良さ(男性がカッコいいと思えるデザイン)
  • 車内の広さ(背を高くして、足元や頭の辺りが広くなり解放感アップ)
  • 使い勝手の良さ(これまでの商用バンの軽自動車とは違って背が高いながらも乗用車よりも楽な乗降が可能)

 

新車は増産に次ぐ増産でも間に合わないほどで、勢いそのままにカーオブザイヤーまで受賞し、老若男女問わず売れたんですね。

ワゴンRが大ヒットしたもんだから他のメーカーも似たようなコンセプトで新型(ムーブなど)を出すわ、売るわのラッシュでした^^

 

世の中は「軽っていいじゃん」状態です^^

 

 

平成25年の今に続く軽自動車のデザイン(形)の原型はワゴンRから始まったと査定バカは断言します^^

 

 

軽自動車市場に革命と旋風を巻き起こしたワゴンR発売から数年たった平成10年秋、またまた軽自動車市場に革命が起こります。

今の若い方はご存じないと思いますが、なんと軽自動車の規格改定があり、ボディがでかくなったんです。

 

現在では当たり前の大きさですが、当時の小さく狭い車内を知っている世代からすれば待ちに待った大きさで、またまた「軽っていいじゃん!」の世の中に。

当然、大きく作れるのでデザインの幅が広がったこと、車内も更に広くなり、マーチなどの1000cc~1300ccクラスの小型車とも真向勝負できるようになったんですね。

 

こうなると小型車よりも軽自動車、普通車よりも軽自動車と考える人が増えていくのは当たり前ですよね。

維持費は安いし、登録時の車庫証明などの煩わしさもないですしね。

 

新車市場でも中古車市場でも軽自動車は勝手に売れる、売れたということです。

中古車市場で売れていれば買取査定や下取り査定にもいい影響があるのは分かりますよね?

 

 

ちょっと脱線しましたね、色の話に戻ります^^

ワゴンR

当時の画像を見てもらえれば分かるように、当時のワゴンRも含めて軽自動車は一部のモデルを除いて白色だと商用のバンっぽく見えて何となく安っぽい感じがしたんですね。

なので新車でも中古車でも白以外の色つきの方が売れていたと思います。

緑メタリックのワゴンRをよく見かけた記憶が。。。

 

実車の大きさも普通車と比べて小さいので色がついている方が映える、女性目線で言うカワイイということもあるでしょうね。

 

軽自動車でも1番人気は黒なのは間違いありませんが、他の車種や普通車では不人気とされるその他の色でも市場では「売れる」ので大きな差はないということですね。

 

あくまで大きな差ですよ^^

 

 

冒頭での友人ですが、一緒に見に行くことになってしまいました^^

ビアガーデン1回で^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ