「2017年4月」の記事一覧

ノート e-POWERは買い?凄さから弱さまで徹底解析

国産メーカーで、長くブームが続いているのはハイブリッドに代表される燃費がいいエコカーでしょう。 ガソリン代が高騰して、1L160円にもなった時は正直使用している車を軽自動車か燃費の良いハイブリッド車に買い替えようかと本気・・・

ターボなのに低燃費!?ダウンサイジングターボの秘密

『ターボ』80年代はまさに、ターボブーム。 80年代に登場した各社のターボ搭載車から人気に火が付き、Tシャツや帽子、靴下まで、もうなんでもかんでもターボのネームが付けられました。 そう言えば、洗車機の水圧にも「ターボパワ・・・

国産スポーツカー加速性能抜群のオススメ車種3選【2017年】

  こんにちは~ 査定バカです^^ さて、自称カーマニアである査定バカに友人から「国産のスポーツカーを買おうと思っているんだけど、無茶苦茶早いってどれ?」との質問を受けました。 「ズバリ、日産のGT-Rとホンダ・・・

人気・需要共に落ち着いているBMW3シリーズ

3番と聞くと頼まれなくとも、すぐに「3番サード長嶋」と言ってしまう査定バカ。 あまり野球好きと言うわけではないのですが、少年時代に巨人の長嶋がTVで活躍していたので、たぶん頭にインプットされているのでしょうか。 &nbs・・・

アイドリングストップってあった方が良いの!?機能の明と暗

低燃費装備として、最近では当たり前のように付けられるようになったアイドリングストップ機構。 信号待ちなど車は止まっているがエンジンが動いている状態、いわゆる無駄にエンジンが回っている時にそのエンジンを止めてアイドリングに・・・

これで買い叩かれない!車の査定額はこうして大きな差が出る

「もっと高く売れたんじゃないか!?」と車を売った後に感じたことはありませんか? 車を売却後に色々と調べてみると相場より10万円も低い額で売ってしまっていた・・・何てことは良くあることなのです。 では、どうすれば高く売るこ・・・

同じ車でも駆動方式が違えば査定額も変わる理由

80年代中頃までは、セダンやコンパクトカーはFFやFRの2WDが主流でした。 技術的な面もありましたが、やはりスパイクタイヤから現在のスタッドレスタイヤへと法改正されたのが4WDが世の中に広く広まった大きな変化点であった・・・

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ