屋内ガレージでの保管はどこまで評価される?

実家のガレージに待望の屋根が付きました。

父上曰く、車は大切にしなければいかん!

ということらしいです。

どうやら家族のためではなく、本当に欲しい車を買うようです。

 

ちなみに車種は納車まで秘密らしい^^

 

こんにちは~

車バカな父を持つ査定バカです^^

 

ということで屋根付き車庫などの屋内で保管されている車について話したいと思います。

 

屋内保管の評価

屋内保管されている車両と屋外で野ざらしになっている車両は違うのか?

みなさんご存じの通り、その違いは明らかですよね。

見た目の状態からして変わってきますからね。

 

では、買取査定でも評価は違ってくるのか?

はい、もちろん買取査定における評価も違います。

 

外装(塗装)

具体的にどのような違いがあるかというと

例えば塗装状態、ディーラーのショールームで見たことのある新車を思い出してください。

極端ですがあの時の状態が保てるということです。

まず、直射日光を浴び続けていると塗装がやけてくるので色あせしてきます。

赤色の車などは多いですね、ピンクのようになっている屋根やオレンジっぽくなっているのを見かけたことありませんか?

あれが色あせです。

 

また、雨の跡によるスポットができていたりも。

磨きのプロは塗装を一枚剥ぐような磨きなので戻る場合もあります。

しかし、手間ですし、プロが磨くのでコストがかかりますよね。

当然、評価としてはマイナスですね。

 

雨ざらしだと酸性雨の影響なのか、長い年月が経つとハゲてきたりしますよね。

メタリック車などでボンネットや屋根によく見られますね。

海沿いであれば塩の影響も大きいですが、これは再塗装が必要ですよね。

当然、マイナスの評価です。

 

絶対にあるのが鉄粉、みなさんの車もチェックしてみてください。

どんなに手入れをしていても屋外保管であれば付着していますので。

※チェックするにはタバコやお菓子などの箱に覆っているセロハンを指にはめてボディを撫でてください、かなりザラザラするはずです。

これは、中古車販売店が商品車として販売する場合には、必ず商品車としての仕上げをしますよね。

その時に鉄粉が付着したままだと仕上がり具合が悪くなるんです。

ガラスコーティングする場合などは、必ず鉄粉除去をするのも同じ理由ですね。

これも程度によりますがマイナス評価です。

 

 外装(ライト類)

次にライト類、特に多いのがヘッドライト。

酷い状態だと真っ白にくもっているのも見かけます、ここまでなると車検も通らないですね。

塗装状態が良くても、見た目の印象が悪く、コストもかかるのでマイナス評価です。

 

 外装(ゴム類)

タイヤやワイパーなどのゴム類。

ゴム類は屋外だと傷むのが驚くほど早いですね。

タイヤは溝があってもヒビ割れしているとタイヤとしての性能は発揮できませんし、車検でもアウトです。

パッキン類は硬くなってくるので割れやすくなってます、なので割れているのをよく見かけましたね。

ワイパーはアームやブレードに塗装ハゲがあり錆びているのをよく見かけました。

ワイパーゴムは切れていることが多く、思いあたる人もいるのではないでしょうか?

ゴム類は、交換が必要であればマイナス評価ですね。

 

内装(ダッシュボード)

さて、大きいのが内装。

特に多いのがダッシュボードの浮き。

車種によっては浮きやすいのがあるので注意が必要です。

修正が可能であればマシなほうで、交換が必要となるとビックリするほど大きなマイナスです。

 

内装(シート)

次にシート。

陽の当たる箇所だけが色あせしていたりすることもあります。

最近は減りましたが、年配の方が乗られていた車両などはレースのシートカバー(それも半分)の跡がクッキリと焼け跡になっていたりしました。

最近はリペアできるようですが、コストがかかることには変わりはないのでマイナス評価です。

 

屋内保管者は中古車の極上車

色々とマイナス評価を書いていますが、屋内保管であれば上記のマイナスが免除されとわけではありません。(当たり前ですね^^)

屋内保管車であれば、上記のような症状が見られないことが多く、新車に近い状態、またはそれ以上の状態もあるということ。

中古車でいうところの「極上車」ですね。

 

業者間のオートオークションの評価でいえば、外装5点A 内装A などの評価です。

査定額に関わる加点・減点の基準の記事を参考にしてみて下さいね。

よって、買取査定価格も通常のきれいな車両よりもプラスされやすい、他社とも買取査定価格の勝負もしてくるということです。

 

もちろん、屋内保管でも傷んでいればマイナスですよ^^

 

ちなみに、現在では駐車場の屋根にも太陽光発電をつけて電気を発電させているケースも多くなってきているので、この機会に駐車場に屋根を付けてみても良いのでは?

戸建の方限定ですが^^

駐車場屋根太陽光発電

こんな感じですね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ