「車種別状況」の記事一覧

現行モデルのラフェスタはOEM供給ということもあり人気に陰り

日産のミニバン言えば、「パパママリバティ」のフレーズで有名なリバティでしょう。 その前のモデルと言えば、プレー・・・

BMWが誇るフラッグシップセダン・7シリーズ

好きな数字は何ですか~?と聴かれればウルトラ7と答えてしまう査定バカは、間違いなく昭和の時代に幼少期を過ごした・・・

人気・需要共に落ち着いているBMW3シリーズ

3番と聞くと頼まれなくとも、すぐに「3番サード長嶋」と言ってしまう査定バカ。 あまり野球好きと言うわけではない・・・

人気は高くはないが安定しているカローラは売り焦る必要なし

1970年代のファミリカーと言えば、日産ではサニー、ホンダではシビック、マツダではファミリア、三菱ではランサー・・・

消滅と復活を経験した三菱の残党ギャランフォルティス

コルト、ギャラン、ランサー、ディアマンテ、デボネア、エメロード・・・かつてはセダン王国であったのに現在では、自・・・

モデル消滅のkeiの査定額は下降曲線

皆さん、軽自動車のことを短く「軽」と言ってませんか? かつてスズキにあった軽自動車「kei」は、まさに軽自動車・・・

CLクラスは現行モデルが終了する前に売却すべし

皆さんにとって最高の贅沢とは何ですか? 朝食に生卵と納豆をご飯にかけることとか。 趣味のプラモデルは同じモノを・・・

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ