離婚後の財産分与計算における査定額に付いてのトラブル

査定バカのサイトの読者から一風変わった相談が来ましたので掲載したいと思います。

ただ、査定とはあまり関係ない部分も多いので、査定バカファンの方のみ読んでみて下さい^^(ファンいるかな?)

 

内容としては、離婚後の財産分与計算における査定額に付いてのトラブルです。

査定バカも半ば感情が入ってしまっている部分もありますが・・・

 

なすおさんの相談内容

差出人: なすお

題名: 査定の資格について

 

メッセージ内容:

お世話になります。

査定の知識や体験談、文章もスッと入ってくるようで非常に読みやすく、とても楽しく読ませていただきました。

 

さて早速ですが、一つご相談させて下さい。

といってもとても恥ずかしい内容なのですが…

 

現在こちらから嫁に対して離婚の申し立てをし、調停を行っております。

理由は金銭の浪費です。

(結婚前に貯めていた貯金2300万円を預けていたら、1年半後に残金5万円になっていました…)

 

使われてしまったものは取り返せないようなので、現在は財産分与の計算を行っております。

分ける財産の中には、自動車(アルファードG)もあります。

 

そのアルファードは嫁が乗って実家に行ってしまっています。

で、アルファードの財産としての価格を明確にする必要があったので、嫁に査定額と車検証を提出させました。

車検証を見ると、アルファードの所有者が見ず知らずの男(A氏とします)になっていました。

そして、査定を行ったのもA氏になっていました。

聞くとA氏は中古車ディーラーの社長でした。(蛇足ですが、正直、A氏が間男なのではないかと疑念を持っています…)提出されたアルファードの査定額は34万円でした。

 

その後色々揉めたのですが、調停委員ががんばって嫁を説得してくれ、先日、私の指定する中古車会社で再度査定を行いました。

査定額は45万円でした。

金額の差については、業者が違えば金額が違うのも理解してますので、誤差の範囲として理解しています。

 

問題は走行距離です。

嫁が提出した査定書(繰り返しになりますが、A氏が所有者になっており、査定実施者もA氏です。)の走行距離は110000kmでした。

査定実施日は昨年6月です。

しかし、先日(先週の3月24日)行った査定では、走行距離105024kmでした。

 

つまり、9か月で走行距離が約5000km短くなっています。

おそらくアルファードの査定額を低くするために偽装したのだと思います。

 

査定バカさん?(←すみません)の記事の中で、査定士の資格がなくても査定ができると知りましたが、仮にA氏が査定士の免許を持っている場合、このような偽装をしたということで免許の取り消しなどはできると思いますか?

または自動車の販売業(古物商?)の認可を取り消すとかできないでしょうか?

どのような方法でもいいので、偽装(詐欺?)をしたA氏をなんとか少しだけでもギャフンと言わせたいです。

 

本来はJAAIあるいは所轄の警察に聞くべき内容かとは思いますが、査定バカさん(呼びづらいですが…(^^;))の私感とお知恵、アドバイスをいただければ幸いです。

つまらない相談で大変大変申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

 

~~~ここまで

 

と、お金の浪費が原因で離婚となり、それに伴う財産分与で車の価値を調べる必要があったのですが、査定自体が偽装なのではないかという見解ですね。

この相談に対して、査定バカの返答は以下になります。

 

ここから~~~

 

なすおさん

 

こんにちは~

査定バカです^^

 

査定バカのサイトをご覧いただきありがとうございます。

また、お褒めの言葉素直に喜んでおります^^

 

離婚調停大変ですね。

争いはどういったことが原因だろうと良いものではありません。

早期の解決をお祈り致します。

 

にしても、1年半で2300万円の出費とはすごいですね。

なすおさんには申し訳ないですが、ここからはなすおさんの事も考えて査定バカの正直な意見を言わせていただきますので、少しでも気分を害されたらすいません。(先に謝っておきます)

 

まず、預金の浪費に付いては、なすおさんのチェックが甘かったのか、信用し過ぎたのか分かりませんが、そこまで使わせてしまったなすおさんにも非はありそうです。

一般的に見て2300万というお金は大金です。

なすおさんと結婚する以前の奥さんの状況が分からないので何とも言えませんが、そんな大金を手にしたことがない人が結婚を機に2300万円も渡されると、今まで我慢していたことがバカらしくなり、浪費に走ってしまうこともあり得ます。

 

査定バカの友人の奥さんもそうでした。

結婚前は月に25万円程度の給与で生活していた人が、結婚を機にカードと現金を渡され自由にお金を使うことができるようになり、毎月30万円以上でも足らず更にお金が欲しいと言い出したそうです。

さすがに友人もこれはまずいと、お金が湯水のごとく湧いて来るわけではないことを確りと話し、今では30万円以内で生活をしてもらっているようです。

家賃などは別なので、30万円でも多いとは思ってしまいますが・・・

 

話しを戻しますね。

アルファードの件ですが、なすおさんが言われているA氏に責任をと言うことですが、無理だと思います。

もし、査定バカがA氏だとすれば、11万キロにしたのは奥さんが今すぐの査定額ではなく、数か月先の売却と言われたのでこのような数値に設定したと言うでしょう。

そして、奥さんもグルなのであれば口裏を合わせるように指示します。

 

あくまでも査定であり売却契約を結んでいる訳ではないので・・・

その時点で売却契約を交わし契約書に11万キロと言う記載があれば別ですが、そんなバカなことはしないでしょう。

 

また、意図的にそうしたのであれば査定額も限界まで下げて来るとは思います。

なすおさんも言われている通り、この金額は誤差の範囲です。

もしかしたら、他の買取業者に査定を依頼した場合、さらに低い数字が出てくる可能性もありますね。

 

こういった見解から、JAAIや警察に相談をされても相手にされないのがおちだと思います。

詐欺という証拠はありますか?

車を引き渡してもいないのに詐欺だと思いますか?

ただの間違いでは?

など、なすおさんの気持ちを逆なでするようなことを言われ、なすおさんの気分が悪くなるだけです。

 

A氏が利益すら得ていないのに責任を追及するのは厳しいということです。

罪を憎んで人を憎まずという言葉がある通り、人を憎んでも何も良いことはありません。

なすおさんに取っては、他の中古車会社で査定をして45万円という数字が出ているのですから良いのではないですか?

 

A氏にギャフンと言わせたいという発言がありますが、相手を痛め付けても気分は良くないですよ。

もし仮にA氏に責任追及ができたとしても、なすおさんの状況は何も変わりませんし、一人の人を苦しめたことになります。

さらに言うと、A氏の家族も大変になってしまうかも知れません。

 

間男だと思う気持ちもあり、責任追及をしたいという考えも良く分かります。

ただ、その確証がないのなら止めるべきでしょう。

 

もし、A氏が間男だとして家族持ちなら自然と崩壊して行くと思います。

何もなすおさんが手を汚す必要もありません。

人を傷つけたなら、いつか自分に返ってきて自分が傷つくものです。

 

今回離婚という結果になったのも、奥さんだけの責任ではないと冒頭でもお話しをしましたが、結婚は2人の問題です。

もちろん、大金を奥さんが使い込んでしまったという事実は変わりませんが、それを阻止できなかった責任はなすおさんにあります。

一度は愛した女だと思い、離婚後の幸せを祈ってあげてはいかがですか?

財産分与は権利ですので、粛々と行動すれば良いだけです。

知っているとは思いますが、間違ってはいけないのは、結婚後にできた財産に付いては別ける必要がありますが、結婚以前の財産はすべてなすおさんの物ですから別ける必要はありません。

 

申し訳ないですが、なすおさんは一度2300万円もの大金を貯めたことがある人物ですので、言い方は悪いですが、そこら辺にいるただただ時間が過ぎるのを待っているような給与所得者ではないはずです。

自ら考え行動できる人材であり、それなりに地位と権威を持ち合わせていると思いますから、正しい判断ができるはずです。

 

お金は時間が経てば取り戻すことはできますが、気持ちや感情、家族は取り戻すことはできません。

次に家族になる方には、同じことを起こさせないようになすおさんが日頃から見守ってあげて下さいね。

 

かなり、話しが脱線しながらになってしまいましたが、査定バカができるアドバイスはこの程度です。

意図した回答ではなかった場合はご容赦下さい。

 

査定バカ

 

~~~ここまで

 

大金もなくなってしまい大変な状況ではありますが、査定バカの見解をお話しさせてもらいました。

また、なすおさんから返信があった場合は、追記したいと思っております。

 

なすおさんから返信がありましたので追記致します。(2015.04.04)

 

ここから~~~

 

査定バカさん

 

ご連絡ありがとうございます!

見ず知らずの者に、ここまで丁寧に返信ください本当にありがとうございました。

 

査定バカさんのおっしゃること、ごもっともだと思います。

客観的かつ冷静なご意見を読むうちに、お陰様で私の気持ちも落ち着きました。

 

幸い体は健康ですので、過ぎたことにはこだわらずに早期解決し、ちゃんと前に進んでいこうと思います。

 

査定バカさんのような方に相談して良かったです。

本当に本当にありがとうございました。

また、貴重なお時間を使わせてしまって本当に申し訳ないです。

 

またサイト拝見させていただきます。

今後ますますのご活躍をお祈りしております。

 

なすお

 

~~~ここまで

 

相談の時のメール内容とは一転して、気分が晴れたような言葉が並んでいて安心しました。

少しは査定バカもお役に立てたようです^^

 

ここから~~~

 

なすおさん

 

こんにちは。

査定バカです^^

 

査定バカのお話しが少しでもお役に立てたようで良かったです。

正直、なすおさんが期待しているような内容ではないかな?とも思いつつお返事しておりました。

 

結果的になすおさんの気分も晴れて、前向きなお返事がいただけたので、査定バカとしても嬉しい気持ちでいっぱいです^^

これから査定バカもより一層、人の役に立つサイトを作り上げて行きたいと思っております。

 

査定バカ

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ