売却引き渡し後に事故車(修復歴車)と言われた

今回の読者からの相談は、査定をしてもらい修復歴車と言われなかったが、車輌を引き渡した後に修復歴車であると言われたケースです。

ご相談内容はこちら

 

ここから~~~
差出人: みかん

メッセージ内容:

車を査定してもらい、その時に事故車とは言われず、この内容で買い取りますと言われサインをしました。

その後、車を持って行ってもらってから事故車と言われました。

確かに車をぶつけて車を直したことがありますが、フレームまで修復するような大きいな修復はした覚えがないのですが、こういう場合でも元々言われていた額から下がってしまうのでしょうか?

 

~~~ここまで

 

みかんさんが気になっているのは、

実車査定時には修復歴車だと言われなかったのに何で?ということと

修復したことは過去にあるが修復歴車になるような事故ではなかったということと

買取額が下がってしまうのか

という3点です。

 

査定バカの返事です。

 

ここから~~~

 

みかんさん。

こんにちは~

査定バカです。

 

まず結論から申しますと買取額は下がるはずです。

どれくらい下がるのかは、買取業者によりまちまちですので、買取店に確認してみて下さい。

その下がった買取額で納得か行くか行かないかで、そのまま売るのか売らないのかを決めれば良いと思います。

 

ただし、売買契約書を必ず確認するようにして下さい。

契約書の約款の中に減額があった場合の規定が書かれていると思いますので、減額に納得できなかった場合の契約撤回がどうなっているのかを確認しましょう。

大体の買取店では、減額による白紙撤回は違約金なしでできるはずですが、中にはキャンセル料を請求する内容になっていることも・・・

こればかりは業者の契約書ですので、内容を確認しない限りどちらかは分かりません。

 

ちなみに、実車査定の時には修復歴車と分からなかったということですが、これは良くあることです。

基本的に査定に来る査定士(営業マン)は、ただの素人ですので、見落とすことは当然にあるものなのです。

ですから、どの会社も車輌を引き取った後に再査定をするという文言が契約書に謳われているんですね。

 

また、過去に車輌をぶつけて修復をしたことがあるということですが、こればかりは実物を見ないと何とも言えませんが、買い取った業者の査定士は車輌の骨格が歪んでいるまたは修復した箇所があると判断したのでしょう。

かなり微妙な状態なのであれば違う買取店に出せば、もしかしたら修復歴車とならないかも知れませんが、プロが見て修復歴車と言っているのであればほぼほぼ修復歴車と考えるべきですね。

 

やっぱり納得が行かないということであれば、契約書を確認して減額に関する白紙撤回は違約金がないか確認をして、違う買取店へ再度査定依頼を出すべきでしょう。

あまり参考になったかは分かりませんが、少しでもみかんさんのお役に立つ内容であれば幸いです。

 

査定バカ

 

~~~ここまで

 

減額はあり得るということ。

再査定で修復歴車が見つかることもあるということ。

納得が行かない場合の対処法。

をお伝えさせていただきました。

もし、また返事が返ってきた場合は、追記したいと思います。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ