中古車査定業界へ転職する際のブラックさんへのアドバイス

査定バカのサイトの読者から、アドバイスを求めるお問い合わせがありましたので、記事掲載による共有をしたいと思います。

転職によって中古車査定業界に入るブラックさんからのアドバイス依頼です。

 

ブラックさんからのお問合せ内容。

ここから~~~

 

差出人: ブラック
題名: 転職

メッセージ内容:

はじめまして(^^)

最近転職を決め、これから中古車買い取り専門の地元の車屋さんに就職をするつもりの某県在住、35歳です。

 

前職の失業保険などの手続きもあり再就職までに時間があるのですが、面接の際に車屋さんの社長に

「査定の勉強を自分なりにしてくるように。」

と宿題を言い渡されました。

 

全くの素人ですので、ネットなどで査定方法を検索している中で査定バカさんのサイトに行き着きました。

ユーザー側の視点が多いですが、とても勉強になっています。

ありがとうございます!

 

これから思い切って中古車査定業界に転職する自分に何かアドバイスなど頂けたら幸いです(*T^T)

よろしくお願いします。

 

~~~ここまで

 

査定バカの返信はこちら

 

ブラックさん

こんにちは~

査定バカです^^

 

まずは転職おめでとうございます。

転職は人生における大事な分岐点だと思いますので、大きな決断ですね。

働き始めてからが本番ですので、頑張って下さい^^

 

さて、中古車査定業界へ転職するにあたりアドバイスということですが、査定バカごときにどういったアドバイスができるか不安ですが、思ったことをお話ししますね。

 

査定バカだったらやるな~と思うことは、査定のことを学ぶ前にお客さんの気持ちになってみることです。

査定士の方って意外とお客さん目線になっていないことが多いんですよね。

成績を上げたいから買い取りたい、なるべく安く買い取りたい、ノルマ達成のためには嘘もつく。

こういった査定士は力技(営業トークや嘘)でこれらを達成しようとします。

 

その逆を行く査定士もいます。

それがお客さん目線で買い取りを行う査定士さんです。

お客さん目線って何だよ!?と思うかも知れませんが、これは自ら進んで理解しようとしないと分からないことです。

 

では、どうすればお客さんの目線になれたり気持ちが分かるようになるのかと言うと、簡単です^^

1度お客さんになってみれば良いだけのこと。

 

自分で車を所有していれば、それを査定に出す、所有していなければ両親の車でも良いですし、友達にお願いして友達の車でも良いでしょう。

ただし、友達の車を査定に出す場合は、その友達も一緒にいてもらって下さいね。

お礼として昼飯でも良いと思います。

 

この時、実際に売るという気持ちを持つことが重要になります。

査定士や営業マンがどういったことを言ってくるのか、その言葉はどういった意図があるのか、言葉の裏側を良く考えてみると楽しいものです。

 

中にはイラッとする言葉を投げかけられることもあるでしょう。

中には売りたくなってしまう言葉をかけられることもあるでしょう。

 

自分自身で査定を依頼してみて実車査定をしてみることによって、お客さんの気持ちも分かるようになりますし、こういった言葉をお客さんにかけてはダメなんだな、こういった言葉がキラーワード(お客さんが売りたくなる言葉)となるんだなということが理解できるようになるはずです。

 

ただ、この方法は入社してからではできません。

なぜなら、近隣業者には入社後にどこかの査定の場で会う可能性があるからです。

入社前であれば、もし入社後に会ったとしても「あなたが買取店で働く姿をみて、この業界に入ってみたいと思って転職してみたんです」などと言っておけば、にやけ顔で「そうなんだ~」と返ってくるはずです。

まあ、その前に覚えてないかも知れないですけどね^^

 

会うかも知れないから心配ということであれば、少し離れた県で査定依頼してみても良いかも知れません。

 

実際に自分で査定依頼してみると、査定のことに関しては自然と大まかに勉強できると思いますが、さらに突っ込んで勉強しておきたいということでしたら、査定バカのようなサイトを何サイトか読破しても良いですし、書籍などで学んでも良いと思います。

百聞は一見にしかずという言葉があるように、査定依頼してみて自分で見て感じることが一番だとは思いますが。

 

少し話しを変えますね。

正直に言って、車業界は普通の企業(事務職や技術職)に比べてハードだと思います。

査定バカの周りにも現在進行形で車業界の知り合いや友達は沢山いますが、給与はそれなりに良いが多少ハードというのは否めないようです。

特に、2月や3月は鬼のような忙しさになるでしょう。

 

まあ、どの業界でも繁忙期はあるものですから、これから逃げていても仕方がないんですけどね。

何が言いたいのかと言うと、ハードワークだけど頑張って下さいということです^^

大変な反面、達成感はありますし、やりがいも感じるはずです。

 

継続は力なり。

これは、続けることが重要、小さなことでも積み重ねることにより大きな力となる、こんな意味ですが、対人においては少しコツを掴むことで飛躍的に力を大きくすることができます。

それは、会社ではなく個人を売り込むことです。

○○自動車さんのブラックさん、ではなくブラックという名前を憶えてもらうということ。

 

こうすることによって、ブラックさんにリピートが来やすくなりますし、万が一違う会社へトレードしたとしても顧客は囲い込みすることができ、転職してからも継続的に車を買い取ることができたり販売することができたりします。

社会通念上でのマナーとしては、名刺を渡すときに「○○自動車のブラックです」が正しいと思いますが、「ブラックと申します、○○様の愛車を少しでも高く買い取れるように努力致しますので、宜しくお願い致します」と名前を前面に打ち出します。

とにかく自分を売り込むことが重要ですね。

 

最後に裏技。

将来のことも見据えて仕事をするのであれば、会社支給の携帯電話を使うのではなく自分個人の携帯電話でお客さんとコンタクトをとっておくことです。

転職した際に、会社支給だと返却しなくてはダメになりますので、お客さんからのリピートはすべて会社へ行ってしまいます。

個人の携帯を使っていれば転職をしたとしても、お客さんからのリピートは拾うことができますからね。

 

かなり長々とお話しをしてしまいました。

ブラックさんに対するアドバイスになっているかは分かりませんが、少しでもお役に立ててもらえるなら光栄です。

転職は、新しく学ぶことばかりで精神的にも肉体的にも疲れるとは思いますが、頑張ってみて下さい^^

 

査定バカ

 

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

“中古車査定業界へ転職する際のブラックさんへのアドバイス” への2件のフィードバック

  1. ブラック より:

    こんばんは(^^)

    先日、中古車査定業界に転職するに
    当たってのアドバイスを頂いたブラックです。

    ご丁寧にわかりやすくアドバイスを頂きありがとうございました!

    前職もサービス業で自分なりにお客様目線というものを理解する努力をしてきましたが、やはりどんな仕事に就こうが、そこに顧客がいる以上共通する点があるのだと感じました。

    査定バカさんの仰る通り、今回の転職は自分にとっては人生の中での大きな決断だったと思います。

    不安でつい見ず知らずの方に相談してしまいましたが、真剣にお返事頂いて本当にありがとうございました!

    さっそく適当な車を見繕って査定を依頼してみます♪

    • 査定バカ より:

      ブラックさん

      こんにちは~

      査定バカです^^

      わざわざお返事ありがとうございます。

      どんなお仕事でも目線や思いやりは大切ですね。

      転職は働きだしてからが本番ですので、頑張って下さい!

      査定バカ

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ